抑鬱亭日乘

 help

2004年3月31日(水)

美少女戰士

晴れて西の風強し、森林公園逍遥、八分咲きの櫻花風雨に耐へて散らず、遊歩の人多くあゆみもおのづから輕やかに見ゆ、枝垂櫻瀧の如し、終日企畫書執筆、高校時代の級友にして作詞家のTさんより返書あり、過日實寫ドラマ美少女戰士セーラームーンの歌曲に西班牙語混りの歌詞をつくりて、餘に發音を問はれしことあり、歌曲は Mi Amor と題するものなり、來月二十一日發賣、コロムビアの網站にて試聽するに頗る早口にて意想外の思をなせり、セーラーマーキユリーこと浜千咲といふ少女なり、發音惡しからず、

2004年3月30日(火)

雨宿り

空どんよりと掻曇りて蒸暑く午後より雨となる、朝飯の後クリニツクに徃き診察を受く、主治醫過日中日新聞夕刊に掲載されし隨想を讀みたりといふ、雨中の梅花更に佳なり、富が丘の櫻竝木八分咲、白山林は今だ花開くを見ず、終日執筆、疲勞を覺え時々横臥す、燈刻ベランダに鵯來りて雨を避く、きよ/\と鳴くこと頻りなり、

2004年3月29日(月)

春暖にしてシヤツも重たき心地するほどなり、新居町の洗濯屋に赴くに、稲葉町交差點の稲田跡に灰褐色の鳥佇みゐたり、鋭き嘴細き脚ともに黄色にして鷺にあらず、歸宅し圖鑑を閲するに鳧なるべし、圖書館前の櫻五分咲き、中央通は二分咲きなり、企畫書追記半日を消す、週刊文春先週號田中眞紀子長女の特種記事を掲載し、東京地裁鬼沢友直判事長女の訴状を受け出版差止となせり、餘先週この記事を讀みてあまりのくだらなさに呆れ果たり、斯のごとき三文記事を特種と吹聽するも愚かなれば裁判所へ厄介をかけるも愚の骨頂なり、秘露の元ゼミ生Tさんの來書に接す、ピーター・ユステイノフ歿、享年八十二、

2004年3月28日(日)

大本營發表

夜半十二時に起出づ、手紙したゝめ七時再び眠りて起出づれば日は將に?ならむとす、心身疲勞を感ず、晴天、月佳し、セゾン文化財團 viewpoint 第二十八號を郵寄せらる、昨日世界演劇の日なりしかど國際演劇協會年鑑送り來らず、新聞紙をみるにイラクの米兵死者四百名に達するといふ記事あり、民間人の死者數を報ずる記事なく黙然として何らの言論もなさず、各紙大本營發表に徹し恥かしき樣子もなし、新聞紙聯日支那人排日運動の事を報ず、要するに吾政府素人外交の致す處なり、国家主義の弊害卻て國威を失墜せしめ遂に邦家を危くするに至らずむば幸なり、ジヤン・ベリー歿、行年六十二、小沢昭一明治村三代目村長に就任す、徳川夢聲、森繁久彌に次ぐ、

2004年3月27日(土)

値上

春日麗朗、園内逍遥せむと思へど遊歩の人輻輳すべしとて徃かず、此頃市中の商店總額表示とやら稱し税込價格を掲ぐる、値札を較ぶるに便乘値上の店少からずあり、東京かわら版三百五拾圓に値上さる、午睡忽ち華胥に遊ぶ、

2004年3月26日(金)

保險切替

春の日うらゝかに晴渡りて温風五月の如し、役場に徃き國民健康保險切替の手續をなす、稲葉橋を過るに矢田川の岸にて乘馬訓練するものあり、企畫書をつくる、午後宇野亞喜良氏より電話あり、チラシ文案につきて商議す、

2004年3月25日(木)

惡夢に襲はる、晏起午後二時、空どんよりと掻曇りて風なし、鄰家の白木蓮雪の如し、明が丘コモンに咖啡豆を贖ふ、櫻の蕾日に日にふくらみ行けど今だ開かず、筆意の如くならず忽日暮に至る、夜雨、

2004年3月24日(水)

喜劇人大賞

どんよりと曇りて雨にやならむと思はるゝ空合なりしが、久しく歩まざれば森林公園に徃く、遊歩の人多し、染井吉野枝垂櫻花將に開かむとす、歸途微雨に値ふ、資料閲讀、肩の凝り甚しければ横臥半日を消す、喜劇人協會第一囘喜劇人大賞發表さる、大賞三谷幸喜、特別賞佐藤B作三宅裕司ラサール石井、名譽功勞賞森繁久彌森光子、

2004年3月23日(火)

藤原作弥

晴れて後に曇る、慶應大學名誉教授Y氏の返書を得たり、文辭甚慇懃なり、午前雜誌原稿を編輯長F氏に送る、午後企畫書、名古屋市中櫻花既に開くといふ、J氏書を寄せらる、覺えず悵然たらざるを得ざるなり、昨夜の中日新聞夕刊一面に藤原作弥氏の隨想を讀む、過日の祝賀會につきてなり、市川猿之助四月以降も休演といふ、

2004年3月22日(月)

EACH TIME

細雨霏々、風寒し、原稿校正、手紙二通したゝむ、イーチ・タイム廿周年紀念盤屆く、年改まりて早くも四月近くなりたる此頃窗外の樹影は晝過二時より三時頃最も鮮にして、四時を過ぎても猶消去らず、四鄰櫻の蕾大きくふくらみたり、燈刻ラヂオビバリー晝ズにいかりや長介ビートルズ前座演奏の思ひ出を語るを聞く、

2004年3月21日(日)

出張料理

晏起九時半、薄く曇りて風なし、十時ターコさん食材を携へ來りて朝食を料理せらる、獻立はコーンポタージユ、トマト、ルツコラ、胡桃、黑オリーヴのサラド、檸檬とオリーヴ油のドレツシング、炒り玉子とベーコン、桃のジユース、ヨーグルト、チヤールズ皇太子の設立せしダツチイオリヂナルの黑酸塊のジヤム、燒きたて麺麭なり、味甚佳なり、餘孤兒の如く貪り食ひぬ、咖啡を喫し談笑小一時間ばかり、晩食にと、虎さんの持參したる土筆を胡麻油と唐辛子にて炒め直に歸り去らる、午下虎さん友人との會唔の約あれば藤が丘驛に送る、手紙したゝむれば日は既に晡となりぬ、驛に迎ひ出でゝ抑鬱亭に小憩、五時明が丘KoToKoToYaに晩餐をなす、七時空港に送りて別る、八時歸宅、昨日午後いかりや長介歿、行年七十二、

2004年3月20日(土)

謝恩會

隂、微雨薄寒、春分、朝餉の後虎さんをやまとの湯に送る、市中道路いづこも自働車絡繹、三十分を要す、祝日のためなるべし、原稿脱稿、直に事務處と印刷處に送る、午後一時温泉に虎さんを迎ひて家にかへる、犬山の大塚古墳を見學する豫定なりしかど、澁滯雜沓甚しければ徃かず、グリーンロードの燒肉屋Kに昼餉をなし、咖啡農園に憩ふ、晡下歸宅、虎さん疲勞を覺えて寝につけり、餘は沐浴、謝恩會に招がれたれば地下鐵にて名古屋驛前西班牙居酒屋に徃く、昨年のゼミ生約十名及び卆業生も數名來りて在り、同僚諸氏に契闊を陳ぶ、リデイア來月十八日歸國の由なり、初めてダニエルと相識りジヤズにつきて款晤半時間ばかり、卆業生花束を贈らる、深切大に謝すべし、八時半解散、九時半歸宅、虎さん起出でゝ倶に咖啡を喫す、是日地下鐵サリン事件九周年、米イラク侵略一周年なり、

2004年3月19日(金)

大塚古墳

虎さんと歓語午前四時に及ぶ、八時半起出づ、天氣限りなくよし、玄關より木曾御嶽を眺む、朝日冠雪に映ず、頭痛少し痊ゆ、午前ターコさん訪來らる、風邪にかゝりて顔色わろし、町内の元氣壽司に昼餉を食す、守山区大塚町に古墳ありとて車にて赴くに、住宅地に印場大塚古墳なる看板あり、公園入口正面には復元したる天狗岩古墳あり、石室を外より窺ふに奧行六メートルを越ゆ、東鄰に印場大塚古墳なる圓形古墳あり、埴輪に圍繞されゐたり、白鳥塚古墳に向ふ、城山街道より森林公園に入り愛知県立看護大学を過るに、虎さん左の茂みに白き看板あるを發見す、白鳥塚古墳なり、看板をよむに古墳前期のものなる由、頂上に登るに意外に巨大なり、全長百メートル、高さ六メートル、石英の石塊数箇あり、當時石英にて石室を覆ひ、そのさま白鳥に似たりしが故に白鳥塚と呼ばるゝ由なり、餘此の市に居を卜して早や六年になれど、斯の如き巨大な古墳あるを知らざりき、ターコさん石英に瞳輝かせ、虎さん古墳の大きさに感心す、歸途富が丘の喫茶木曜日に立寄り一茶す、五時半歸宅、ターコさん直に家にかへらる、虎さん既に睡魔に耐へず、先に辤して寝につけり、机に向ひて筆をとる、Tさんエル・ロシーオより繪葉書を寄らる、

2004年3月18日(木)

虎さん

朝來風雨瀟々、春寒料峭たり、氣温急變せしにや頭猶痛みて心地すぐれず、聯日筆を把らむ事を思へど執ること能はず、疲勞甚しく困臥半日を消す、燈刻起出でゝて窗を開くに雨霽れたり、頭痛痊えず、昨夜微熱ありたれど體温平生に復す、e+よりシテイボーイズ公演だめな人の前をメザシを持つて移動中の切符屆く、八時名古屋空港に車を馳せ虎さんを迎ふ、過日白耳義より歸國したるばかりなるに、今週を逃せば來名難しとて訪ひ來らる、意外の喜びなり、途次壽司屋にて夕餉を食し家にかへる、綾翠さんより咖啡豆の土産を頂戴す、星出づ、

2004年3月17日(水)

エスペランサ

朝來南風吹きつゞきて氣温五月の如し、午後電話にてAの受驗結果を知る、頭痛を催し机に向ふこと能はず、横臥終日、夜に入りても痊えず、西班牙セイス・バラル書房大江健三郎の宙返りを出版す、氏の初めて覺えたる西班牙語はエスペランサ esperanza、希望なりとぞ、思へば數年前餘の叔父Sふじや商店をたゝみてマンシヨン經營をはじめし時、叔父の需によりて建物に命名したることありき、エスペランサと名づけたり、

2004年3月16日(火)

紀念品

暴暖初夏の如し、ロビーに朝餉を食す、都下の新聞各紙をみるに高橋尚子五輪選考落選の事を報ず、當選選手の記事は尠し、九時五十八分品川驛より新幹線にて名古屋にかへる、ベランダの餌臺に餌を補充するや直に雀來る、ヘデラ枯れず葉青々たり、祝ふ會の紀念品包みを解くに葡萄酒のグラスセツトなり、宇野亞喜良氏が意匠したるものなる由、新國立劇塲來季の演目をみるに野田秀樹演出の歌劇マクベスあり、衣裳はワダエミなり、

2004年3月15日(月)

政權交代

六時起床、薄く晴れて風穩かなり、二時廣尾よりあゆみて西麻布に徃き小島氏と商議す、宇野氏急用ありとて來らず、燈刻ホテルにかへる、途次パチンコ屋の店先にちんどん屋の演奏を聞く、曲はオブラデイオブラダなり、ロビーにて夕刊新聞紙を見るに西班牙總選擧投票結果の記事あり、政權交代す、社會主義勞働者黨々首サパテーロの統率力はフエリペ・ゴンサレスに及ばざるなり、イラク撤退の公約は守り難き事なるべし、投票率七割七分を超ゆ、

2004年3月14日(日)

祝ふ會

春陰風暖なり、十二時四十七分新幹線のぞみ號にて名古屋を出發す、品川下車、五反田のホテルに小憩、小島章司紫綬褒章受章を祝ふ會五時赤坂プリンスホテル別舘ロイヤルホールに開かる、客およそ五百名、宇野氏のはなしに異例の多さなりとぞ、招がれて來る者中村梅玉山本陽子其他の俳優、渡邊守章等にして文士は少し、大岡信氏踊る男といふ詩を朗読す、發起人代表宇野亞喜良、辻井喬、元日銀副総裁藤原作弥、評論家うらわまこと、徳島県知事飯泉嘉門、西班牙大使舘文化担当官各氏祝辞を陳ぶ、文化担当官過日のテロに触れ、氏の需により一同暫時黙祷す、小島氏終始壇上にて恐縮の面持なり、斯の如き祝宴之氏の最も苦手とするところなれば餘は同情を禁じ得ず、禮辭嚴かにして優美なり、フラメンコ協會會長濱田滋郎氏乾杯の音頭をとる、氏是日西班牙より歸國せしばかりなりと云ふ、馬徳里中心街にデモ行進者百萬を超ゆるをみて感激したる由、濱田氏と理事小島氏壇上にて抱擁す、誰か之を看て感激せざらむや、宴の半ば小島氏におめでたうございますと挨拶をなすに、めでたい事なのでせうかねと氏呟きたり、餘苦笑す、氏は榮譽を受くるたび/\困惑せらるゝ人なり、世に勲章褒章などの受章者多し、皆一樣に身に餘る光榮なりと云ふが一般の習慣となりぬ、然れど小島氏が身に餘る光榮なりと言はるゝは眞心なり、斯の如き謙虚なる人小島氏坂東玉三郎氏の他に知らず、紫綬褒章と天皇の表彰状をみる、褒章は實に小さきものなり、疲勞を覺えたれば七時辞去す、五反田驛前の中華料理屋の店先を過ぐるに、この世に豆腐のある限り朝婆豆腐を食べませうという看板あり、滑稽なればこゝに記す、星斗森然たり、

2004年3月13日(土)

服喪

くもりて風また烈し、朝の中より雀二羽ベランダの欄杆に鎭坐すること日課の如し、窗を挾みて文机の正面に見ゆればさながら飼鳥の如し、肩に凝りを覺ゆ、竟日家に在り、舊稾を整理す、西班牙より返書追追到著す、幸にして友人知人の親族に犠牲者なし、然れど皆一樣に絶句し犠牲者は全員家族なりと口を揃へるなり、アリカンテM氏追悼集會に參加したる由、參加者數は馬德里二百萬人、バルセローナ百二十萬人、全國一千百萬に及べり、それにつけてもわが国にて聲明文全文を掲載したる新聞の一紙も非ざるは何ゆゑなるや、

2004年3月12日(金)

犯行聲明

晏起既に午を過ぎぬ、くもりて西の風強し、論文集など讀む、西班牙の友人各氏に弔文を送る、明日と明後日のJスパ卷頭言を書直し編輯長F氏に送る、ガリシアA君、バルセローナA君、ロルカ財團F理事長の返書に接す、エル・パイスに昨日の馬徳里テロ事件續報をよむ、 ETAの犯行聲明なくアルカイーダらしき組織の聲明文入手したる由、他日備忘にためこゝに譯出す、
寛大かつ慈悲深い神の名に於て、
懲しめを受くらば相應に懲罰者を懲しめるべし。
姿を見たらば殺すべし。汝を驅逐したる者これを驅逐するべし。叛亂は暗殺より重し。
汝を攻撃する者これを同じ目に遭はせるべし。

死の列車作戰
二〇〇四年三月二日のカルバラー及びバグダツド爆發に關する聲明に於てアブハフス・アルマスリ部隊は次期作戰を豫告し此のたび約束を果せり。死の中隊歐洲十字軍中樞に侵入し十字軍同盟國の支柱たる西班牙を慘劇にて破壞するを得たり。是對イスラム戰爭主導者北米の同盟國西班牙への報復なり。
アスナールよ、北米は何處に在るや。誰か汝竝に英國伊太利日本及び他の要員をわれ等より護らむや。われ等ナシリヤに伊太利軍を攻撃せし時、對イスラム同盟を撤退すべしと北米同盟諸國に警告を發したり。然れど汝等之を解せざりき。
此度仔細にわたりて陳ぶ。託宣解せらるゝを願ふ。
われ等アブハフス・アルマスリ部隊は市民落命を悲しむものに非ず。彼らアフガニスタンイラクパレスチナカシミールにてわれ等が婦女子老若男女を殺し、われ等が彼らを殺すは罪となす、之正當なるや。全能の神曰く、汝を侮辱する者これを侮辱すべしと。
われ等から手を引くべし、われ等が捕虜を釈放するべし、われ等が領土より退くべし、然らば汝ら安寧を得べし。
 北米合州國同盟諸國國民は對テロリズム戰爭を中止すべく政府に強ひるべし。對テロリズム戰爭は對イスラム戰爭を意味すればなり。汝ら停戰するならばわれ等も停戰するべきならむ。
汝らに告ぐ。死烟部隊は直に或處に達するべし、神の望あれば汝ら數千人の死者を見るべし。之警告なり。
全世界のイスラム者に告ぐ。黑死の風攻撃は終極を迎へたり。神の望あれば九分達成せり。
過日の作戰に於てエルサレム戰士部隊イスタンブールにて猶太人とフリーメーソンを襲撃し、フリーメーソンの重鎭三人死せり。技術に過ちなかりたらば全員死滅したるにや。
ビラル・イブン・ラバア部隊に告ぐ。申出受諾せり、代表團到著の後行動始まるべし。
アブ・アリ・アルハルフイ部隊に告ぐ。アルカイーダ指導者イエメンを第三の沼と看做し、ペルヹーズ・ムシヤラフに次ぐ背教政府に教訓を施すを決したり。然らば成員は全て警戒態勢をとられたし。行動は4515に始まるべし。
イラクにてスンニ派イスラムのウラマーを殺害せし者に告ぐ。兩手を擧げよ、さもなくば・・・・・
各國民に警告す。北米及び其同盟國の民間施設軍事施設に近寄るべからず。

神は偉大なり、神は偉大なり。イスラムは來れり。

アブハフス・アルマスリ部隊-アルカイーダ
二〇〇四年三月十一日-一四二五年ムハッラム二十日木曜

2004年3月11日(木)

ETA

今月はじめに雨ふりてより後晴天打つゞきしが今日に至りて始めて雨を得たり、塵を浴びたる木の葉草の芽雨に洗はれて遽に青くなりぬ、午前W氏より電話あり、白耳義より無事歸國せり、終日家に在り、福本清三のどこかで誰かゞ見てゐてくれるを讀む、小田豊二の聞書きなり、燈刻エル・パイスをみるにETA同時テロの記事あり、馬德里アトーチヤ驛サンタ・エウヘニア驛エル・ポソ驛にて爆発、死者六十人を越ゆ、今曉七時半のことなりと云、十四日の總選擧を妨碍せむとするもの歟、九年前三月の地下鉄サリン事件を思はざるを得ず、餘曾て馬德里に在りしとき、通學路のモンクロア驛界隈にてETAの車爆彈炸裂したることあり、早や十七年前のことなり、

2004年3月10日(水)

神經症

風なく晴れて暖なり、午前アルフアロフトに赴きワイパーを交換す、グリーンロードは自動車絡繹たり、午後國際演劇協會カルメン・サアベドラの校正摺を郵送し來る、閲了返送す、新聞紙に昨日淺田農産社長夫妻自殺の記事あるを見る、新型肺炎鳥インフルエンザの害の如きは、西班牙風邪に比すればたとえこれ有りとなすも恐るゝに足らず、今の世は實に神經症といふべし、

2004年3月9日(火)

逃げ水

晴れて暴暖四月の如し、午前手紙をしたゝむ、今月初一より一度も公園に徃きたることなければ、午後赴きて二周す、遊山の親子多し、鶫椋鳥その數を知らず、目白二羽頭上をかすめ飛びぬ、歸途逃げ水を見る、今年始めてのことなり、新聞紙をみるに大映を買收せし角川グループ日本ヘラルドを傘下に収むるといふ、セサミストリート來月三日終了する由、アーニーとバートのコント餘の最も好みし處なり、感慨禁ずべからず、是日藝術選奨文部科學大臣賞發表さる、古典藝能部門廢止は朗報なり、麻実れい、加藤健一、天兒牛大、柳家小三治など、新人賞犬童一心、白川直子、小泉今日子、桂文我など、

2004年3月8日(月)

睡眠藥にて眠るを得たり、薄く晴れて風鎭まりたれど冷なり、ホテル一階にて朝餉を食す、九時五十八分品川停車塲より新幹線にて名古屋にかへる、藤が丘名鐵観光に立寄り歸宅す、白鶺鴒通りをあゆむこと例の如し、午後原稾校正閲了、國際演劇協會N氏の許に送り遣す、殘照木曾御嶽を染む、多年孤獨の身邊、俄に春の來れる心地す、

2004年3月7日(日)

カタリエヌモノ

北風吹き狂ひて寒し、名古屋驛に着きしに微雪あり、一時四十七分新幹線のぞみ號にて新横濱に徃く、横濱線にて横濱驛へ至り、みなとみらい線に乘換へ日本大通り停車塲よりあゆみて神奈川縣民ホールに徃く、ギヤラリー五番展示室にて大岡淳氏のカタリエタモノを看る、ウイトゲンシユタインが論理哲學論考に想を得たる一種の樂劇なり、室内中央に格子模樣の舞臺ありて聖さん沙翁劇を演ず、奧に港大尋の樂團レゲエの生演奏をなす、歌詞は論理哲學論考の文句なり、大岡氏黑子となりて舞臺脇に鎮坐し、とき/″\英語にて台詞を復唱し客席に闖入す、複数の言語混在、生演奏、スライド使用、歌舞伎の黑子など劇團らせん舘サンチヨ・パンサに似たり、終始既視感に襲はる、全體として小ぢんまりとした感拭へず、五時終演、横濱驛より東海道線にて川崎を過ぎ品川に至る、五反田のホテルに記帳し、恵比壽にて日比谷線に乘換へ廣尾下車、七時西麻布ビストロ・ド・ラ・シ・テにて小島氏と晩餐をなす、週末の受章祝賀會と春公演につきて商議、新國立劇塲を論難し、東山千榮子、杉村春子、北林谷榮、山田五十鈴、若尾文子、森光子、キャサリン・ヘップバーン、ローレン・バコールを稱揚、歓晤時の移るを忘る、十一時ホテルにかへる、風漸く歇む、月鏡の如し、

2004年3月6日(土)

卆業單位認定

晴れて風甚寒し、今日も雀來ること日課の如し、午前四年生Oさんの約に赴く、藤が丘驛前のドーナツ店にて西班牙の兒童小説と亜爾然丁の漫畫を貸す、昨日成績發表され餘が元ゼミ生全員卆業單位認定されたるなりと云ふ、午後ユネスコ國際演劇協會より原稿校正摺到著す、

2004年3月5日(金)

確定申告

半隂半晴、啓蟄なれど風烈しく餘寒忍ぶべからず、尾張瀬戸税務署に徃き確定申告をなす、歸途明が丘コモンに立寄り咖啡豆を購ふ、雜誌原稿二篇脱稿、いつもの雀二羽午後より燈刻に至るまでベランダの欄干にとまりゐたり、火曜クリニツクに徃かざりしかば主治醫の診察を請ふ、自信をもつていいですよと言はる、東の空滿月の光明なり、

2004年3月4日(木)

苦手

隂晴定まらず、北風吹き狂ひて寒し、時々霙ふる、確定申告書類をふたゝび閲するに書忘れたる箇處少からず、計算、書類作成、事務手續、餘の最も苦手とする處なり、まことに苦痛のかぎりなり、市役處に徃き年金切替につきて相談す、info域名更新す、三年目なれば百五十兆字節に達す、手紙二通したゝむ、昨日中日劇塲にて森光子放浪記公演千七百囘に達す、電子新聞紙をみるに、立川市の自衞隊官舎郵便箱にイラク派遣反對ビラを配布せし市民團體住居侵入罪を以て去月逮捕されたるなりと、郵便箱に各種業者が宣傳ビラを配布するは咎めず、現代の世はさながら昭和十年代を見るが如し、微熱下らず、雲散じて月出づ、星斗森然たり、

2004年3月3日(水)

短絡

曇りて空暗きこと晝間も猶暮方の如し、Y氏に礼状を送る、市役處に徃きペツトボトルを棄て、給油處に立寄りオイル交換をなす、待つ事半時間ばかり、處内にてスポーツ新聞二三種をみるに慶應大某名譽教授の隨筆あり、讀むに十年來人の兇暴無禮なる事言語道斷なり、原因は唯ケータイに在るのみならむとぞ、餘も亦携帯電話の隆盛に對して心平なること能はざるものあり、然れど斯の如き短絡思考もまた憎む者なり、二十年三十年前は固より大正昭和の昔にも兇惡事件數多ありたるは言ふを俟たず、老いの繰り言といふべし、電子新聞紙聯日鳥インフルエンザを報ず、鳥のみに發生する流行病の由、本地が原のドラツグユタカ月末閉店すと云ふ、營業僅一年なり、燈刻国税庁の網站にて確定申告書類をつくる、

2004年3月2日(火)

愚劣

晏眠十時に近し、くもりて北風吹きつゞきぬ、東鄰の白梅いつの間にか花開きたり、郵便局に徃き學會費を納め、 JAあいち尾東に立寄り住民税を支拂ふ、午後原稾をつくり小島事務處に送る、窗外兒童の歌ふ聲聞ゆ、晡時疲勞して眠る、通院日なれど徃かず、オスカー公式網站にてアカデミー賞受賞者演説を讀む、ABC式典を五秒遅れにて中繼しぬ、實に愚劣の至りなり、昨日より腹具合よろしからず、精神亦明瞭ならざれば体温器を把つて驗するに三十七度を越ゆ、

2004年3月1日(月)

瀬戸紀念日

雨降りてはまた歇む、北風吹きて寒し、今日も雀二羽來れり、文机より窗を挟みて一間ほどなれば飼い鳥の如し、野鳥の會會報を讀むに、野鳥といふ言葉は創設者中西悟堂の造語なる由、昭和九年のことなり、午前雜誌の稾をつくる、午下ターコさん來駕、レモンの籠に香華を手向けらる、瀬戸川饅頭アンテノールのレモンタルトを茶請けに笑語薄暮に及ぶ、是日ターコさんの瀬戸紀念日なれば慶賀せずんばあらざるなり、