抑鬱亭日乘

 help

2008年9月30日(火)

先見日記

終日細雨歇まず。事務所のM氏と來年の事につきて電話にて商議。夕刻寢臺に横たはりて讀書いつか華胥に遊ぶ。 NTTデータの先見日記本日を以て終了す。余は片岡義男坂本龍一いとうせいこう港千尋しりあがり寿の日録を愛讀したりき。内容もさることながらエンツォ・マーリの意匠による萬年カレンダー頗る秀逸なりき。

2008年9月29日(月)

Weeping over the passing of a man

秋雨霏々。風冷なること初冬の如し。最高氣温攝氏十七度。空終日暗し。ニューヨーク・タイムズ紙にポール・ニューマンの訃に寄せたる讀者の弔文暗涙を催さしむ。Eric Lowin なる人の弔辭を茲に記す。
Here I sit, weeping over the passing of a man I never knew personally. The only judgement, if any need be made, about anyone is "was the world a better place for his having been in it" and, in the case of Paul Newman, the answer is a resounding yes. A great actor, a man for whom celebrity seemed almost an annoyance, a man of commitment to justice and decency, and a man who spent much of his life in philanthropic pursuits, he is already missed.

2008年9月28日(日)

老耄

陰。早朝目覺めて一階喫茶室にて朝餉をなす。部屋に戻り新幹線のネット豫約せむとて電腦の電源を入れるに、AC アダプターを壁のコンセントに繋ぎゐたりしかど何故か内藏電池見る/\中に消耗し、直に切れたり。定めて通電故障ならむと思ひ、内藏電池を外して插入し直すこと兩三囘、更にコンセントを替えても反應せず。小一時間格鬪したれど原因わからず、疲れて厠に入らむと壁のスイッチを押すに電燈つかず。この時初めて部屋の鍵を壁穴に插入忘れたるに心付きたり。老耄如何ともすべからず。豫約を濟ませ受付にてタキシを倩ひて京都驛に徃く。構内の土産店に大安の千枚漬と鶴屋長生の水羊羹嵯峨野若竹を購ふ。十一時過ぎ名古屋到着。寒冷昨の如し。襟卷をまとふものもあり。正午歸家。荷を解きて晝飯を食ひ、大相撲秋場所千穐樂を見れば忽ち昏刻なり。關脇安馬強し。結びの一番横綱白鵬と大關琴光喜の睨合ひに觀客喝采。疲勞して二更寢に就けり。あまりの寒さに今夜より長袖を着る。

2008年9月27日(土)

川上ミネ清水寺コンサート

鯖雲いかにも秋の空なり。西北の風烈しく寒氣骨に徹す。川上ミネ氏のピアノ演奏會の日なれば昧爽に起き出で旅裝をとゞのふ。地下鐵道驛前の肉屋と文具店跡地に便利店サンクス開業せり。三時新幹線のぞみ號に乘り京都に赴く。うと/\する中京都停車塲に着き、改札よりタキシ乘塲に出づるに順番待ちのタキシ運轉手クラクションを鳴らし合ひ喧噪甚しく、停留所への進入粗暴なり。中には行列整理の女に怒聲を浴びせる運轉手もあり。こゝは本當に京都なるや半信半疑となりぬ。タキシを倩ひて龍谷大學傍のホテルに赴き小憩し、再びタキシに乘り東洞院通のホテルに徃き小島氏と合流、二階の京料理屋に懷石の晩餐をなす。七時過ぎホテルよりタキシに乘り清水寺に赴く。寺務所にて案内さるゝまゝ奧に進みて和洋折衷の廣間に入る。來賓の控室なり。スペイン公使他十餘名來りて在り。抹茶に羊羹のもてなしをを受け、會場たる清水の舞臺に案内さるゝに、K氏の計らひにて小島氏と余の座席は最前列中央右なれば恐悅至極なり。公使デ・セゴビア氏祝辭を陳べ、川上ミネ氏の作曲家としての才能を稱揚せらる。八時過ぎ川上ミネ氏ピアノ演奏會開演。サンティアゴ巡禮に想を得られし自作曲四曲いずれも佳し。シンコ・ビーリャスの敎會に捧げし曲は殊の外余の胸に染み渡りたり。京都と名づけられし曲の折にはミネ氏に促され聽衆一同席を立ちてピアノを取圍み、ある者は立ち、ある者は境内に腰掛け、思ひ思ひの恰好で聽入りたり。耳に聞ゆるは繊細なるピアノの音と鈴蟲の聲のみ。余はピアノの眞後ろに立ち眼下に京都の夜景を眺めつゝ、時折瞑目し妙なる調べに身を委ねゐたり。一時間の演奏會夢の如し。終演後スペイン公使の知遇を得る。寺務所よりタキシに乘り打上げ會場たるレストランカフェに移動し乾杯す。參加者四十名程に及べり。川上ミネ氏と款語。氏は抑鬱亭と同じ町の出身なり。三更小島氏タキシにてホテルに歸らるを見送る。余がホテルに着きたりしは暁二時なり。床に就く前ネットにてポール・ニューマンの訃報に接す。

2008年9月26日(金)

温泉

朝來大雨沛然。午後に至りて霽る。空暗きこと晝も猶黄昏の如し。圖書舘の帰途久振りにて温泉やまとの湯に徃き露天風呂に浴す。ホームセンターに立寄りセキセイ鸚哥の大好物オーツ麦と粟穂を購ふ。午後臥牀に在りて宮沢章夫東京大學八十年代地下文化論講義を讀む中、いつか華胥に遊べり。

2008年9月25日(木)

始業

陰天墨を流せしが如し。後期始業の日なり。過度の緊張に氣重なれど大學に赴く。道路澁滯日に日に多し。いざ授業を始めるや心配は杞憂に終り、松葉杖をつきたる男子學生あり。事情を聞けばアメリカンフットボールの練習中に三年生の猛烈なるタックルを受け右脚骨折、醫師の診斷は全治六箇月の由。寔にフットボールは命懸けの種目なり。大勢の人前で話をするは久振りなるを以て一限の後半に早くも聲掠れぬ。休憩時間に自動販賣機にてボルヴィックを購ひ、二限折々喉を潤したり。午下一先家にかへり夢の記録を清書し、二時主治醫を訪ひカウンセリングを乞ふ。先生子供の風邪を貰ひたりとて口をマスクで覆ひ嗄れ聲なり。病院を出づるに微雨に値ふ。歸路市立図書館と町立図書館に立寄り、業務用食品店にアイスクリーム二リットルを購ふ。特賣日にて四百五拾圓也。歸宅後直に机に凭り雜誌の草稿をつくる。夕食後俄に頭痛岑岑たり。

2008年9月24日(水)

緊張

快晴の空拭ふが如し。明日の始業を控へて緊張のあまり心地すぐれず入浴する氣力もなし。余敎鞭を執り始めて既に十餘年なれど今以て授業前は毎度緊張し全身冷汗をかくなり。明日に備へて早く寢に就くも案の定眠れず、ヴェランダに出でゝ烟草を喫す。猶も眠ること能はざれば已むを得ず睡眠劑を飮む。

2008年9月23日(火)

英雄

秋分天氣好し。日本橋榮太樓有平糖梅ぼ志飴を賞味す。立川談志の人生成り行き談志一代記を讀む。夕食後俄に腹痛を催し下痢二三囘に及ぶ。職業野球ソフトバンクの王貞治監督退任を表明。余小斈生の時野球に明け暮れ、一本足打法を眞似たりし事幾囘なるを知らず。また漫畫雜誌の王貞治物語を繰返し讀みたりき。古今無雙の英雄なり。

2008年9月22日(月)

仔猫の如きセキセイ鸚哥

空晴れ渡りて西北の風烈し。朝飯を食ひながらアサリと戲れること日課の如し。余が左手で麺麭を食ふあひだ右手の指にとまりて爪を突き、上質塵紙(ティッシュペーパー)を丸めて卓子に放ると嬉嬉として咥え、細き脚で必死に押へながら小さく千切つては口中で丸めること頻りなり。さながら仔猫が鞠で遊ぶが如し。咥えし塵紙をぶん/″\振回し、勢ひ餘りて卓子より床に落下する事もあり。滑稽至極、我家の道化者なり。依頼の原稾を添刪す。今週より後期始業なれば授業準備にとりかゝる。日本演出者協會來月のコロンビア特輯チラシを送來る。五時疲勞して寢臺に横臥しテレビをつけるに民放各局麻生太郎自民黨總裁選出を報ず。見るに堪へざる惡相なり。NHK總合テレビに相撲を見る。横綱朝青龍關脇安馬に易々と送り出され四敗目を喫す。引退の噂頻なり。日脚頓に短くなり夕方六時を過ぐればあたりは暗し。蟲聲喞々たり。

2008年9月21日(日)

牡丹餅

雨降りてはまた歇む。時々雷鳴。冷氣骨に徹して堪難ければ長袖に着換ゆ。原稿推敲。彼岸の牡丹餅を食ふ。

2008年9月20日(土)

ドノスティア賞

快晴の空雲翳なし。秋の好日なり。終日眠を貪り疲勞を休む。アントニオ・バンデラス第五十六囘サン・セバスティアン映畫祭にてドノスティア賞を受賞す。

2008年9月19日(金)

桔梗

陰。朝餉の後母上を伴ひホームセンターに赴き園藝店の鉢植を見る。薄紫のサルビア・メドセージと桔梗ブルーを購ふ。西通南の沿道來るたびに家屋マンション商舗増増え行くなり。伊太利料理屋レモンチェロを外より窺ふに女性客でほゞ滿席、大繁盛と見ゆ。午後筆をとり隨筆數枚を草して責を塞ぐ。夕刻雨。夜半に到れば颱風ふたゝび襲來るべしとラヂオニュース頻に叫びしが、直に小降りとなり、夜はそのまゝ靜に更け行くなり。新聞紙市川準急逝を報ず。享年五十九。

2008年9月18日(木)

愚者の代辯者

蚤起連日の如し。旦暮風寒し。今秋初めて長袖を着る。颱風接近中とテレビラジオの叫ぶを聞きしが、朝の中雨しと/\と音もなく降るも須臾にして歇む。ふたゝび雨來るを虞れて便利店に行き烟草を求めドラッグストアに目藥を購ふ。午後雜誌の原稾一篇を書き得たり。日本演出者協會A氏より電子郵件あり、通譯の事につきてなり。シアトルマリナーズのイチロー選手三安打を放ち八年連續二百本安打を達成せり。張本勲の通算安打記録更新は今期中にも達成せんとする勢ひなり。殘る大記録は怪物ピート・ローズの四千二百本安打なれど、未だ三十五才に至らぬ若さなればこれを破るも夢には非ず。米國大統領選共和黨の副大統領候補サラ・ペイリンその若さと美貌衆目を集め、遂に人形まで賣出さるゝ始末なり。ニューズウィーク日本版によればペイリンは幼女の頃ペンテコステ派アッセンブリーズ・オブ・ゴッド敎會に通ひたりき。同敎會は信者の聖靈降臨體驗を重視する由。ペイリンの國粋主義はマケインを凌ぎ、さる敎會の集會にてイラク戰爭を神に與へられし仕事と述べたりといふ。先週ABCテレビの取材に應じ、グルジア紛爭の事につきて對露西亞開戰も辭さずと言明しぬ。米國人の百人に一人は浮浪者にして、その三分の一は歸還兵なり。自らの愚かなるを知らぬ者こそ眞の愚者なり。

2008年9月17日(水)

湯船

始めて靑天を仰ぐ。風さはやかなり。市立圖書舘に資料を返卻しブックオフに立寄り新書の棚を見やるもめぼしきものなし。ヤフーに注文せし多和田葉子著旅をする裸講談社文庫屆き、書架に收めむとて棚を見るに既に一册購ひゐたり。同じ本を調べもせず二册三册購ふは余の惡癖なり。小島氏と電話にて打合せをなす。余愛用のカシオ社製西班牙語版エクスワードを購ひたしと云はる。早速價格コムにて XD-SP7500 を検索するにアマゾンが最も廉價にして定價三萬九千八百圓を二萬八千六百九圓となす。迷はず事務所宛に發注す。夕食後入浴。夏以来淋浴(シャワー)で済ませしを今宵は涼しかりしを以て湯船に浸かる。

2008年9月16日(火)

物價

陰。旦暮新寒脉々たり。朝飯の後母上を伴ひ農協グリーンセンターに赴き無花果の買出しをなす。八個三百圓也。露地物の小松菜一束百二十圓。茎太く葉は濃綠にして厚し。二束購ふ。超級市場の小松菜は簡易温室にて栽培さるゝを以て色は薄く茎細きこと虚弱兒の如し。小松菜に限らず菠薐草大根人參玉葱蕃茄(トマト)などあらゆる野菜に言へることなり。それにしても食料品の騰貴驚くの外なし。森永クラフト乾酪(チーズ)は十數年前一箱二百二十グラムありしが今は百六十五グラムに減りて價格は二割高、實質四割値上なり。あられ煎餠アイスクリームなど菓子類も日に日に小さくなり、カルビー社製ポテトチップス一袋六十五グラム百二十八圓。昭和五十年頃テレビの宣傳に藤谷美和子出演し、百圓でポテトチップスは買へますがポテトチップスで百圓は買へません、惡しからずといふものありき。當時はたしか一袋百グラムなりしと記憶す。實質二倍の價となりぬ。歸家して直に葉をアサリとシジミにやるに、待つてましたとばかりに食ひつくなり。午後依頼原稿執筆に半日を費す。米國證券會社リーマン・ブラザーズ倒産し株價爲替急落、一弗百五圓、一歐元(ユーロ)百四十九圓となる。

2008年9月15日(月)

下妻物語

曇りて午後より雨となる。晝餉の後新聞紙をみるに二時よりテレビ愛知にて活動冩眞下妻物語放映さるゝを知り、兼ねてより秀作の評判を聞きゐたれば筆を擱き寢臺に横臥して看る。桃子役深田恭子の巧さは云ふに及ばず、イチゴ役土屋アンナの演技秀拔なり。開卷劈頭オートバイを驅る桃子が自働車と衝突し宙を飛ぶ高速度撮影マーティン・スコセッシのカジノに髣髴たり。驛のプラフトホームにてイチゴが桃子に説教する場面に暗涙を催し、ケジメの大團圓にふたゝび落涙せり。笑ひあり涙ありの痛快任侠物と云ふべし。夜に入りても雨歇まず。この日敬老の祝日。

2008年9月14日(日)

アサリ

薄く晴れて秋暑猶去らず。朝食の後母上ヴェランダにてアサリの籠を殺菌消毒せらる。その間余は書斎にアサリと戲る。アサリは余の左手指に止りて微動だにせず、大人しく掃除を待ちたり。居間に戻りて窗邊に坐し、大好物のオーツ麦を一粒づゝ遣るに、食はずに嘴よりぽろ/\落つ粒半數以上に及べり。仔細に窺ふに、嘴の咀嚼力乏しく、殼の硬きを以て噛むこと能はざるなり。毎日オーツ麦を度々水皿の水につけて粥の如く嚥下するさま觀察しゐたれど、顎の筋肉斯くも弱しとは思はざりき。殼付の混合餌を殆ど食べざりしは殼の硬きが故なるやも知れずと、此の日初めて心付きたり。アサリはシジミと異なり、常日頃余の指や鼻先を決して強く噛まず。余によく懷きゐたれば余に手心を加へてのことゝ思ひゐたりしが、虚弱躰質のためなるべし。籠の掃除濟むや、直に自働車を飛ばしてホームセンターに行き、殼剥きタイプの稗粟混合餌を購ふ。他の商品をみるに物價高騰、ティッシュペーパー五凾一組かつて弐百四拾八圓なりしが參百七拾八圓に値上げとなる。ガソリン價格やうやく下りレギュラー壱百六拾七圓也。

2008年9月13日(土)

腦と魂

薄く曇りて秋暑前日に劣らず。日課の如くセキセイ鸚哥の籠を窗邊に置くや、アサリ珍しく水飮み皿に腹を浸して水浴びをなすこと數次に及べり。もともとセキセイ鸚哥は水浴びを好まず、今夏三伏の苦熱の折さへ一度も浴びざりき。今朝は氣温攝氏二十二三度の凉しさなれば、定めし壁蝨(ダニ)でも洗ひ落すつもりなるべし。養老孟司玄侑宗久の對談本腦と魂を讀む。滅法面白し。

2008年9月12日(金)

アプサンス

薄く晴れて秋暑熾なり。朝餉をなすに窗外より兒童の歡聲聞ゆ。ヴェランダより窺ふに、黄色い帽子を被りたる小學二三年の學童大勢向ひの歩道を二列に竝びて驛方面に歩みゐたり。抑鬱亭門前に立ちゐたりし主婦數人手を振るに、行つてきまあすと叫びて應ずる兒童尠からず。東山動物園にでも赴くにや、まさに雀の學校なり。事務所より電話あり、十月長崎興福寺にて行はるゝ瓦井マリア氏引退公演の話を聞く。午後網站の修正餘事なし。二更寢床に入りてNHK教育テレビをつけるに藝術劇塲にて吉行和子の引退作品アプサンスある不在放映中にして、丁度幕切の場面を見る。放映後吉行と演出家大間知靖子の對談あり。本作を以て舞臺を退くかと思ひきや、作品としてはこれが最後なれどお呼びがかゝれば何時でも何處でも再演したき由。過日朝日新聞のDO 樂(どらく)といふ網站に吉行の取材記事を讀みしに、親友岸田今日子を喪ひ、妹も他界し、身内は母君あぐり氏を殘すのみ、その母も百才を超え遠からず消えゆく運命なれば身邊整理の思ひを込めてこの舞臺をつとめる所存なりとありき。

2008年9月11日(木)

少女の自殺

秋晴の天氣連日限りなく好し。秋暑猶去らざれど濕氣少なければ苦にならず。舊稿を整理する中思ひがけず連載の腹案四篇を發見す。寳籤に當選したりしが如き心地せり。午下主治醫の診察とカウンセリングを請ふ。病状稍恢復したればアナフラニール増えも減りもせず。五十分間のカウンセリングは毎囘疲勞するものなれど今日は幸にして心身好調ゆゑ辯舌冴えたり。副作用の便祕堪難きを訴ふるに下劑二種處方せらる。歸路市立圖書館に立寄り資料を借りる。稻場町西交叉點の田圃一區畫整地し何やら普請中なり。東の交叉點は給油所エッソ潰れて便利店サンクス開業す。此の日紐育同時多發テロ七周年なれど世人は既に忘れしものと見ゆ。米國政府曰く、オサマ・ビン・ラディンは行方知れずと。然し米國とラディン家は隱然聯絡あること明らかなり。昨日瑞西ジュネーブ郊外地下の歐州合同原子核研究機關 CERN の巨大加速器にて未知の素粒子發見の實驗始る。世人はビッグバン實驗と稱す。實驗中極小のブラックホール發生し地球を飮込む可能性ある由兼ねてより聞きゐたりしが、新聞紙を見るに、印度マディヤプラディシュ州の少女この話を眞に受け世界の終末來れりと觀念して自殺せし記事あり。十六才なりとぞ。余は八才の時の事を思ひ出しぬ。級友三人と小松左京原作の活動冩眞日本沈没を見て、日本は遠からず滅亡するべしと頭に叩き込まれ憂鬱な日を過ごしたりき。少女の行動余は奇矯と思はず。

2008年9月10日(水)

偏在

快晴。氣分よし。欝の底は脱したり。秋暑熾なり。當月初より感興來らず筆をとらざりし依頼原稿あり、今日ふと思ひつき筆をとり一氣呵成に書上るを得たり。傳真にて先方に送るに直に電話あり、稱贊せらる。肩の荷一つ下りぬ。父上何處にか出かけたれば母上と晝飯を食ふ。我家の食事は朝夕二度のみが習慣なりしかど先月半ばより母上晝飯に握飯を供せらる。母上曰く、七月がもの凄く暑かつたからこのまゝでは躰がもたない、晝も食べないともたないと思つてと。然れど下旬に至りて急に秋風吹き初め涼しくなりたるは皮肉といふべし。その所爲か有らぬか余の躰重いつか三キロ増えたり。午後西班牙語版ウェブサイトの設計を一新す。Firefox の Html Validator 寔に重寳なり。Firefox と秀丸エディタ、二畫面ファイラー「あふ」は三種の神器なり。序でに新たなアドオン Ubiquity を試む。畫期的な着想に一驚を喫す。偏在または神出鬼没を意味するユビキュイティ Ubiquity とはよく名づけたものなり。 Ubiquity と Chrome は遠からずネットの基本プラットフォーム及びアプリケイションとなるべし。それにしてもウェブデザインは思ひの外過酷な作業にして、これも偏に瀏覽噐(ブラウザ)の多さと殊に Internet Explorer の奇怪な舉動にあり。余が對象とするは IE6、IE7、Firefox、Safari、Opera、Chrome の六種に及べり。日も晡ならむとする頃自働車を運轉し量販店に赴きLANケーブルを購ふ。舊抑鬱亭前の超級市場マックスバリューいつかトップワンといふ市場に變りぬ。駐車場ほゞ滿車、店内買物客輻湊す。野菜果物他の店に比して安し。牛乳一本百四十八圓もこの界隈にては最も廉價なり。昨日北朝鮮建國六十周年の式典に金正日缺席し、韓國米國の報道によれば去八月二十二日腦卒中を患ひ倒れたりといふ。北朝鮮のことゆゑ眞僞定かならず。

2008年9月9日(火)

紅辛夷

蚤起して書斎の窗を開くに冷風吹込みて肌を侵す。覺えず身震ひするほどなり。碧空拭ふが如し。父上檢査の日なれば自働車にて病院に送る。池の端に紅辛夷(べにこぶし)咲きゐたり。歸路農協グリーンセンターに買出しをなす。無花果安し。野村たまごの棚に廣告文あり、ハーバード大學より教授二名視察に來れりといふ。今日も網站設計に半日を消す。

2008年9月8日(月)

いとしこいし

空晴れ渡りて風爽やかなり。いかにも白露の頃らしき天氣なり。毎年九月の上旬は秋暑甚しきが常なるに、今年は珍しく凉しきが故、月末より空氣調節器殆ど使はず。網站(サイト)設計餘事なし。枕上喜味こいし著いとしこいし想い出語りを讀む。

2008年9月7日(日)

末廣亭

くもりて蒸暑し。記すべき事なし。南天に半月あきらかなり。枕上小沢昭一的新宿末廣亭十夜を讀む。高座を目の當りにする心地せり。

2008年9月6日(土)

ターミナル

半陰半晴。讀書の後午睡。初更寝臺に横臥して東海テレビにスピルバーグの活動冩眞ターミナルを観る。退屈至極、見所はケネディ空港のセットのみ。

2008年9月5日(金)

THEATER/TOPS

くもりて暗き日なり。舊稿を整理す。新宿の小劇塲 THEATER/TOPS 來年三月閉館さるゝといふ。この小屋で見たりし双数姉妹の明星真由美忘れ難し。蟲語喞々たり。

2008年9月4日(木)

曇りて蒸暑し。雨來らむとして來らず。晝の中より蟲の聲聞ゆ。町立圖書館と市立圖書館に行く。中央通りの櫻樹すでに黄色く色づきたる葉ありて秋色濃ならむとす。久振にて瀬港線を走る。廢業せしステーキ・カフェの跡に丸亀製麺といふ釜揚げ饂飩屋出店せり。南新町交叉點の便利店ファミリーマートはソフトバンクに替りぬ。昨今小さき店舖は殆携帶電話屋となるなり。リサイクルショップの流行衰へたるやうに見ゆ。家にかへり參考資料を整理す。

2008年9月3日(水)

Chrome

朝の中雨降りしが須臾にして霽る。陰雲散ぜず濕氣甚し。新たに連載の稿を起さむとて默想凝思徒に半日を費す。グーグル社製の瀏覽噐(ブラウザ) Chrome を試む。描畫の速さに一驚を喫す。視窓(ウィンドウズ)に對抗する新たな操作系統(OS)開發への布石と見ゆ。

2008年9月2日(火)

目覺むるや忽ち氣落ちし嘆息す。細雨糠の如し。遠くに鳧(ケリ)の鳴くを聞く。あつき雲南東より北西に流るゝさま何やら薄氣味惡く、この世の終りのやうな心地す。依頼原稿執筆に半日を費す。

2008年9月1日(月)

傲岸不遜

晴。無氣力如何ともすべからず。中庭に兒童數人遊びながらポーニョ、ポーニョと歌ふ聲聞ゆ。宮崎駿が活動冩眞崖の上のポニョ主題歌なるべし。初更福田首相辭任の記者會見あり。不可解かつ不愉快極まりなし。安倍晋三と言ひ福田康夫と言ひ當世の政治家は總理經驗者の肩書き欲しさに政權を擔ふなり。これ引退間際の職業野球選手が讀賣巨人軍に籍を置くに似たり。後任は麻生太郎なりとの噂頻なり。麻生の下劣な顏を見るたび目を背けざるを得ず。