抑鬱亭日乘

 help

2016年1月31日(日)

辛子のおじや

天氣牢晴。西北の風吹きて寒し。NHK總合林家正藏の演藝圖鑑に春風亭柳橋の小言念佛を聽く。薄田泣菫の茶話を讀む。

佛語通ふつごつう

露西亞の若い、ハイカラな紳士が氣取つた身振で巴里パリーの料理屋に入つた。別段おなかが空いてもゐなかつたが、滑らかな佛蘭西語で獻立を註文するのが嬉しくてならなかつたのだ。

紳士がやゝ反身そりみになつて卓子テーブルの前の椅子に腰をおろすと、鵞鳥のやうに白いうはぱりを着た給仕人がやつて來て註文を聞いた。紳士は一寸その方へ顎をしやくつて、"Uneユヌ portionポルシヨン de bifteckビフテク auxオー pommeパム de terreテル"(馬鈴薯じやがいもつきのビフテキ)と一皿いひつけて、「うだ、うまからう」といつたやうに四邉あたりを見廻した。

すると、丁度帳塲にかゝつた古時計が悲しさうに午後三時を打つた。紳士はそれを自分を襃めて吳れたもののやうに思つて、態々わざ/\懷中時計を引張り出して、今正規の時間に合はしたばかりの針をまた古時計の通りに引直ひきなほした。古時計は年を取つて氣短きみじかになつてゐたので卅分ばかり進んでゐた。

直ぐ鄰りの卓子テーブルにまた一人お客が入つて來た。指先で輕く給仕人を呼んで"Garçonガルソン bifteckビフテク pommeパム"(ちよいと、じやがテキをね。)と言つて、どかりと椅子に腰をおろした。何處から見ても五すきもない巴里パリーツ子である。

「鄰の奴め馬鈴薯じやがテキと言つたな。」と思ふと、ハイカラ紳士は顏から火が出るやうにはずかしくなつた。「Bifteckビフテク pommeパム──それに比べると、俺の佛蘭西語はまるで鼠のやうに長いやしてら。」

紳士は泣き出しさうな眼付きして古時計を見た。古時計はナポレオン三世のやうな氣忙きぜはしさうな顏をして、露西亞人などには頓着とんぢやくなく息をはづませてゐる。紳士はいつになく露西亞が戀しくなって來た。

だが、その露西亞へ歸つて來ると、紳士は何處の料理屋へ往つても、巴里へでも聞こえさうな大きな聲で、「Bifteck pomme」とあつらへる事にめてしまつたさうだ。

囃子方はやしかちの六がふ新三郞は西洋料理膠入つて、ライスカレーの註文をするのに、
「おい、辛子のおじやを持つて來い。」
と言つたといふ事だ。新三郞が佛蘭西語で註文しなかつたのは無理もないが、「辛子のおじや」は聞いて呆れる。恥ぢよと言つた所で、恥ぢもすまいから困る。

(薄田泣菫『底本 茶話 上』冨山房百科文庫)

2016年1月30日(土)

黯澹

朝の中雨ふりて書窓黯澹たりしが須臾にして霽る。NHKラヂオ第一キャンパス寄席にサンドウィッチマンの漫才と春風亭百榮のコンビニ强盜を聽く。ロイヤルホームセンターに赴きセキセイ鸚哥の餌を購ふ。鄰地にイオンモールの建設着々、鐵骨組上げられたり。陰雲散ぜず晝も猶黃昏のごとし。

2016年1月29日(金)

確定申告

晏起十時に近し。陰雨冥〻。あたゝかなり。午前理髮。午後ことぶきの湯に浴す。歸途接骨院に立寄り昨年分の領收書を受取る。確定申告の書類を作成す。Eテレえほん寄席に桂文治の道具屋を聽く。三重テレビ淺草お茶の間寄席に三笑亭可龍の初天神を聽く。

2016年1月28日(木)

三三王樂文菊三人會

晴れてあたゝかし。小說執筆例の如し。黃昏乘合自働車と地下鐵道に乘り上社に出で名東文化小劇塲に赴く。柳家三三三遊亭王樂古今亭文菊三人會なり。開口一番桂文治の弟子桂たか治のめるを語る。癖のない素直なる語り口に好感を覺ゆ。九官鳥の小噺にて郵便屋を新聞屋と言ひ間違へたり。たか治は卽座に誤りに心付き、誤魔化さずに誤りを認め、新聞屋の設定を續けて語り終へたりしは感心すべきなり。隱居が八五郞に詰將棋を勸めるくだりにて、本當は詰む詰めないと云ふべきところ普段の口癖により詰まらねえといふと思ふよと正しき言葉遣ひに觸れるところも感心したり。文菊明烏を語る。女郞屋にて太助が時次郞に歸れるものなら歸つてごらんなさいと脅かす塲面にて文菊は源兵衞と太助の上下かみしもを取り間違へたれど瑕瑾といふべし。恐らく文菊自身も勘違ひに心付きたるべし。然れど噺の途中にふたゝび上下を變変へなば却つて混亂を招くばかりなれば敢て修正せざりしなり。俺の目を見ろは志ん朝譲りなり。仲入後王樂紙入れを語る。この噺の眼目は財布を置き忘れし事に心付きたる新吉の狼狽と旦那の鈍感なるに、新吉はさほど狼狽せざるを以て後半の旦那との遣り取りに緊迫感なし。旦那になんだか俺が怒られてるみてえだなと云はしむるのも餘計なり。マクラも徒に長く面白からず。トリの三三二十四孝を語る。余はこの噺を高座にて聽くは此日が初てなれば思ひかけず拾ひ物を得たるが心地す。くすぐりの一ツ/\に看客大に笑ひたり。家にかへれば二更にならむとす。

2016年1月27日(水)

誕辰

陰後に晴。寒氣やゝ寬なり。北側駐車塲屋上に殘雪あり。龜屋芳廣に徃き慈君が好物の不老柿を買ふ。夕餉に鱈子スパゲティと生ハムのサラドを料理して慈君の誕辰を祝ふ。BS日テレ笑點特大號に林家たい平の半分垢を聽く。

2016年1月26日(火)

五街道雲助一門會

朝の中空晴渡りて一點の雲もなかりしが午後に至つて陰雲空の半ばを蔽ひぬ。小說言葉におぼれて執筆日課の如し。晡時主治醫を訪ひ藥を請ふ。歸途ことぶきの湯に立寄る。夕陽燦然たり。BS11柳家喬太郎のようこそ芸賓館に五街道雲助一門會を見る。隅田川馬石金明竹を語る。持ち時間僅十分程度なるを以て噺の前半は省畧し加賀屋佐吉の使ひが關西辯をまくし立てるくだりのみ語れり。桃月庵白酒新版三十石を語る。昨十一月名東文化小劇塲にて聽きしばかりの演目なり。

2016年1月25日(月)

MS-DOS

けふも好く晴れたり。寒氣日に/\加はる。我が網站サイトに設置したる檢索プログラムUnicode版msearchの索引作りは是迄ブラウザを經由して行ひしが、是日よりDOSのバッチファイルにて行ふことゝす。所有時間激減し僅一二秒ほどにて千二百ほどの文件を登錄するを得たり。

2016年1月24日(日)

多國籍落語

快晴。西北の風吹きすさみ寒氣骨に徹す。昨夜錄畫し置きたる三重テレビ淺草お茶の間寄席に三遊亭右左喜が猫と金魚、神田松鯉が講談出世の春駒、桂幸丸の鹿政談を聽く。NHK總合演藝圖鑑に五明樓玉の輔が悋氣の獨樂を聽く。アットエフエム山下達郎サンデー・ソングブックにマイティ・ポープの Heaven on the Seventh Floor、ルパート・ホルムズの Himを聽く。Eテレ日本の話藝に笑福亭三喬の初天神を聽く。BS-TBS落語硏究會に柳亭市馬の笠碁三十石を聽く。笠碁は柳家のお家藝なれば流石に五代目小さんの弟子だけありて自家藥籠中の物なり。三十石は二人連れの江戶つ子が京都の宿に泊りて舟に乘り京言葉大阪辯飛交ふ道中を描く多國籍落語ともいふべき演目にて、演ずるは容易ならず。市馬は言葉を巧みに使ひ分け、船頭が歌うたふ聲も自慢の喉を聞かせて名調子なり。NHKラヂオ第一放送に大相撲初塲所千穐樂の中繼を聽く。琴奬菊豪榮道を突き落として初優勝。支度部屋へ向ふ琴奬菊を殊勳賞の豐ノ島花道にて出迎へ抱擁す。

2016年1月23日(土)

CGI

隂。無風。NHKラヂオ第一眞打競演に春風こうた・ふくたの漫才、ケーシー高峰の醫學漫談、三遊亭兼好の壺算を聽く。我が網站サイト電子郵件受付CGIプログラムを改良す。KENT-WEBのCAPTCHA-MAILを採用す。盖し垃圾郵件スパムメールを排除せんがためなり。設置を終へるや否や劇團文學座の演出家N氏より郵件屆きたり。拙譯モロッコの甘く危險な香りを讀みて爽かなる後味を感じられし由なり。未明に錄畫し置きたるBS-TBS落語硏究會に瀧川鯉昇の芝濱を聽く。小雪ちら/\と降りそむ。晡時ラヂオ第一放送に大相撲中繼を聽く。豪風琴勇輝を押し出して十勝目を擧ぐ。解說者北の富士親方これで豪風は敢鬪賞でせう、此の人の硏究熱心なところを評價しないで誰を評價するの、敢鬪精神旺盛ぢやないですかと云はる。余も同感なり。豐ノ島叩き込みにて嘉風に勝ち十二勝敗。琴奬菊對栃煌山は仕切り直しの末琴奬菊が一息に押し出して十三勝一敗。最後三番はNHK總合テレビにて觀戰す。結びの一番稀勢の里對白鵬は白鵬が曖昧に立ちて前に出ず、稀勢の里一氣に押し出し橫綱に二敗目を喫す。明日は琴奬菊の相手が不振の豪榮道、白鵬が日馬富士なれば琴奬菊が優位に立ちたりといふべし。朝日新聞の記事に高村正彦といふ自民黨副總裁の發言を讀む。自民黨内の憲法改正論者改正すべき条項は孰れなるやを知らずといふ。然らば改正せざるに如かず。憲法は滅多矢鱈に改めるべきものにあらず。高村の愚鈍なること人の頤を解かしむ。

2016年1月22日(金)

獻本

快晴の空拭ふが如し。小說執筆。Eテレえほん寄席に桂文我が天狗の酒盛を聽く。大西信行歿。享年八十六。正岡容の門下生なり。柳原孝敦君新譯小說フアン・ガブリエル・バスケス著物が落ちる音を惠與せらる。午後ことぶきの湯に往きシルク風呂に浴す。晡時NHKラヂオ第一放送に大相撲初塲所中繼を聽く。十二戰全勝の琴奬菊中學以來の好敵手豐ノ島と對戰し、豐ノ島がとつたりにて勝ち琴奬菊初黑星を喫しぬ。三重テレビ淺草お茶の間寄席に三笑亭夢太朗のお見立て、三遊亭遊之介の河豚鍋を聽く。

2016年1月21日(木)

年度末試驗

曇りて寒し。殘雪まばらなり。自働車の窓硝子悉く凍りたるを解氷スプレーを用ひて溶かす。咖啡所コメダに朝飯を喫す。九時出勤。定期試驗を行ふ。缺席者なし。答案の裏に一年間西班牙語を學びし感想を書かしむ。午後家にかへりて答案を採點し感想文を讀む。

引用符スペイン語の授業はとても楽しかったです。初めてスペイン語の授業を受けた時からスペイン語に興味を持ち、「もっと知りたい」「話せるようになりたい」と思うようになりました。古屋先生の授業の進め方はとても慎重で学生の立場になって、丁度良いペースで進めて下さいました。古屋先生は特に優しく、授業中で質問がしやすかったです。古屋先生の「質問されるのがすごく好きなんです」という言葉が今でも印象に残っています。スペイン語を完璧にしたいという気持ちが強かったというのもあり、質問をさせていただきました。また、古屋先生が考えて下さった映画鑑賞もとても嬉しかったです。春学期・秋学期共にどちらの作品も吸い込まれるようなとても興味深い作品でした。一年間、素晴らしい授業をありがとうございました。(S.S.君)

引用符古屋先生は優しくて紳士的な先生で、とても楽しく授業を受ける事が出来ました。本当にありがとうございました。僕も将来は教員志望なので、古屋先生のような先生になれるようにがんばっていきます。(M.S.君)

誰か之を讀みて感激せざらむや。一年の勞苦一時に報はれし心地するなり。ヤマト運輸集配所に赴きN子に米など食料品一箱を送る。夕刻NHKラヂオ第一放送に大相撲初塲所中繼を聽く。大關琴奬菊橫綱日馬富士を突き落としにて倒し十二戰全勝なり。

2016年1月20日(水)

牧師と杖

市中の雪景色いとうるはし。朝の中靑空を望みしが午に至りて鈍色の雲空を蔽ひぬ。晡時珍しく眠氣を催し一時閒半ほど眠る。NHK總合に大相撲初塲所を觀戰す。結びの一番全勝同士の大關琴奬菊對橫綱白鵬、琴奬菊がぶりにがぶりて瞬く中に橫綱を土俵際に追ひつめそのまゝ押し出しぬ。黃昏空ふたゝび晴れて寒月皎々たり。薄田泣菫の茶話を讀む。

牧師と杖

ある牧師がすつかり上機嫌でいつものやうに、ステツキ小腋こわきに抱へ込んで市街まちをぶらぶら散步してゐると、ふとみちの片側に乞食が一人衝立つゝたつて、往來ゆききの人にお鳥目てうもくをねだつてゐるのが目についた。

牧師は自分のすまつてゐる界隈に、乞食が迂路うろつかうなどとは夢にも思はなかつた。(何處の國でも宗敎家といふものは、富豪ものもちのなかに住んで、「貧乏」を說くのが好きなものだ。)で、づか/\とそのそばに步み寄つたと思ふと、いつもお寺でするやうに、額へ一寸手を當てがって、
「神よ、この哀れなる者をお惠み下さい。」
と言つて、そのまゝ立ち去らうとした。

「ちよいと旦那樣……」と乞食は牧師を呼びとめた。
御祈禱おいのりは有難うがしたが、神樣はとてわしらがとこには御座らつしやるまいから、此方こつちから出向きますべい。近頃御無心な次第ぢやが、そのステツキをお貸し下さるまいかな。」
と乞食は垢塗あかまみれの手でそのステツキに觸らうとした。

牧師は慌ててステツキ引込ひつこめた。ステツキといふのは、さる富豪ものもち寡婦ごけさんが贈つて來たもので、匂ひの高い木に金金具きんかなぐが贅澤に打ちつけてあつた。牧師は死ぬる時は天國にまで持つてく積りで、この世では成るべくよごすまいとして、いつも小腋に抱へ込んで步いてゐたものだ。

牧師は叱るやうに言つた。
「基督も『せまき門よりれよ』と仰有つたぢやないか、お前達がこんなステツキなぞ持つてたら窄い門を入るのに邪魔にならあ。」
「へへへ……」と乞食は無氣味な笑ひ方をした。「御心配さつしやりますな。その窄い門とやらに入ります前に、わしステツキを賣る事を知つとりますな。」

これは英吉利イギリスのある田舍町であつた事で、大阪であつた事ではない。大阪では牧師は乞食などに見向みむきもしない。そしてステツキや聖書の代りに汽車の時間表をポケツトに入れてゐる。彼は神樣よりも可愛かあい女房子にようぼうこが、郊外の家に待つてゐるのを知つてゐる筈だから。

(薄田泣菫『完本 茶話 上』冨山房百科文庫)

2016年1月19日(火)

眞田小僧

快晴の空午後に至りて曇る。寒氣凛冽なり。ことぶきの湯に徃きシルク風呂に浴す。歸途慈君の需に應じてエディオンに立寄りソニーのカナル式イヤホンを購ふ。日脚やゝ長くなりて五時を過ぎても昏黑とはならざるなり。BS11柳家喬太郎のようこそ芸賓館に柳家三三の眞田小僧を聽く。この噺を語る者大抵は前半のみを獨立させてお茶を濁すに三三はサゲまで語るなり。講釋は宝井琴柳のもとに一二年通ひて學びたる由。

2016年1月18日(月)

Bridge of Spies

寒雨霏々。咖啡所コメダに朝飯を喫す。駐車塲滿車、店内もほゞ滿員なり。幸にしてボックス席に坐るを得たり。文春文庫版高島俊男お言葉ですが…⑦漢字語源の筋ちがいを讀む。客續々來店し帳塲前の椅子に腰かけて空席を待てり。十時二十分MOVIX三好五番館にてスティーヴン・スピルバーグ監督の活動寫眞ブリッジ・オブ・スパイを看る。奇を衒はぬ佳作なり。雨は午に至りて霽れしが暗雲たれこめて空暗し。日進白山交叉點エッソのガソリン價格九十九圓。TBSラヂオ大沢悠里のゆうゆうワイド四月八日に放送開始三十一年目を迎へるを節目に大沢氏番組を辭める由。オリコンの記事によれば大沢氏七十歲に及びて四時間半の生放送をつとめるは精神肉體ともに疲勞甚だしきが故なりといふ。後任は伊集院光なりといふ。伊集院はラヂオ界最强の藝人なり。毒蝮三太夫の看板企畫ミュージックプレゼントは繼續する由なり。

2016年1月17日(日)

Ronnie Bright

隂。この冬初て石油ストーブを焚く。昨夜九時に錄畫し置きたる三重テレビ淺草お茶の間寄席に三遊亭遊馬の轉失氣と昔昔亭桃太郎の柳昇物語を聽く。サゲに一工夫あり。アットエフエムのサンデー・ソングブックに去秋以降の物故者追悼特輯を聽く。ナタリー・コールディス・ウィル・ビー鼓手ドラマーアンディー・ホワイトが演奏するトム・ジョーンズよくあることサ、P・F・スローン孤獨の世界、ドゥワップ組ヴァレンタインズのベース歌手ロニー・ブライトが參加せしジョニー・シンバルミスター・ベースマン、ニール・セダカスウィート・リトル・ユー、バリー・マンシビレさせたのは誰、ピーター・ガブリエルイン・ユア・アイズの四曲、石田おさむがギタアを演奏する上田正樹とサウス・トゥ・サウス我が心のジョージア。Eテレ日本の話藝に桂春團治の皿屋敷を聽く。本日當初は笑福亭三喬の初天神を放送する豫定なりしかど先週末春團治鬼籍に入りしを以て急遽追悼番組に差替へ、初天神は來週に延期されぬ。

2016年1月16日(土)

黑蜥蜴

快晴。NHKラヂオ第一眞打競演に三遊亭萬橘が看板のピン、ユリオカ超特Qの漫談、柳亭小燕枝のうどん屋を聽く。ユリオカ超特Qの國語辭典を讀むといふ漫談にて參照せられし辭書は三省堂の新明解國語辭典なるべし。余が愛用する版は第七版にて、放送を聽きつゝ繙くに語釋の文言異なるところあり。ユリオカ超特Qが朗讀せし版は第四版或は第五版また第六版なるべし。乘合自働車と地下鐵に乘りて名驛に出づ。十一時新幹線こだま號にて名古屋停車塲を發す。乘客いつもながら數ふるばかりなり。車中筆記型電腦を用ゐて小說執筆。一時過靜岡に抵る。東海道線に乘換へて東靜岡下車、靜岡藝術劇塲に赴く。二時江戶川亂步原作三島由紀夫作宮城聰演出による黑蜥蜴を觀る。一階席滿員、二階席三階席にも客多し。客席前に打樂器竝び、舞臺の上には高き平臺を置きて俳優は平臺の上にて演技す。上手と下手に急勾配の階段ありて天井近くに達し、中央には鐵棒が半圓形に組合はされ東京タワーの土臺を造形す。舞臺美術高田一郎。開卷劈頭黑蜥蜴を演じるたきいみき、岩瀨早苗に扮する布施安寿香の二人看客に正對して長臺詞を云ふ。やゝ單調なり。明智小五郎に扮する大高浩一怜悧なる私立探偵を好演す。たきいみきの惡女に愛敬あり。三時第一部終了。十五分休憩の後第二部開演。岩瀨邸厨房の塲面精彩を缺く。後半の二時間は長く感ぜられたり。五時五分終演。東靜岡驛より東海道線にて靜岡に出でスターバックスに小憩す。六時新幹線こだま號に乘り靜岡停車塲を發す。乘客三割程度なり。七時過名古屋に着す。地下鐵道と乘合自働車を乘繼ぎて家にかへれば八時なり。

2016年1月14日(木)

本年度最終授業

隂。寒風凜烈なり。車の窓硝子凍りたるをクレの解氷スプレーを噴霧して溶かす。咖啡所コメダに朝飯を喫す。九時出勤。本年度最終講義なり。敎科書十一課の復習を行ふ。一時過歸家。桂春團治歿。享年八十五。薄田泣菫茶話を讀む。

黑人くろんぼの犯罪

イネズ・ミルホオランド・ボアスヷン女史といふと、米國の女權論者のちやき/\で、加之おまけに數へる程しか無い女流辯護士の一にんとして相應かなり名を賣つてゐる女だ。

この女辯護士と同じ建物のなかで、鄰り合せに住んでゐる男が、ある時洋服を一着盜まれた。色々詮議の末が、門番の黑人くろんぼに嫌疑がかゝつて、黑人くろんぼは自分の部屋で朝食あさめしを食つてゐるところを押へられた。(忘れても用心しなければならないのは、すべての訪問客はうもんかくは大抵朝早く來るといふ事だ。)

黑人くろんぼは女辯護士に手紙を出して、熱心に自分の辯護を賴んだ。黑人くろんぼを法廷で辯護するのは、黑人くろんぼを天國へ引張りあげるよか、ずつと愉快な事に相違ない。何故といつて、天國へ引揚げられた黑人くろんぼは、多時しば/\地獄へ落ちてゆくが、牢屋から出て來る黑人くろんぼは、また同じ辯護士の事務室に顏出しするにきまつてゐるから。

女辯護士はその辯護を引請ひきうけて、法廷に立つた。そして色々の方面から熱心に喋舌しやべつたかひがあつて、黑人くろんぼうまく無罪になつた。

黑人くろんぼはその翌日朝早く女辯護士の事務室に入つて來た。そして、
「先生昨日きのふは色々どうも有り難う御座いやした。」と白い齒を見せて追從ついしよう笑ひをした。「實際あの服はわつちがちよろまかしたに相違ありやせんが、先生の辯護を聞いてると、うやらわつちが盜んだつてえのも怪しくなつて來やした。事によつたら、わつちの仕事ぢや無かつたかも知れやせんぜ。」

例の瀆職とくしよく議員の公判記錄を讀んでみると、ある議員などは、自分で自分の附會こじつけた議論に感心して、洋服を盜んだ黑人くろんぼのやうに、瀆職事件を、結局つまりは政事家らしい行動とでも思つてゐるらしく見られる。こんな人達は手で犯した罪よりも、ずつと大きな罪を頭の中で犯してゐる。

(薄田泣菫『完本 茶話 上』冨山房百科文庫)

2016年1月13日(水)

ラヂオ購入

曇天。雨なきこと二旬なり。小說執筆。午後慈君ラヂオを買ひたしと云はれたれば瀨港線のエディオンに赴く。ソニー製携帶ラヂオ(ICF-M55)と東芝製CD收錄機ラヂカセ(TY-C23)を購ふ。店内に据置かれしソニーのブラビアといふ4Kテレビにニール・ブロムカンプ監督の活動寫眞エリジウムを看る。記錄媒體は藍光光盤ブルーレイディスクなるや。畫面の解像度あまりにも高くジョディ・フォスターは皮膚の皺ばかり目立ちて演技を樂しめず。宇宙船が宇宙殖民地に墜落する塲面コンピューターグラフィックスによる作り物なるは火を見るより明かなり。家にかへりて期末試驗の問題を作成す。

2016年1月12日(火)

鈴木大介

隂。東京は初雪降りしに尾州は風もなく寒からず。小說執筆日課の如し。午下咖啡を啜りて一服するに事務所より電話あり。M氏の需に應じて日本航空の網站サイトを通して佛國航空と英國航空の便を檢索す。生憎希望する日の便はいづれも滿席なり。晡時主治醫を訪ひ藥を請ふ。安定劑ソラナックス是日よりアルプラゾラム錠といふジェネリック醫藥品に變りぬ。NHKラヂオ第一放送に大相撲初塲所中繼を聽く。大關照ノ富士逸ノ城に寄り切りにて負ける。結びの一番安美錦押し出しにて橫綱鶴龍に土をつけたり。夜初更ことぶきの湯に徃きシルク風呂に浸かりて不感溫度浴をなす。繊月鎌の如し。NHK-FMベストオブクラシックにギタア奏者鈴木大介の演奏を聽く。前半は鈴木の獨奏によるバッハ作曲G線上のアリア、スカルラッティ作曲のソナタカークパトリック番號五四四と二六三、コスト作曲ジュラの想ひ出アンダンテとポロネーズ作品四四、ショパン作曲タレガ編曲ノクターン作品九第二、タレガ作曲アランブラ宮殿の思ひ出、アグスティン・バリオス作曲追憶のショーロ、ガーシュウィン作曲鈴木大介編曲ス・ワンダフル、伊福部昭作曲ギターのためのトッカータなり。後半はオーボエ奏者古部賢一との合奏にて曲目はカルロス・ジョビン作曲鈴木大介編曲イパネマの娘、マシャド作曲ヴァモ・ネッササンバ・マール淚のないショーロ、ピアソラ作曲カフェ一九三〇、ヴィヴァルディ作曲ソナタハ長調作品番號四八、チマローザ作曲オーボエ協奏曲、プホール作曲ブエノスアイレス組曲より第一曲ポンペイアなり。北海道七飯町文化センター・パイオニアホールにて行はれし公開錄音なり。音の粒きら/\と輝き、さながら音を用ひて描きたる水彩畫を見るが如き心地す。徒に感情をこめず、かつ無機質にもあらず、聽く者をして藝術の花園に遊ばしむ。BS11芸賓館柳家さん喬一門會③に柳家喬之助蕎麥の殿樣と柳家喬太郎紙入れを聽く。

2016年1月11日(月)

David Bowie

曇天。風寒からず。成人の日。門巷寂寥。T氏來訪。釣果の鷄魚いさきを饋らる。鏡餠を汁粉にして食ふ。デヴィッド・ボウイ病歿。行年六十九。夕餉に鷄魚の刺身と潮汁を食す。

2016年1月10日(日)

樣式表

陰晴不定。NHK總合演藝圖鑑に春風亭一朝が芝居の喧嘩を聽く。小說執筆。公式網站樣式表スタイルシートを改良す。NHKラヂオ第一に大相撲初塲所中繼を聽く。稀勢の里對安美錦、取直しの末安美錦が押し倒して勝ちぬ。稀勢の里は前半戰に星を落す惡い癖あり。薄田泣菫茶話を讀む。

懸賞短篇小說

最近米國のある雜誌の主催で、「短篇小說競技會」といつたやうなものが催された。一體短篇小說はどの程度まで文字が切り詰められるものかといふ、言はゞ一種の惡戲いたづらから思ひ立たれたものだ。

應募原稿は總て三萬餘通、世界の各方面から送つてよこされたもので、なかには佛蘭西の塹壕のなかで書いた物さへあつた。内容には色々な世相をうつしてゐるが、秀れたものは、矢張り戀愛と戰爭を書いたものに多かつた。

唯一の規定は「總語數一千五百以下たるべし」といふ一箇條で、これより長いものは取上げない。原稿料は無論拂つたが、その拂ひ方が隨分奇拔で、書いた物には拂はないで、書かなかつた物にだけ拂ふといふ約束きめなのだ。

といふのは、應募原稿が規定の千五百語より少かつた塲合には、その少い語數だけ一語十セントの割合で原稿料を拂ふのだ。だから、千五百語ぽつきりで書き上げた人は、どんな立派な短篇小說を書いたつて、びたもんも貰へない。もしかそれを千四百九十語で書き上げてゐたら、一ドルだけ貰ふ事が出來るし、たつた十語で濟ます事が出來たら、百四十九弗貰ふといふ勘定だ。

數多い應募原稿のうちで、一番長いのが千四百九十五語で、その作者は原稿料大枚たいまい五十仙を貰つた。一番短いのは七十六語で、その作者は雜誌社から百四十二弗四十仙を貰つて、にこ/\してゐたさうだ。

もしか、こんな事が日本で出來たなら、多くの不仕合せな女は、自分が持合せてゐる離緣狀を書留郵便で送つたがよからう。たつた三行半みくだりはんで、あれだけ意味の長い物語は、どんな小說家だって書きやうがない。應募者は少くとも百四十二弗四十仙位は手に握れる勘定だ。それだけあつたら第二の男をこしらへる支度に不足はない筈だ。

(薄田泣菫『完本 茶話 上』)

2016年1月9日(土)

黃粉餠

快晴の空拭ふが如し。小說を執筆しつゝNHKラヂオ第一眞打競演にパックンマックンの漫才、大瀨ゆめじの漫談、春風亭一之輔が竹の水仙を聽く。ゆめじはうたじとの漫才コンビを解散し漫談家として獨り立ちしぬ。茶請に黃粉餠を食す。書齋扉の蝶番キイ/\と軋みて耳障りなればミシン油をさす。公式網站のHTMLとスタイルシートを改良す。薄田泣菫茶話を讀む。

髯の有無

高安月郊が同支社女學校で東西比較文學の講義をしてゐた頃、講話はなしついでから話題が「文學者と髯」といふ事にまで及んで來た。

高安氏の持論によると、詩人藝術家すべて傑出してゐる人物には、きまつたやうに髯が無いといふのだ。氏はその例として、ダンテ、ゲエテ、シルレル、ミルトン、シエリイ、キイツ、芭蕉、馬琴、巢林子さうりんし〔近松門左衞門〕……などいふ名家を引張り出して來た。

談話fなしに聽きとれてゐる女學生は、かういふ詩人の肖像を頭のなかで描き出してみた。大抵安雜誌の口繪で見覺えてゐるので、誰も彼も天然痘をわづらつたやうな顏をしてゐるが、實際髯の無い事だけは確かであつた。

女學生は詩人や藝術家のなかから、髯の無い例を探り出すのが面白くなつて、てんでに自分達の記憶から色々いろんな人達の口元を思ひ浮べてみた。

「紫式部、淸少納言、ヂヨオヂ・エリオツト、クリスチナ・ロセツチ……成程ほんとやわ、みんな髯があらへん。」

若い娘達は感心したやうに高安氏の顏を見た。成程この人にも髯といつては一本も生えてゐない。

女學生の眼は言ひ合はしたやうに、高安氏の立つてゐる講壇の後方うしろに注がれた。そこには寫眞版のロングフエロオの肖像が掛つてゐる。それを見ると、皆は一度に聲を揚げて笑ひ出した。

高安氏は何氣なく後方うしろを振向いてみると、ロングフエロオが惡性の風邪でも引込んだやうに、顎髯をもじや/\生やしたまゝ、後で苦り切つてゐるのが目についた。

氏は一流のおろすやうな調子で、「うん、この男か。この男なざ小詩人だからまるで問題にならん。」

この談話はなしを聽いた女學生は今ではそれ/″\巢立すだちをして人の細君かないになつてゐるが、誰一人詩人や藝術家にはかたづいてゐないらしいから、髯の有無あるなしは餘り問題にはしてゐない。實際髯などうでもい、問題は尻尾の有無あるなしである。女の嫁きたがる男には狐の樣によく尻尾を引摺ひきずつてゐるのがある。

(薄田泣菫『刊本 茶話 上』冨山房百科文庫)

2016年1月8日(金)

一草粥

薄晴。風なし。旱天半月餘に及べり。Eテレえほん寄席に柳亭市馬の大安賣りを聽く。午後理髮舖に徃く。歸途ことぶきの湯に立寄り露天風呂に浴す。公式網站にA ESTE CHINO NO LE CANTOの告知を揭載す。夕餉に一草粥を食す。

2016年1月7日(木)

復習

晴後に陰。咖啡所コメダに朝飯を喫す。九時出勤。控室を出でゝ敎室に向かはむとするに女子學生Hさん通りかゝり潑剌として明けましてお目出たう御座いますと挨拶せらる。期末試驗に備へて敎科書九課及び十課の復習を行ふ。歸途自働車のラヂオにてNHK-FM歌謠スクランブルに大滝詠一がフィヨルドの少女を聴く。家にかへりてスポーツニッポン新聞を見るに大滝詠一の非公開歌唱集DEBUT AGAINと題して三月二十一日に發賣せらるゝ由。電話にて小島章司氏と語らふ。三月二日西班牙ヘレス・デ・ラ・フロンテーラ市ビジャマルタ劇塲にて行ふ公演A ESTE CHINO NO LE CANTO(この中國人には歌つてやらないよ)の事につきてなり。

2016年1月6日(水)

儒者の獨身

曇天。寒の入なれど寒からず。舊臘二十三日より今日まで一滴の雨もなし。薄田泣菫茶話を讀む。事務所より久振りにて仕事の依賴あり。應諾す。

儒者の獨身

西依にしより成齋は肥後生れの儒者で、京都の望楠書院で鳴らし、攝津の今津いまづへも十年ばかり住むでゐて弟子取でしとりをしてゐたので、京阪かみがたではよく名前が通つてゐる。

その成齋の弟子に、度々たび/\色街へ出掛けて、女狂ひに憂身をやつしてゐる男があつた。いろ/\と兩親が異見をしてみても、一向效力きゝめが無いので、
「一つ先生樣の御力で……」
といふ事になつた。

成齋はその弟子を呼びつけた。そしてたつた今朱文公〔朱子〕に會つたかへみちだといふやうな生眞面目な顏をして、
「お前はこの頃しきりと色町に出浮でうくさうだが、しからん事だ、以後は屹度きつと愼んだがよからう。」
高飛車たかびしやに叱りつけた。

弟子は先生の劍幕のひどいので、兩手を膝の上に揃へて、鼠のやうに縮み上つてゐると、成齋は變な眼つきをしてその手首を見つめた。若い弟子の手首はをんなの握り易いやうに纎細きやしやに出來てゐた。
郭通くるわがよひといふものは、第一金が掛るばかしでなく、身體からだの養生にならない。わしなどはそんな遊びをめてから、今年でもう廿年になるが、そのせいかしてこんなに達者になつた。」
と言つて、先生は大きな兩手を、弟子の鼻先でふり廻してみせた。成程うでぷしつよさうに出來てゐるが、その二十年といふもの、金なぞたんまり握つた事の無ささうな掌面てのひらだなと弟子は思つた。

弟子はおそる/\先生の顏を見た。
「有難うございました。お言葉は夢にも忘れないやうに心掛けませう。」といつて叮嚀にお辭儀をした。
「で、一寸伺ひますが、先生は當年お幾つでいらつしやいます。」

成齋は案外叱言こごと效力きゝめが早かつたのと、自分の達者な腕つ節に滿足したらしく、聲をげて笑つた。
わしかの、わしは當年九十三になる。」
「してみると……」

弟子は先生が道樂を思ひとまつたといふ二十年前のとしを繰つてみた。そして眼を圓くして驚いた。言ひ忘れたが、成齋は生涯獨身で暮した男である。

(薄田泣菫『完本 茶話 上』冨山房百科文庫)

2016年1月5日(火)

オカダ・カズチカ、さん喬一門、Anly

薄晴。後に陰。けふもあたゝかし。小說執筆。午後三鄉の溫泉に浴す。冬至の時節にもかゝはらず露天風呂に入りても風寒からず。怪しむべし。深夜二時五十八分メ~テレにて錄畫し置きたる新春ワールドプロレスリングスペシャルを見る。昨日東京ドームにて開催されし大會の要約版なり。IWGP王者オカダ・カズチカ對棚橋弘至戰は棚橋が再三ドラゴン・スクリューを繰出してオカダの膝を痛めつけしに、オカダはへこたれず驚くべき高さのドロップキックを放ちて應戰す。オカダのレインメーカーを棚橋が返し、棚橋のハイフライ・フローをオカダも返し、兩者掟を破りて相手の必殺技をしかけしが決着つかず。最後はオカダが棚橋の右手を摑みて離さずショートレンジのラリアットを二發かまして後レインメーカーでスリーカウントを奪ひ昨年の雪辱を果たしぬ。BS11柳家喬太郎のようこそ芸賓館にさん喬一門會②を見る。一席目柳亭左龍は師匠の十八番棒鱈を語る。二席目さん喬井戶の茶碗を語る。善人ばかり登塲する噺なればいかにも正月に似つかはしき演目なり。當今の落語家がこの噺を演ずる時は大抵三四十分かゝるところ、さん喬は屑屋淸兵衞の繰返す說明を一々云はず、かう/\かういふわけでと手際よく省畧して僅二十三分にまとめて語りぬ。無駄を省きて尚かつ噺の面白味を殺さぬ技倆見事なり。YouTubeに十八歲の創作歌手シンガーソングライターAnlyのBye-Byeを聽く。歌唱法Superflyに髣髴たり。

2016年1月4日(月)

Spectre

蚤起。薄く曇りてあたゝきこと春の如し。咖啡所コメダに朝飯を喫す。ボックス席滿員、カウンター席に坐り小說執筆。MOVIX三好に赴き十一番館にてサム・メンデス監督の活動寫眞スペクターを看る。開卷劈頭メキシコ・シティ死者の日祭りの長囘しは一見の價値あり、クリストフ・ヴァルツ扮するブロフェルドの顏を闇に沈めて登塲せしむる演出いかにもメンデスらしきに、ボンドが墺太利オーストリアに徃きて後物語は中だるみして興味索然たり。二時間二十八分はあまりにも長し。

2016年1月3日(日)

初笑ひ東西寄席

けふも好く晴れて風なし。BS-TBS落語硏究會に橘家文左衞門の笠碁を聽く。アットエフエムに山下達郎サンデー・ソングブック猿特輯を聽く。舊臘二十五日盛岡にて行ひし演奏會の最中に發聲意の如くならざりしかば已むを得ず中止したり。余は何らかの惡疾を虞れしが、本日山下氏の語るところによれば後日東京の醫師に診察を請ひしに、何處にも異常は認められず、定めし空氣の乾燥と疲勞の蓄積に據れるなるべしと言はれたる由なり。余これを聞きて大に安堵す。NHK總合に正月恆例初笑ひ東西寄席を見る。昭和こいるとコンビを組むあした順子の頰そげ落ちてやつれたるは去年相方ひろしに先立たれて憔悴せし故なるべし。漫才師橫山たかし金色の車椅子に乘りて登塲す。腰を手術して目下機能囘復の途中なる由。三遊亭金馬のけち競べは愉快なる小噺をたゝみかけていかにも正月らしき演目なり。桂吉弥の風うどんやゝ物足りず。桂文珍の新作落語リアル接客はファミリーレストランの光景描くが如し。髭を生やして談志に髣髴たる立川談笑の時そばは策を弄するあまり噺本來の面白さ傳はらず。桂佐ん吉のん廻しは持ち時間僅七分なるを以て金看板銀看板の立辯は聞けず。ナイツの持ち時間も四分に滿たず。東西のトリは總合司會の爆笑問題と中川家に相違なかるべしと思ひしに意外にもおぼん・こぼんと大木こだま・ひびきが務めたり。

2016年1月2日(土)

漫才

天氣晴朗。あゝたかし。この冬は和暖の日打ちつゞきて未だ石油ストーブを使はざるなり。セキセイ鸚哥のアサリ君數の子を食ふを見て慈君と倶に呵々大笑す。さらに雜煮の出し汁の染みたる箸の先をぺろ/\と嘗めて飽くことなし。抑鬱亭の雜煮の具は鷄肉大根午蒡ごぼう人參ぜんまい筍小松菜燒豆腐高野豆腐蒟蒻蒲鉾なり。K動物病院アサリ君に年賀狀を送らる。BS-TBS落語硏究會に當代三笑亭夢丸の五人男を聽く。やゝ早口なるが難點なり。ナタリー・コール歿。享年六十五。テレビ愛知に新春お笑ひ名人寄席を見る。一番手ナイツの漫才捧腹絕倒なり。二番手サンドウィッチマンは十八番のグルメレポーターにて確實に笑はしむ。ロケット團、U字工事も堅實なり。林家三平さる名人會、春風亭小朝醉つぱらい、林家木久扇昭和藝能史いづれも面白からず。三重テレビ新春淺草お茶の間寄席に春風亭百榮の壽司屋水滸傳、ナイツの漫才、桂歌丸の後生鰻を聽く。新春とは銘打てど百榮の收錄は昨年七月七日、ナイツは同年八月四日、歌丸は同年五月十二日なり。

2016年1月1日(金)

滿天の星

舊十一月廿二日。今日も好く晴れたり。西北の風强し。N子抑鬱亭に來りてより洟止まらず喉も痛みて昨夜は藥を服して寢に就きしが終夜眠ること能はざりしといふ。ハウスダストのアレルギーなるや或は風邪をひきしにや。生來知覺過敏の人なり。氣の毒といふ外なし。洟は幸にして藥效あらはれ、お節料理を食して喉も少しく樂になりたるやうなり。お節の品は煮染海老金平牛蒡ごぼうごまめ數の子黑豆昆布卷栗金團燒豚なます鮭のベーコン卷伊達卷錦玉子慈姑くわい紅白蒲鉾羊羹なり。伊達卷と蒲鉾の外は自家製なるも例年の如し。食後N子ふたゝび被を擁して臥す。晡時ヤマト運輸に赴きN子宅に荷物二箱を送る。BS-TBS落語硏究會に三遊亭司の紋三郞稻荷を聽く。夕餉に薯蕷とろゝ蕎麦を食す。初更N子を地下鐵道驛に見送る。歸途ことぶきの湯に立寄り一浴す。湯浴みの客混雜芋を洗ふが如し。暗夜の空を仰ぐに滿天の星の光うつくしくオリオン座の殊にひかり輝くを見たり。BSフジ落語小僧日本一決定戰を見る。無敵亭大我の祕傳書口跡よくて聞きやすく笑ひの壺を外さず。桃くい亭くいしんぼとふえふき亭がちょうの掛取りは二人一組ならではの藝を見せたり。KOHARU亭けいじろうの小言幸兵衞は人をして呵々大笑せしむ。人物造形の巧みさは小憎らしきほどなり。踊子亭紗也実と花伝亭仁消父子の狸の札は緊張のあまりところ/″\言ひ間違へて噺の頓挫したりしは殘念なり。苦樂亭淳之助の子ほめは口跡よからず。甘辛亭ちきんとぴょんぴょん亭うさぎのん廻しは落語盡しの言葉遊び達者にて愛敬もあり。聽衆の投票により優勝者は豫想通りKOHARU亭けいじろうなり。