theatrum mundi

藤井康生さん

大相撲を実況中継するNHKのアナウンサーのなかでわたくしがもっとも尊敬するのは藤井康生やすおさんでした。「でした」と過去形で言わねばならないのが残念です。きのう最後のテレビ実況を終えられました。

六十年近く相撲を見続けて養われた眼力。豊富な知識。巧まざるユーモア。解説者の北の富士勝昭さんとのコンビは抜群でありました。とりわけわたくしが共感したのは制限時間いっぱいになるまでダラダラと仕切りを続ける昨今の風潮への批判です。「時間前に立つ」立合いが見られないのが残念だと、実況のたびごとに嘆息なさっていました。相撲中継アナウンサーに番付があるとすれば藤井さんは横綱であります。わたくしが勝手に推挙するよ。

1月22日追記。本日午後4時5分からNHKラジオ第一で藤井さんが実況中継します)

2022年1月21日


どちらさまですか

黒澤明の生年を調べたくて辞書をいくつか引いてみたところ、氏名の漢字表記が気になったのでした。『日本大百科全書』は「黒澤明」、ところが『改訂新版 世界大百科事典』をはじめ『日本国語大辞典 第二版』『広辞苑 第七版』『大辞林 第四版』『デジタル大辞泉』『日本人名大辞典』はどれも「澤」の字を用いず「沢」で代用している。

「黒沢明」

なんだか別人のような気がするよ。さらに気になる人物はハスミシゲヒコさんだ。

「蓮実重彦」

ぜんぜんしまりがない、キリッとしない表記で、ひとごとながらお気の毒に思います。どの本にも著者名は「蓮實重彥」と書いてある。ついでに申せばシブサワタツヒコも澁澤龍彥と書かないと本人である感じがしないよ。上にあげた辞書の大半は「渋沢竜彦」。どちらさまですかと聞き返したくなります。

2022年1月13日


謹賀新年

むうむうあけましておめでとうございます。おかげさまで当サイトは二十二回目の正月を迎えました。今年もはりきってうっかりする所存です。

2022年1月1日


ごあいさつバックナンバー

アクセスカウンタ