抑鬱亭日乘

 help

2006年5月31日(水)

ベルト交換

晴れて俄に暑し。朝食時衛星第二放送にてローハイドを看る。午下テニスの練習をせむと車を走らせ東山公園に赴くに突然ガタ/\と騒音發生し、何事ならむや、近鄰の道路工事ならむやと窓を開けるに車體の下よりドリルのやうな音聞こゆ。直にパワーステアリング効かずハンドル頗る重く冷却水パネルの電灯點滅し水の不足を告ぐ。東山元町二丁目交差點に停車し冷却水を補充するも溜らずみる/\うちに水位低下するなり。詮方なく元来た道をもどり東山動物園前に至るにオーバーヒートの兆候呈したれば門前に車を停めエンジンを切る。PHS持參せざりしかば公衆電話を探しにグリーンロードに出づるに幸にして一台あり。#8139にかけJAFを呼ぶ。街路樹の下に腰かけ待つこと半時間ばかり。幼稚園児や小學校低學年の児童ぞろ/\と動物園より出で來る。救援に來りしJAFの整備員は去十一月と同じ男なりき。互ひに苦笑ひす。整備員ボンネットの中を覗き見て、ベルト切れてますねと破片を拾ひ上たり。愛車ゴルフをトラックに積み余は助手席に乘りアルファロフトに徃く。主治醫K氏に修繕せしむ。K氏の語るに何らかの理由によりベルトが緩みて絡まり切れたるやうなれど原因全く不明なりといふ。不明ゆゑ工賃は請求されず、ベルトの代金四千五百円のみ支拂ふ。テニスセンターには徃かず三郷やまとの湯に立寄り一浴す。脱衣場にて体重を測る。二キロ減量成功。

2006年5月30日(火)

辣韮

曇りて東南の風強し。午後父上母上と辣韮の皮を剥くこと一時間半ばかり。岡田真澄歿。行年七十。今村昌平歿。行年七十九。岡田真澄は余が飜譯したりしエリザベスに出演したりき。平成四年と平成七年なりき。

2006年5月29日(月)

米原万里

天候穏ならざりしが日暮に至り断雲の間に一抹の晩霞微紅を呈するを見る。正午K氏に電話。先月來の煩悶は杞憂と判明す。午後原稿。思ひがけず米原万里の訃報に接す。行年五十六。過日集英社新書必笑小咄のテクニックを讀みしばかりなり。

2006年5月28日(日)

一円

アマゾンのマーケットプレイスにて文庫本を一円にて購ふ。送料参百四拾円。

2006年5月27日(土)

お笑ひ小咄

讀書創作兩ツながら思ふが如くならず。2ちやんねるのお笑ひ小咄板にはじめて新規スレッドを作成す。ジャワ島大地震。

2006年5月26日(金)

安堵

空模様引つゞきて穏ならず午後に至つて細雨糠の如し。今年二度目の給与振込を確認す。安価なる寒天を求めて近隣のスーパーを回るに何処も高し。久振りに瀬港線を走るにとんかつの知多家いつしか旅籠家といふ飯屋に替り、ガストの後に開店せしイタリア料理屋も店をたゝみ來月ステーキカフェなる店になるやうなり。商舗の光景も年年変り行けり。夕食後事務處よりファックス届く。二か月振りならむや。胃の痛み少しく痊ゆ。

2006年5月25日(木)

粒餡ふたゝび

風強し。朝の中より不安甚しければ食後のアナフラニール50mg、ソラナックス0.4mg、ドグマチール 50mgに加へてレキソタン2mgを飲む。午前授業。小試験を行ふ。時々疎雨。午後寒天をつくり粒餡を煮る。

2006年5月24日(水)

通院

陰晴定まらず。父を車に乘せ病院に徃く。筋肉痛未だ痊えず。午後煩悶著しければ氣分を換へむと國道壱五五線を南下し豊田市を走る。驛前のそごう廢業し松坂屋となりぬ。明日に備へエバミールとジプレキサを飲み寝に就く。

2006年5月23日(火)

筋肉痛

肩胛骨近くの筋肉痛甚しく右腕を上げ難きほどなり。筆秉るも感興來らず。夕食に淡竹の煮物を食す。

2006年5月22日(月)

暖衣飽食

陰晴定まらず。暴に暑し。ブックオフに單行本五冊賣却す。賣価壱百四拾円也。大野晋日本語練習帳を百五円にて購ふ。午下カウンセリングを受く。四回目に及びて猶内省意の如くならず、言葉に詰ること数次なり。不甲斐なさに涙を催したれど奥歯に力を込めて何とか堪へるを得たり。感興年と共に衰へ、創作の意氣今は全く消磨したり。讀書の興も亦從つて倦みがちなり。新聞紙の記事によりて世間の事を推察するに、天下の人心日に日に兇惡となり富貴を羨み殺戮を好むものゝ如し。余此際に當りて病身、何等のなす處もなく、唯親の財産を浪費し暖衣飽食空しく歳月を送るのみ。胸中甚安ぜざるところあり。

2006年5月21日(日)

ラリー

快晴。軽風爽にして心地好き日なり。テニス教室。初てダブルスのラリーを試む。予はスリランカ人ソローン氏とペアを組みたり。バックハンドの距離感未だ測難し。サーブを教はる。数日來胃しく/\痛む。

2006年5月20日(土)

やつちやつたつて感じ

朝の中曇りし空午後に及びて晴渡れり。樹影地上に鮮なり。苅谷剛彦教育改革の幻想を讀む。夕刻アルファロフトに徃き後部座席のスモークを剥離せしむ。晩間熊本のYさんより電話あり。昨日沖縄より歸來りて親と言争ひ、腹立ち紛れに刃物にて首を切りたりといふ。聲を聞くは昨年冬以来なり。一昨日深更PHSに着信ありて以来予は心中大に狼狽したれど、今日まで音信不通なりき。やつちやつたつて感じ、とけろりと言放つを聞きて少しく安堵す。

2006年5月19日(金)

粒餡

細雨烟の如く新緑一段に濃なり。月刊誌通販生活に糸井重里の寒天ダイエット體驗記を讀み、真似て寒天づくりに挑戰す。農協に徃き小豆を買ひ、粒餡をつくる。初めてにしては上々の出來なり。厨房に立つは久振りなり。日中突如として睡眠を催す。ドグマチール50mgの副作用ならむや。三時横臥忽華胥に遊ぶ。田村高廣歿。享年七十七。枕上池内恵の現代アラブの社会思想を讀む。

2006年5月18日(木)

修繕

今日も朝の中より折々小雨降り來りては又歇む空模様梅雨の如し。午前授業。蒸暑くワイシャツに汗にじみ出づ。午後執筆。アルファロフトにゴルフを届け、後部右扉を修繕せしむ。代車ホンダ・ロゴを借りて一旦家にかへる。夕食の後ふたゝびアルファロフトに徃きゴルフを受取る。枕上香山リカの徃きづらい〈私〉たちを讀む。

2006年5月17日(水)

雨。病躯不順の天氣に會ふや、意氣忽銷沈し憂愁限りなし。午前主治醫の診察を乞ふ。一時間半待ち、診察は五分なり。待合室は殆空席なき程の混雑なり。新たに抗鬱剤ドグマチール50mgを處方さる。アルモドバル監督アストゥリアス皇太子賞受賞。

2006年5月16日(火)

陰々滅々

天候猶恢復せず時々小雨あり。手紙執筆半日を消す。

2006年5月15日(月)

ピンクの豹

陰晴定まらず。正午三好に徃きピンク・パンサーを看る。スティーブ・マーティン、ケヴィン・クライン奮闘するも脚本粗雑にして一時間半一度も笑へず。

2006年5月14日(日)

老耄

輕陰。九時菖蒲池テニスコートに徃くに見知らぬ男女二組テニスに興じゐたるのみにて初級クラスの姿なし。ふと我に返り、テニス教室は第一、第三、第五日曜日なるを思出したり。けふは第二日曜なり。さすれば去七日教室ありしやと思ひ家にかへりて日録を讀返すに七日は雨なりき。これを幸と謂ふべきにや。庭の皐月的歴たり。この日三遊亭圓樂司會最後の笑点放送日なりしかど覺えず見逃しぬ。銀座コロンバンのワッフルを食す。

2006年5月13日(土)

モホークヴァレーの公式

陰。Kさん東海大學海洋學部を辞し神奈川大學外國語學部スペイン學科に着任したる由端書にて通知あり。滝野川M 氏自選のジャズボーカル集をMDに録音して送來る。シナトラ、ダイアナ・クラール、ジョン・ピザレリ、ナタリー・コールなど。ノーム・チョムスキーのメディア・コントロールを讀む。米國イラク侵略の際ブッシュ大統領は If you are not with us you are with the terrorists と語りき。この論法は一九三七年ペンシルヴァニア州西部ジョンズタウンにて起たりし大規模な鉄鋼ストライキを制圧せんがために初めて用ゐられたりといふ。スト參加者への反感を世間に広め、スト參加者は世間にとつて有害、公益に反する破壊分子なりと思はしむるが狙いなりき。公益とはすべての人間を含む「私たち」全員の利益なり、「私たち」は團結し、アメリカニズム即ちアメリカ第一主義の名のもとに手に手を携へて働かんと欲すれど、スト參加者の如き破壊分子が調和を乱しアメリカニズムは侵害さるゝなりといふが如き主張なりき。この宣傳作戰は大成功を収め、爾来、モホークヴァレーの公式と呼ばれ、ストライキを鎮壓せんがために繰返し適用されたり。チョムスキーが語るに、南阿弗利加を別にすれば、國家医療制度なき産業社會は米國のみならむと。まことなるべし。

2006年5月12日(金)

陥没

くもりて風濕氣を帯びて冷なり。中京大學豊田校に徃きヒトツバタゴの木花を撮影す。今が花の盛りなれば來週には落つるべし。白く細き花瓣一風變りたる形なり。なんじやもんじやと人の呟くも無理からぬ話なり。歸途町立圖書館に立寄り五冊借りて地下駐車場の車を發進せしめるに、余の不注意ゆゑ右後部扉をコンクリートの柱にこすりつけたり。扉の中央全體陥没しぬ。アルファロフトに赴きK氏に修繕の相談をなす。板金修理塗裝よりも扉を交換する方が早く工賃も經濟的なりといふ。猪子石郵便局前のガソリンスタンド MITSUI にて給油。ハイオク壱百参拾四圓也。午後筆秉るも感興來らず。西川長夫國境の越え方を讀む。

2006年5月11日(木)

ナンジャモンジャの木

昨来の雨霽れて蒸暑し。午前中京大學講義。二限板書中突然右腕痺れ白墨を握るも困難になりたり。講師控室にかへるに珍しく着物を着たる中年の男性講師あり。着こなししだららなく、風貌は玉川カルテット新リーダー玉川平助に髣髴たり。構内にヒトツバタゴを發見す。丸く咲きたる白き花さながら綿帽子の如し。保見驛前の田圃に蛙の鳴くを聞く。鎌倉書房西店にて季刊考へる人を讀み理髪舗に立寄りてかへる。疲勞困憊。

2006年5月10日(水)

愛國心は惡黨の最後の據り處なり

くもり後雨。原稿進まず。午前鷺沢望私の話を讀む。午後小林信彦につちもさつちもを讀む。サミュエル、ジャクソンの警句に接す。曰く、愛國心は惡黨の最後の據り處なり。中日新聞夕刊に一昨日小川町交叉點にて見たりし街路樹の寫眞あり、説明文にヒトツバタゴ、通称ナンジャモンジャの木とあり。小手毬にあらざりしなり。

2006年5月9日(火)

文房具を買ひに

烟雨空濛。梅天に似たり。十時半NHK総合沢松奈生子が贈る中高年のための樂しいテニスを見る。午後サークルK にて自動車税を納む。三時自動車保険A社のW氏來宅、契約更新す。W氏とは毎年コンピューターの話をするなり。今年はソーシャル、ネットワーキング、サイトにつきてなり。片岡義男文房具を買ひにを讀む。ビック三色ボールペン、コダック、インスタマチックなど懐かしい名品數多あり。

2006年5月8日(月)

小手毬

くもりて俄にあつし。今年の春ほど曇天の多き年は罕なり。門前に下水道工事始る。車を運轉しメディカルクリニックに徃きカウンセリングを受く。徃來の人殆半袖或はシャツの袖をまくり上げて藤花躑躅ともに滿開なり。小川交叉點を過るに綿雪を被りたるがごとき街路樹あり。花瓣の白く細きこと雪柳のごとし。セブンイレブンに立寄りセブンアンドワイに發注せし文庫本四冊を受取る。二時半歸宅。広島のF君より來書あり。依頼快諾す。黄昏窗外に蝙蝠群り來る。白き花の名を調べむとて植物事典を検閲す。小手毬ならむ歟。お恵ちやんこと松山恵子歿。行年六十九。

2006年5月7日(日)

淫雨

朝来淫雨濛々。空暗きこと黄昏の如し。讀書意の如くならず。

2006年5月6日(土)

河原鶸

東風吹き狂ひたり。窗の外の屋上に河原鶸來る。九時半N子東上。終日家に在り。この日立夏。

2006年5月5日(金)

無為徒食

陰。終日家を出でず。子供の日。

2006年5月4日(木)

懶惰

氣分すぐれず。終日臥牀に在り。半月ぶりにエバミールとジプレキサを飲み寝に就く。國民の祝日なり。

2006年5月3日(水)

繼續だんご

快晴。終日困臥。直江津三野屋の繼續だんごを食す。二更N子の歸り來る音を聞く。この日憲法紀念日。

2006年5月2日(火)

暗澹

空晴れざること殆旬日なり。終日臥牀。前月來何の故とも知らず身体の疲勞を覺ること甚しく、精神亦明瞭ならず、朝夕のわかちなく唯うつら/\と眠氣を催し殆支ふること能はざるなり。この日八十八夜。

2006年5月1日(月)

暴暖

舊四月四日。暴暖夏の如し。名古屋二十九度七分。抑鬱亭界隈は二十七度前後なるべし。