抑鬱亭日乘

 help

2002年2月28日(木)

執筆

七時半起牀。微雨。
 午前三郷やまとの湯で湯治。内風呂はラベンダーの湯。
 午前原稾執筆。
 午後物憂く横臥。

2002年2月27日(水)

執筆

六時起牀。くもりて暖なり。
 連載原稾執筆。西班牙の漫畫事情に就いて調べる。
 「てなもんや三度笠」を看ながら午睡。眠より覺めれば早くも燈刻なり。

2002年2月26日(火)

てなもんや三度笠

七時起牀。
 午前三郷やまとの湯で湯治。
 恩師H先生より論文五點屆く。
 恩師S先生より電子郵件。同人誌『人間學紀要』最終號への寄稿のお誘ひ。快諾す。
 午後「てなもんや三度笠」の五枚組DVD屆く。巧みなカメラワーク、編輯なしの一發撮り、誠に佳なり。
 初更レモン産卵す。十九個目なり。

2002年2月25日(月)

頭痛

七時起牀。天氣朗晴。暖なり。
 頭痛。終日困臥。

2002年2月24日(日)

無爲

六時半起牀。
 午前三郷やまとの湯で湯治。蓬の内風呂でマッチョをぢさんと歡談。
 午後午睡。
 夕餉の後、DVDでウッディ・アレンの『マンハッタン』と『アニー・ホール』を久方振りに看る。ゴードン・ウィリスのカメラ佳なり。

2002年2月23日(土)

産卵

六時半起牀。五更まで眠れず。半隂半晴。
 午後午睡。
 晡下レモン産卵す。十七個目なり。

2002年2月22日(金)

一周年

七時起牀。隂。
 出勤。書類整理す。
 午前三郷やまとの湯で湯治。
 「抑欝亭日乘」けふが一周年なり。
 『週刊文春』今週號のグラビアに東京の女子大の教へ子西山繭子が登場す。父親は作家の伊集院靜なり。

2002年2月21日(木)

執筆と午睡

五時半起牀。快晴昨日の如し。
 机に凭りて雜誌連載原稾執筆す。
 午後午睡夕刻に及ぶ。

2002年2月20日(水)

無爲徒食

四時半起牀。快晴。
 筆硯に親しむ。手紙三通認める。
 レモンの籠を掃除す。散髮し三郷やまとの湯で湯治すれば正午になるなり。
 午後午睡。

2002年2月19日(火)

睡眠藥からの解放

六時起牀。民家の屋根薄つすらと雪に覆はれたること砂糖菓子の如し。
 午前主治醫の診察を乞ふ。先々週末來睡眠藥を服用せざりし旨報告するに殊の外慶賀賜りたり。通院して初めて睡眠藥の處方が終はる。「これからはあなたの色で人生を生きて下さい」との言葉を賜り、來し方を振り返るに感慨深いものあり。
 午後輕い頭痛を催し困臥す。

2002年2月18日(月)

千と千尋の神隱し

四時起牀。電子郵件確認。二度寢。七時半起牀。隂晴定まらず風強し。
 朝刊で宮嵜駿の『千と千尋の神隱し』が伯林映畫祭で金熊賞受賞の報せに接す。アニメ初の快舉なり。
 午前三郷やまとの湯で湯治。内風呂は蓬の湯。
 入院中ともに病と戰ひし北九州の戰友Oさんより來書。年末より再び入院してゐると云ふ。
 演出家S氏より『黒い音』『アトランティダ幻想』のプログラム大量に屆く。
 雜誌A連載原稾執筆。
 午睡。

2002年2月17日(日)

飜譯

七時起牀。丸々一週間睡眠藥を飮まづ熟睡せり。曇りて暖なり。
 ナチョ・ドゥアトの取材テープを聽き飜譯す。小一時間で完成。新國立劇塲のSさんに電子郵件で送る。
 晝餉の後、ソルトレーク五輪のスケート・ショートトラックを看ながら午睡。薄暮レモン枕元に來たりて産卵す。十七個目なり。

2002年2月16日(土)

睡魔

五時起牀。晴れて日の光うらゝかなり。煙草三四服吸ひ三郷やまとの湯で湯治し歸宅すれば忽正午となるなり。
 晝餉の後午睡。三時半レモンに突き起こされる。
 新國立劇塲よりナチョ・ドゥアトの取材テープ屆く。

2002年2月15日(金)

論文

六時半起牀。快晴昨日の如し。今週一度も睡眠藥を飮まづ熟睡せり。
 E學會の論文執筆開始。
 晝食後午睡燈刻に及ぶ。

2002年2月14日(木)

健康なる人は笑へ

七時。レモンの囀りで起牀。快晴。昨晩も睡眠藥飮まづ。
 午前三郷やまとの湯で湯治。内風呂は生姜と椎茸の湯。露天風呂客餘ひとりなり。貸し借りの風呂から雲翳なき晴天を愛でる。
 復職し、藥が減り、健康の有難さを噛締める。精神の病を患ふと人に告白すればその反応は三種類に分かれる。即ち何か忌まはしきものに接したかの如く目を逸らす人、「怠け者」「根性なし」と叱る人、そして温かく見守る人なり。「健康な人には病氣になる心配があるが、病人には恢復するといふ樂しみがある」といふ寺田寅彦の言葉に快哉を叫ぶ。「病のある身ほど、人の情と眞と僞とを烈しく感ずるものは無い」(島嵜藤村)、「私は自分の持病と一生連れ添ふ覺悟を決めて、できるだけ病氣を飼ひ馴らして温和しくさせるといふ方針を立てた」(吉行淳之介)、「笑へ。笑へ。健康なる人は笑へ、病氣を知らぬ人は笑へ。幸福なる人は笑へ」(正岡子規)、何れも餘の心境を代辯する言葉なり。
 午睡燈刻に及ぶ。
 レモンまたしても産卵す。十六個目なり。

2002年2月13日(水)

原稾と來客

七時レモンの囀りで眠より覺む。昨夜も睡眠藥服用せず。半隂半晴。
 來月の新國立劇塲ナチョ・ドゥアトの公演『ドゥエンデ』のプログラム原稾執筆、脱稿。
 O女子大學のかつての同僚Y君より電子郵件。再來年常勤勤務するといふ朗報あり。
 午後午睡。二時半レモンに起こされる。
 紀伊國屋書店よりイッセー尾形のDVD二枚屆く。
 暮刻マリオット・アソシアホテルのラウンジで雜誌Aの編輯者F氏と談笑。互連網版雜誌の執筆陣に加はること快諾す。
 初更歸宅。

2002年2月12日(火)

復職

六時半起牀。昨夜も睡眠藥を服用せず熟睡せり。晴。家屋の屋根や木々深更來の雪に覆はれども路面には積もらず。
 午前三郷やまとの湯で湯治。内風呂は蓬の湯。露天風呂閑散たり。湯が濁りたれば烏の行水で早々と出る。
 午後出勤。復職せり。
 三年生のAさんIさん研究室來室。紅茶を喫し歡談。今春よりAさんは西班牙マラガ、Iさんは墨西哥にそれぞれ留學す。
 晡時歸宅。

2002年2月11日(月)

休職最終日

六時起牀。昨夜に續き睡眠藥を飮まづに熟睡せり。粉雪霏々。午前霽れる。
 建國記念日。世間は三連休末日なれど、餘は休職最終日なり。
 電子郵件。雜誌A編輯者F氏。木曜に名古屋にお越しの豫定。同僚Y氏。近々ご實家のマンションに引越す。お腹の赤ちやん健やかなりといふ。友人Fさん。久闊を詫びる。

2002年2月10日(日)

アメリカ映畫

五時起牀。睡眠藥飮まづに熟睡せり。二度寢。レモン來たりで瞼を熾に突き起こす。根負けして七時起牀。隂のち晴。
 三度寢。またしてもレモンに突かれる。
 午下三郷やまとの湯で湯治。内風呂は蓬の湯。
 『AFIアメリカ映畫ベスト100 コメディー』を看る。『お熱いのがお好き』が一位で快哉を叫ぶも、二位の『トッツィー』は斷じて認められぬ。『AFIアメリカ映畫ベスト100 俳優編』の一位はハンフリー・ボガートとキャサリーン・ヘップバーン。ヘップバーンには異議なし。ボガートは過大評價なり。

2002年2月9日(土)

午睡三昧

五時起牀。二度寢。八時起牀。隂晴定まらず。
 恩師T先生より返書。便箋教授會の資料裏面。其の代はり「封筒は綺麗にします」と斷り書きあり。慥かに典雅なり。
 晝餉後午睡。睡魔に斷續的に訪はる。藥の副作用の所爲ならんや。
 演出家S氏より電話。『觀客』に就いて。來年五月の小島章司とクリスティーナ・オヨスの『邂逅』に就いて驚くべき朗報あり。
 恩師K先生に書翰を送る。
 午睡。
 夕刻起きるにレモン飛び來たりてセーターに潛り込み、中で産卵す。十四個目。

2002年2月8日(金)

藥要らず

睡眠藥を飮まづに熟睡しぬ。四時半起牀。快晴和暖。
 机に凭りて筆執る。
 十時三郷やまとの湯で湯治。
 十一時歸宅。
 レモン書筐の書類次々と食ひ破る。
 午睡。
 晝餉。海老ピラフ。
 午睡。睡魔去らず。
 晡下MOVIE WORLDよりDVD屆く。『笑ふ犬の冒險 Vol.1 さよなら小須田部長』『ミクロの決死圈』『ジターノ』『ドラゴンへの道』『ローサのぬくもり』『ゴヤ』『アメリカ映畫ベスト100』『アメリカ映畫ベスト 100 コメディー編』『アメリカ映畫ベスト100 俳優編』。合計245枚に達す。

2002年2月7日(木)

團しん也と産卵

六時起牀。隂。
 睡眠藥が效き過ぎふたたび睡魔に訪はる。二度寢。レモンに起こされる。九時半起牀。
 筆硯に親しむ。
 書齋の塵を拂ひ牀を磨く。
 衞星放送で録畫せし「談志&爆笑問題の藝能大全集」を看る。團しん也の至藝を堪能す。一曲ををディーン・マーチン、サッチモから橋幸夫、前川清、五木ひろし、森進一、ボブ・ホープの聲音で歌ふは壓卷なり。
 晝餉。
 午睡。藥の副作用か、眠くて堪らない。レモン來たりて起こす。
 レモン餘のタートルネックセーターの首から潛り込み。暫しぢつとして、首から出てくると、セーターの中に卵あり。十三個目なり。
 晡時主治醫の診察を乞ふ。眠氣は藥の所爲なり。日中三囘服用せし藥が朝晩二囘に減る。先生朗報琴の他慶んで下さる。
 晡下歸宅。疎雨。

2002年2月6日(水)

ブランマンジェ

五時起牀。快晴。朝日赫々たり。
 七年前東京千駄ケ谷の語學學校Tで教鞭を執りしときの教へ子Aさんより電子郵件屆く。主頁をご笑覽下さつてゐる由。有難し。
 十時三郷やまとの湯で湯治。内風呂は蓬の香りの湯。
 演出家S氏に電話。飜譯脱稿を傳へる。
 午前實家。「アンテノール」のブルーベリー・ブランマンジェを茶請けに咖啡を喫し、朗報と飜譯脱稿を祝ふ。母上視窗添附の描畫文件(ソフト)で過日の西班牙料理の獻立を描きぬ。なかなかの腕前なり。
 正午歸宅。
 午睡。
 三時レモンに起こされる。
 西班牙の演出家Lにファックスを送る。
 夕餉。母上手作りの豚の角煮。

2002年2月5日(火)

脱稿と修理と産卵

三時起牀。
 飜譯沒頭。
 九時主治醫の診察を乞ふ。ベゲタミンの處方終る。藥が減り氣分爽快なり。
 『觀客』飜譯脱稿。思へばこの芝居を初めて見たのは十五年前の馬土里なり。餘が西班牙演劇を志す指針となりし奇蹟的な舞臺なれば修士論文で取り上げたのが十年前なり。飜譯を始めて數日足らずで脱稿すれど、實際には十年の歳月を要しぬ。感慨深いものあり。
 午前修理されし筆記本電腦屆く。
 午後レモン産卵。此度は餘のシャツの中、腹の上での出産。十二個目なり。
 午睡。
 レモン來たりて瞼を突き起こされる。時計を見れば三時半なり。
 C大學のF氏より電子郵件。朗報に欣喜雀躍す。天の恵みなり。天網恢恢疎にして漏らさず。

2002年2月4日(月)

海老一染太郎と空谷の跫音

四時起牀。隂。立春なれば寒からず。
 飜譯に沒頭。筆大いに進む。
 朝日新聞で「海老一染之助・染太郎」の兄染太郎の訃報に接す。享年七十。太神樂曲藝なり。藝をするのは專ら染之助で染太郎は「いつもよりよけい囘してをります!」などと叫ぶのが笑ひを攫ひぬ。昨年九月は同じ太神樂の鏡味仙之助・仙三郎の仙之助が鬼籍に入りたり。太神樂の將來が案ぜられる。
 午前三郷やまとの湯で湯治。内風呂はハイビスカスの湯。
 正午起牀。
 大學院修士課程時代の後輩Tさんから電子郵件屆く。空谷の跫音なり。早速返信を送り久闊を詫びる。
 午睡。眠より覺めれば晡下なり。
 山下達郎誕生日。四十九歳。『Greatest Hits! of Tatsuro Yamashita』を聽き壽ぐ。「Funky Flushin'」絶妙のリズム感。デジタル・リマスタリングで音質佳なり。

2002年2月3日(日)

飜譯・映畫・ラジオ・産卵・讀書

二時半眠より覺む。昨日長時間午睡せしためならん。二度寢。四時起牀。
 朝來微雨。
 朝餉。ブルーベリー・クリームチーズ・クッキーと紅茶。
 机に凭りて飜譯すること十一時に及ぶ。半分ほど譯し終はる。
 午睡。
 一時半起牀。
 晝餉。海老ピラフ。
 西班牙『エル・パイス』紙でアレハンドロ・アナマバール『ロス・オトロス』がゴヤ賞の主要部門獨占するを知る。豫想通りなり。
 二時。FM「山下達郎サンデー・ソングブック」を聽く。RCA Air 時代のデジタル・リマスタリング特輯。「ラブランド・アイランド」の音の良さ。『Go Ahead!』の類稀なる作家性。『イッツ・ア・ポッピン・タイム』發賣時は折りしも石油危機でLPの〈見開き〉はご法度なれど、ライブ盤ゆゑ赦されたといふ逸話を初めて知る。
  レモンまたしても産卵す。十一度目なり。
 アマゾンより本二册屆く。山田宏一『トリュフオー、ある映畫的人生』(平凡社ライブラリー)と爆笑問題『對談の七人』(新潮社)。『對談の七人』を讀む。〈爆笑問題は漫才ではない〉といふ小林信彦の慧眼。淀川長治のチャップリンの思ひ出に胸打たれる。
 主頁に「投票」のコーナーを設置す。今後の運營の參考にせんがためなり。

2002年2月2日(土)

熟睡天國と飜譯開始

六時起牀。空澄みわたりて日の光愈々春めきたり。
 ベゲタミンとインスミンをやめてサイレース一錠だけで熟睡す。體調恢復せし證據なり。
 岩波書店編輯者Sさんより電子郵件屆く。「夕空の法則」の感想を賜る。讀者の感想ほど有難きものなし。
 數日來嘔吐を催すほどにはあらざれど絶えず胸むかつきて心地わろし。煙草の吸ひ過ぎのためならんや。
 午前机に凭りてロルカ『觀客』飜譯開始。
 演出家S氏に電話。飜譯開始を傳へる。新國立劇塲勤務の夫人に來月のナチョ・ドゥアト『ドゥエンデ』プログラム原稾執筆を依頼さる。快諾。セキセイ鸚哥の「夫」となりし旨報告すれば呵呵大笑さる。
 恩師H先生より返書屆く。復職を壽いで下さり、岩波『科學』昨年八月號の拙稿にお襃めの言葉を賜る。T大學のU、突如R大學に轉任を欲し、學科内で大騒動を卷き起こしてゐるを知る。「まつたく自分のことしか考へない男ですね」に快哉を叫ぶ。夜郎自大とはUのことなり。
 晝餉。チキンライス。調理中レモン片時も餘の體を離れず固唾を呑んで見守る。鶏料理に釘附けのセキセイ鸚哥とは面妖なり。
 食後午睡。小一時間のつもりが眠より覺めれば三時半なり。
 夕餉。輕度の下痢なれば、たいらぎの明太子と淺漬けでお粥を食す。
 「夕空の法則」投票ランキング、六千件以上のなかでなんと三位なり。ご愛讀に感謝。

2002年2月1日(金)

郵便局西班牙語講坐

如月朔。
 六時起牀。快晴の空拭ふが如し。風靜かにして暖なり。
 主頁の模樣替えをす。
 T學園短期大學部藝術科演劇專攻、演劇集團E、演劇集團Tに書翰を認める。
 郵便局窓口で書翰を投凾。明後日ペルーに旅立つ職員、料金を西班牙語で傳へる。
 「シエン・ベインテ・イェネス」
 誤りを指摘す。
 「『シエン』ではなく『シエント』ですよ」
 「ムーチャス・グラシアス」
 「デ・ナダ」
 まさか郵便局員と西班牙語で會話することにならふとは夢寐にも思はず。「ブエン・ビアヘ」(よい旅行を)と告げて別れる。
 午前三郷やまとの湯で湯治。内風呂はラベンダーの湯。マッチョをぢさんと歡談。
 晝餉。ドライカレー。
 バート・バカラックのCDを聽きながら掃除。レモンの籠も洗ふ。
 アマゾンより『小澤昭一の新日本の放浪藝』DVD屆く。
 夕刻瀬戸バロー内「PET FOREST」でレモンの籠に敷く大鋸屑を贖ふ。
 更迭されし田中眞紀子外相の後任を打診された緒方貞子が固辭、川口順子環境相が任命さる。株價急落、東證平均株價終値九七九一圓四三錢でバブル崩潰後の最安値なり。
 小泉政權の「改革」とやらは、戰前を思はせる要素多々あり。薄氣味惡し。
 夕餉。博多「ふくや」のたいらぎ明太子を食す。絶品。たいらぎを食すは初めてなり。關東から九州まで分布する海産の二枚貝で、大きな貝柱は鮨種とされるといふ。