[an error occurred while processing this directive]

へべれけ

ある晩、車を運転していたら、酔っぱらいが歩いていた。

千鳥足である。ネクタイがほどけ、ワイシャツの裾がズボンからはみ出している。みっともない姿だ。

わたしは下戸なので酒に関してはまるで無知である。酒の楽しさ、酒の怖さを知らない。種類を問わず、ひとくち口にするとたちまち気分が悪くなる。酒が飲めないことでずいぶん損をしてきたとつくづく思う。

気持ちよく酔っている人を見るのは楽しいものである。

「醺然(くんぜん)」

気持ちよく酒に酔っているさまだ。言葉の響きからして実にどうも心地よい。

「酔生夢死」

有意義なことを一つもせず、無駄に一生を終えるという意味である。だが酔って眠るように死ぬというイメージは、そう悪くはないのではないか。とくに大酒飲みは、酒で死ねれば本望と思っている人も少なくなかろう。

それにしても上で述べた千鳥足のサラリーマンはみっともなかった。酔っ払って正体がない。正体がなくなるほど酔っているさまを表す言葉はいくつかある。

「とっちり酔う」

聞き慣れないかもしれないが、たしかにこういう言葉がある。

「虎になる」

なぜか酔っぱらいのことを「虎」という。さらに酔っ払うと大虎である。ほかの動物ではだめだ。

「リスになる」

ちっとも酔っぱらっているさまが伝わらない。

「ぐでんぐでん」

だらしがない。なんてだらしがないんだ。ぐでんぐでん。言葉からして、なんだか腰砕けである。しゃきっとしてもらいたい。

「べろんべろん」

いやだ。べろんべろんな人はいやである。油断すると嘗められそうで気味が悪い。

「へべれけ」

いったいこの言葉はなんだ。へべれけ。よく考えると妙な言葉である。語源はなんだろう。

「ギリシャ神話」

なんと語源はギリシャ神話だという。

オリンポス山で神々にお酌をするヘベ(Hebe)という女神がいた。ヘベがお酌をする酒はあまりにも結構なものだというので、Hebe erryeke(ヘベ・エリュエケ=ヘベがお酌する)という言葉ができた。これが日本に伝わって「へべれけ」になったというのである。

女神ヘベとはいったい何者か。調べてみた。そして驚いた。

なんとギリシャ神話最高神ゼウスの娘である。そして夫は数々の怪物を倒したあの怪力無双の英雄ヘラクレスだ。

「父親がゼウスで夫がヘラクレス」

こんな女に酒を勧められて断れる者がいようか。なにしろ父は万物の創造主である。夫は古今並ぶものなき怪力の持ち主だ。サラリーマンは酒を勧められただろう。

「いえ、もう十分いただきました」

ヘラクレスが黙っているはずがない。

「おれの妻の酒が飲めぬと言うのか」

サラリーマンは半べそをかきながら飲む。飲み方がみみっちい。するとどうだ。

「ゼウスが怒りの雷を落とす」

天変地異である。あたりは阿鼻叫喚の地獄図絵だ。

へべれけのサラリーマン。わたしは考えを改めた。下戸でつくづくよかったと思う。

(2001.12.26)

夕空の法則