抑鬱亭日乘

 help

2004年7月31日(土)

TRUMPET

雨ふりては又歇む、涼風炎熱を洗ふ、舊稾を淨寫す、午後散髮、DVDにて10 MINUTES OLDER / TRUMPET を看る、ビクトル・エリセ、ジム・ジヤームツシユ、スパイク・リー佳し、エリセが斯の如くオーヴアーラツプを多用するとは思はざりき、壓卷はヘルツオークなり、トランペツトを人生のメビウスなどゝ言換るには及ばず、

2004年7月30日(金)

畫家ピーター・フオーク

晴れてまた曇る、風吹き通へど蒸暑し、午前校正、午後衛星第二にてピーター・フオーク自らを語るを見る、三歳の時右眼球を摘出したりといふ、キヤプラの思ひ出に涙浮べるをみて餘も暗涙を催す、デツサン畫の筆遣いまことに巧みなるものなり、ジエイムズ・リプトンの司會いつみても絶品なり、阪急電鐵梅田コマ劇場とシアター・ドラマシテイーを買収、來春看板を梅田藝術劇場に改むといふ、新聞紙に宮内庁の皇太子妃が病状報告をよむ、適應障碍なりとぞ、小堺一機頸部腫瘤摘出す、來月のおすましでSHOW中止さる、昨夜玖馬國營テレヴイにてマイケル・ムーア華氏911放映さる、

2004年7月29日(木)

訃報

久しぶりに晴天を仰ぐ、蒸暑きこと聯日の如し、午前W君より電話あり、I君の父君昨夜薨去の報に接したれば午下電話かけ弔意を陳ぶ、父君久しく病み昨年より枕につきゐたりし趣兼ねてI君より聞きゐたれば、既に亡き人の數に入りしものなるべしと思ひつゝ話を聞くに、今月に入りて醫師の危篤を告ること數次に及び、昨夜十一時半苦しまずに終りしなりと云ふ、I君平生と變らず安堵せり、草稾をつくるほどに日影いつか傾き、ベランダに雀の啼く聲聞ゆ、薄暮驟雨沛然雷聲殷々たり、

2004年7月28日(水)

薄き膜

雲氣欝勃、蒸暑きこと昨日のごとし、網上雜誌ガデス追悼文を集むる趣にて今日が締切なれど、引つゞき頭に薄き膜の覆ひたる心地する故、三枚に埒もなき事書きて纔に責を塞ぐ、晡時疲勞を休めむと横臥し忽華胥に遊ぶ、寤むれば初更なり、今宵はクリステイーナ・オヨス舞踊團最終公演あれど徃かず、暗雲天を蔽ふ、去二十五日下條正巳膵臓癌にて死去、享年八十八、希臘アゴラにて位置について用意停戰上演さる、

2004年7月27日(火)

中島らも

晴、溽暑堪可からず、午前主治醫を訪ひ診察を請ふ、週末來食欲意欲ともに失せ頭重苦しきを訴へるにセルシン 10mgに代りてアビリツト100mgを處方さる、五年前に服用せし安定剤なり、パキシル10mgトフラニール25mg變らず、午後思潮社谷川俊太郎詩集續をよみ筆寫す、夕餉の後横臥しDVDにて Oh! Mikey 第五卷と THE FUCCON FAMILY を看る、晩間中島らもの訃報に接す、金曜階段より轉落して後意識恢復せざりしといふ、隨想集僕に踏まれた町と僕が踏まれた町の一節をこゝに記す、
たゞ、かうして生きてきてみるとわかるのだが、めつたにはない、何十年に一回くらゐしかないかもしれないが、「生きてゐてよかつた」と思ふ夜がある。一度でもさういふことがあれば、その思ひだけがあれば、あとはゴミクズみたいな日々であつても、生きていける。

2004年7月26日(月)

無為

陰、頭痛を催し、朝飯の後ござらっせに浴す、終日困臥、午前一時大地鳴動、

2004年7月25日(日)

ゴロワーズを吸つたことがあるかい

くもりしが雨なし、終日困臥、ジジェクのイラク、片岡義男の影の外に出るなど讀む、午下雷鳴、右脚の根元より曲りし雀今日は來らず、いずこに在るや、大阪大學大阪外国語大學平成十九年合併するといふ、久しく聽かざりしかまやつひろしのゴロワーズを吸つたことがあるかいを聽く、グレツグ・アダムスの編曲絶品なり、
君はたとえそれがすごく小さな事でも
何かにこつたり狂つたりした事があるかい
たとえばそれがミツク・ジヤガーでも
アンテイツクの時計でも
どこかの安いバーボンでもウイスキーでも
そうさ何かにこらなくてはダメだ
狂つたやうにこればこるほど
君は一人の人間として
しあわせな道を歩いてゐるだらう 

〔作詞かまやつひろし〕

2004年7月24日(土)

祭囃子

薄く晴れてまた曇る、午前執筆、午後讀書、晡時遽に睡眠を催し如何ともすること能はず、困臥してふと祭囃子の音に寤むればいつしか初更とはなりぬ、昨日音樂劇ピーターパン東京國際フオーラムにて開幕す、今年舞臺化百周年なり、

2004年7月23日(金)

収入睡眠反比例

陰、朝の中より蝉鳴出づ、午前O氏の原稿を閲す、草稾をつくる、亭午にならむとする頃小島氏に電話かけて商議、ガデスのことなど、クリスティーナ東京公演今日初日なり、ジエリー・ゴールドスミス死去、野沢尚葬儀催さる、參列者内山理名奥村和由岸部一徳北方謙三北村一輝久世光彦財前直見嶋田久作鈴木京香竹中直人田中要次田山涼成妻夫木聡鶴橋康夫豊川悦司豊原功輔仲村トオル新山千春根岸吉太郎氷川あさみ三谷幸喜役所広司安田成美山下徹大渡哲也など、過日沒せし星セント・ルイスのギヤグをこゝに記し置く、
田園調布に家が建つ
俺たちに明日はない、キヤツシユカードに殘はない
言葉は生きてゐる!力道山は死んだ
才能ない奴、實家へ歸れ
不完全な情報、言語の貧しさ
収入、睡眠、反比例
愛情、友情、年賀状
義理と人情とお中元
きゅうり、ピーマン、茄子、別荘
お言葉返すな、借金返せ

2004年7月22日(木)

太平洋序曲

筆秉るも苦熱に堪へず午睡、扇風機を弱く運轉せしむに流汗去り人をそして蘇生の思をなさしむ、寤むればいつしか午後十一時なり、原稿依頼あり、中島らも階段より轉落重傷といふ、ユリイカ五月號にて下り階段が怖いと云ひたるを讀みしばかりなり、今冬ブロードウエイ・スタヂオ54にて宮本亜門太平洋序曲演出決る、コシノ・ジユンコ參加、十一月十二日試演、十二月二日開幕、中野孝次死去、星セント肺癌にて歿、享年五十六、

2004年7月21日(水)

踊る革命家

酷熱益甚し、新聞紙上アントニオ・ガデスの訃報あり、行年六十七歳なりと、餘初てみたる西班牙の活動寫眞はカルメンなり、七十年代八十年代のアントニオ・ガデスとクリステイーナ・オヨスは往時のジンジャーとフレツドに匹敵するなり、クリステイーナは今週東京に來りて在り、何の因果なるや、ガデスは藝術家と呼ばるゝを嫌ひていつも勞働者なりと喧傳したりき、フイデル・カストロへの忠誠惜しまざりき、昭和六十二三年新宿文化センターにてガデス舞踊團公演ありし時裝置搬出入の手傳などしてガデスを間近にみたることあり、身長餘に勝らず小柄な男なりき、然れど一度舞臺に立ち照明を浴るや忽ち巨人となりき、査讀了、ベアトリーチエより來書あり、公演十一月に延期したるといふ、午後午睡忽ち燈刻となる、

2004年7月20日(火)

蒸氣少年

睡より寤むれば午前四時半なり、炎暑燬くが如し、午前大友克洋がスチームボーイを看る、鐵、蒸氣、球體はアキラに通じ畫風は大砲の街に酷似す、後半退屈なり、倫敦市民の描かれざるがゆゑならむ、歸宅してラヂオを聽くに東京の氣温摂氏三十九度五分、市川市四十度二分なりとぞ、午後論文査讀、夕陽燃るが如く紫に染む、新聞紙に中川國會對策委員長の發言録を讀む、憲法改正は自民民主聯立政權にて行ふが望ましいと陳べたる由、わが國の政黨政治は一黨獨裁といふべし、カルロス・クライバー死去、今朝劇塲で看たるハウルの動く城豫告篇の宣傳文句秀逸なり、例の如く糸井重里の作なるべし、  おばあさんが  すごく  元氣!

2004年7月19日(月)

濫讀

晴、風さはやかなり、手紙端書かきて濫讀、三時午睡忽ち華胥に遊ぶ、大友克洋スチームボーイ續篇製作決る、スターウオーズ第三話來年五月十九日公開、日本は七月なり、〔二十日記す〕

2004年7月18日(日)

モノデイアロゴス

風雨雷鳴、昼に至りて始て歇む、テイボー先生新著モノデイアロゴスを寄與せらる、手紙端書かきて後讀書、晡時ヒツチコツクが疑惑の影を看る、紐育リンカーンセンター廣場の平成中村坐が夏祭浪花鑑昨日開幕す、好評といふ、論文査讀を始む、

2004年7月17日(土)

青山ブツクセンター

晏起正午、くもりて風烈し、ヂイ/\蝉鳴きはじめたり、晩間雷鳴驟雨あり、十三日以來炎暑打つゞきし折から今日の雨ほどうれしきはなし、溽暑猶甚しけれど烈日を見ざれば草の葉を動す風もおのづから涼し氣なり、手紙葉書など書く、青山ブツクセンター廢業、石川真澄死去、巴里オペラ座にてホフマン物語原譜發見さる、二更停電、須臾にして復舊す、

2004年7月16日(金)

ウーピー

晴、風なく苦熱益甚し、午前原稿執筆、午後小牧に用事あり、初更帰宅、雨來らむとして來らず、紐育タイムズと CNNを讀むに先週木曜日ラヂオ・シテイ・ミユージツク・ホールにて開かれし米民主黨募金集會にてウーピー・ゴールドバーグがブツシユを嘲笑、その冗談淫猥なりとてフロリダ州スリムフアースト社は廣告よりウーピーを除名せりといふ、他の列席者はジヨン・メレンキヤンプ、メリル・ストリープ、ポール・ニユーマン、チエヴイ・チエイスなどなり、餘がウーピーの民主黨に關るを知りしは平成九年一月二十五日クリントン大統領就任紀念音樂會をテレヴイで見たる時なり、バリシニコフがケニーGの伴奏にて踊り、ステイーヴイー・ワンダーやグロリア・エステフアンが歌ひしなか、ウーピーが大統領をビルと呼びて祝福し、次期大統領はあなたがなつてくれるわねと鄰席のゴア副大統領に水を向け喝采を浴びゐたり、

2004年7月15日(木)

DOS

陰晴定まらず、溽暑聯日の如し、午前執筆、午後讀書、夕刻MS-DOSの批文件數種をつくる、視窓文件日に/\無用となりゆくなり、秀丸鶴亀KamiOperaOrchisの五種あれば事足れり、エル・パイス紙にパコ・デ・ルシアのアストウリアス皇太子賞受賞記事を讀む、

2004年7月14日(水)

鯰との鬪ひ

晴、風なく炎蒸忍ぶ可らず、名古屋市内三十五度九分、書斎の寒暑計二十八度、餘が始めて空調機を購ひしは平成五年二十八歳の頃にて東京に在りき、それまで東京の炎熱に堪へること十年に及びぬ、荷風先生の斷腸亭日乘を讀むに昭和五年七月十三日の寒暑計華氏九十五六度に昇るとあり、華氏九十六度は摂氏三十六度なり、午前執筆、午後 namazu と格鬪す、namazu は檢索プログラムなり、晡下完成し直に網站にて運用を始む、日經新聞UFJ銀行の三菱東京への統合協議を報ず、

2004年7月13日(火)

ネルーダ

半陰半晴、梅雨あけて炎熱燬くが如し、午前クリニツクに徃く、藥先週と變らず、鄰家の門前に巨大クレーン車停りて道を塞ぎゐたり、クレーンは屋根を超え家を跨ぐ恰好なれば倒れはせむかと思はるゝばかりなり、抑鬱亭の通路より眺むるに作業員數人庭石を設置しゐたり、終日執筆、新國立劇塲カルメンプログラム屆く、昨日パブロ・ネルーダ生誕百年の紀念日なり、

2004年7月12日(月)

陰々滅々

蒸雲天を蔽ひ雨濺ぎ來りてはまた歇む、筆秉るも感興來らず、雀を眺め書筐を整理す、共同通信イラクのムサンナ州ハツサン知事自衞隊に失望したる事を報道す、民主黨五十議席、自民黨四十九議席、

2004年7月11日(日)

蝉吟

晴、參議院選挙投票、、義弟水羊羹栗鹿の子を贈らる、直に書を裁して厚意を謝す、讀書夜に至る、平田オリザ演技と演出、講談社文藝文庫の三浦雅士メランコリーの水脈高橋源一郎ジヨン・レノン對火星人など、涼味吹きて絶えず、蝉の聲漸く多し、ドリームワークス硫黄島を映畫化するといふ、製作スピルバーグ監督イーストウツドなり、

2004年7月10日(土)

年表

大雨、涼風炎暑を洗去る、終日に家に在り、CGIにて年表作成を始む、晝飯の後午睡すること昨日の如し、夕刻起出づるに雷光閃き遠雷の響を聞く、大隈講堂にて野村万之上樂劇葬催さる、參列者千八百人、

2004年7月9日(金)

夕立戀し

晴、聯日の炎暑に疲勞覚えること甚し、晝飯の後午睡、寤むれば早や初更なり、ターコさんに非禮を詑ぶ、江戸川乱歩幻影城來月一般公開さるゝといふ、

2004年7月8日(木)

演出

快晴、炎熱日に從つて弥甚し、恰も八月の如し、瀬戸にて買物をなし Pet Forest に立寄りセキセイ鸚哥數羽をみる、レモンに似たる瞳の雌あり、千八百圓なり、洋鵡の値札をみるに廿一萬圓なり、歸途宮下橋より矢田川を眺む、鷺鵜夥し、終日讀書、手紙一通したゝむ、ベランダの欄干に雀の午睡するを眺む、維新派秋公演キートンの案内を送來る、曾我ひとみ氏ジヤカルタに發つ、北朝鮮の家族は日本政府チヤーター機にて合流、明日再會する由、參議院選擧二日前の演出といふべし、昨日高木東六上壽、

2004年7月7日(水)

銀幕同窓會

小暑、蒸暑きこと聯日の如し、H氏の來書に荅ふ、笑藝人叢書銀幕同窓會に大瀧詠一の小林旭論を讀む、青空文庫七周年、収録作品四千點に達す、是日小暑、

2004年7月6日(火)

アンヘル・フエルナンデス・サントス

雨歇みしが空猶晴れやらず、蒸暑し、倦怠感痊えざれば燈刻クリニツクに徃く、トフラニール10mgを25mgに増やさる、内田樹の網站にてユリイカはつぴいえんど特集の企畫あるを知る、筆進まぬこと例の如し、アンヘル・フエルナンデス・サントス死去、西班牙は當代隨一の映畫批評家を喪ひぬ、

2004年7月5日(月)

年鑑

睡よりさむれば午後八時なり、大雨去りぬ、疲勞甚し、國際演劇協會より演劇年鑑飜譯料を獲る、東京かわら版より創刊卅周年紀念寄席演藝年鑑屆く、顏寫眞入なり、夕刊新聞紙に蹴球歐州選手権の記事を讀む、希臘が葡萄牙を下し初優勝す、

2004年7月4日(日)

無為

陰、終日家に在り、Kさん高菜と鰯の明太子を贈らる、二更總合テレビにウインブルドン男子決勝を看る、フエデラー三對一にてロデイツクを下し二連覇達成す、史上七人目の快擧なり、昨日マーロン・ブランド死去、尭明寢に就く、〔五日記す〕

2004年7月3日(土)

幸多かれ

好晴、ゼミ卆業生幸絵さん挙式の日なれば十一時半東名阪伊勢道經由にて鳥羽に徃く、一時半鳥羽國際ホテル着、駐車場に奈緒美さん直子さん車に乘りて來るに逢ふ、伊勢湾の眺望名處繪の風光を想起せしむ、本館四階控室にて着替へ一服せむと一階のバー・レスカールに下るに真理さん既に來りて在り、珈琲を喫し希臘新婚旅行の土産話を聞く、三時岬のチヤペルにて結婚の儀に參列す、壁二面ガラス張りにて海の光溢るゝなり、幸絵さん色白長身ドレス姿宛然西洋人の如し、新郎圭二郎君風采若旦那の如し、四時南館にて披露宴開かる、新郎新婦入場し壁二面のカーテン開かれるに忽然海の絶景現れ一同感歎す、餘は真理さん奈緒美さん直子さんと同席なり、真理さん友人を代表して祝辭を陳ぶ、料理を敎へて呉れて有難う、一緒に旅行して呉れて有難う、喧嘩して呉れて有難う、直ぐ仲直りして呉れて有難う云々、感涙やがて嗚咽となるも無事責を塞ぎぬ、幸絵さんの祖父カラオケにて祝ひ酒を朗らかに唄はる、直子さん今日もフラメンコを披露す、是日初めて父君母君に挨拶する機會を得たり、デザートのケーキを食すに中より胡桃の實一つ出づ、當りと云、思ひがけず幸絵さんよりホテル特製の麺麭を頂戴したれば卆業生にお裾分けす、餘昔よりこのホテルに食事をせむと欲して今日に至りぬ、料理は雉燻製エリザベス女王陛下風、御祝儀肴盛合せ、伊勢志摩の幸造り大杯盛り、蛤潮汁仕立、伊勢海老紅白ソース、牛フイレステーキ赤ワインソース、酢の物、赤飯、赤出し、ケーキ、シヤーベツト、メロン、咖啡、まことに美味なり、蛤潮汁最好し、圭二郎君の兄はミキモトに勤め寶飾を專門とし、過日日本テレビのダウンタウンDXに出演せし假屋崎省吾の指輪の意匠を手掛けしばかりなる由なり、宴が終れば早や七時過なり、九時半歸宅、

2004年7月2日(金)

赤き滿月

曇りてむしあつし、午睡より寤むれば午前八時なり、バルセローナのフアラ戯曲を送來る、公演十月といふ、廣島F 君不合格、書にて通知せらる、遺憾となすもその向學心誇るべし、滿月赤く照りて氣味惡し、昨日蜷川幸雄オイデイプス王希臘ヘロデス・テイコスにて開幕す、

2004年7月1日(木)

ロジヤー・フエデラー

快晴暑氣甚し、午前讀書、二時被を擁して臥し志ん朝が明烏を聽く、午睡、昨夜深更衞星第二にて途中まで見たりしロジヤー・フエデラーの試合結果を Sports Illustrated に讀む、三對一にてヒユーイツトを下せり、精確無比なる第一サーヴ、大きく彈む第二サーヴ、強きことフオアに劣らざるバツクハンド何れも当代随一なり、解説者坂井利郎たゞ歎息するのみ、月曜の對ヨハンソン戰は兒童を相手にしたるが如し、〔二日記す〕