抑鬱亭日乘

 help

2014年4月30日(水)

輕鴨

昨來風雨蕭〻。正午ヤマト運輸集配所に赴きS子に荷物一箱を送る。二時頃雨霽れしが東南の風息まず却つて强し。晡時川端を步す。黃土色に濁りたる川面に輕鴨二羽浮びて流れに身を任せたり。精選版日本國語大辭典を閲して倦むことなし。

2014年4月29日(火)

落語敎育委員會

朝來細雨蕭蕭たり。午下S子自宅に歸る。母上地下鐵道驛にて見送らる。余は玄關先にて別る。初更ことぶきの湯露天風呂に浴す。雨夜に入りていよ/\降りまさりぬ。BS11芸賓館に三遊亭歌武藏の宗論、柳家喜多八の鈴ヶ森を聽く。二氏と柳家喬太郎は落語敎育委員會を名乗り三人會を屢々催すなり。この日昭和の日。

2014年4月28日(月)

日本國語大辭典

八時半起出づるにS子慈君父上旣に朝食を食べ終はりつゝあり。雨もよひの空なり。宮本信子、滝田洋二郎、しりあがり寿、坂東玉三郎、小池修一郎、羽生結弦の諸氏紫綬褒章を受章す。父上知人と會食の約あり晝前に出かけらる。編輯員M氏より電子郵件あり、新著二册の出版經緯につきて縷々說明せらる。寔に氣の毒なる話なり。アマゾンよりカシオの西班牙語版電子辭書 XD-U7500 屆く。先週購ひ置きたる精選版日本國語大辭典のデータカード(XS-SH21MC)を裝塡す。無事讀込れたり。日本國語大辭典は十六年前余が愛知縣立大學に奉職せし時より買ひたしと思ひしかど、二十二萬圓の高額を拂へず今日に到れり。書籍版の收錄項目數は五十萬に及び、精選版は三十萬とやゝ少かれど、代價わづか八千圓にてこの辭書を入手し、我が喜び限りなし。S子と慈君草蘆裏なる超級市塲と雜貨屋を見物して喫茶店Sに一茶して歸らる。正午三人にて晝餉をなす。慈君自製の甘夏ピール入りパウンドケーキを茶請に咖啡を喫す。諧語に時の移るを忘る。三時過日課のインターバル速步をせむと思ひしが折惡しく雨灑來りしを以て斷念す。夕餉に手卷き壽司を食す。笑語三時間に及ぶ。

2014年4月27日(日)

再會

蚤起連日の如し。曇天。無風。拂曉錄畫し置きたるNHK總合演藝圖鑑に柳家喜多八の替り目を聽く。午前インターバル速步。杜鵑花半ば咲く。輕鴨一羽。燕飛交ふ。余は燕の巢を見るたび、その精妙巧緻なる作りに感服す。燕はたゞ嘴のみを用ひて軒下にせつせと泥を運び、腕型の巢を作るなり。余は工作の類が不得手なれば小禽の建築技術に崇敬の思ひ禁ずべからず。午下S子來宅。會ふは四年振りなり。少しく瘦せて見ゆれど元氣快活なり。土產のシュークリームと最中を茶請に咖啡を喫し款語時の移るを㤀る。夜中に錄畫せしBS-TBS落語硏究會に入船亭扇辰の甲府い、柳亭市馬の藪醫者を聽く。夕餉はS子の需に應じて母上混ぜ御飯を作らる。

2014年4月26日(土)

返品

過日アマゾンに發注せしカシオの中古電子辭書屆く。外箱を開きて本體を取出すに、注文の品は EX-word XD-N7500 なりしが、何故にや XD-N5900MED なり。サポート窓口の女に電話にて事情を說明し返品の手續をなす。この商品は展示品なりしを以て交換すること能はず、代りに返金に應ずといふ。市川市のアマゾン返品係に着拂にて送返す。午後河岸を步す。輕鴨椋鳥を見る。この日好く晴れてあたゝかし。往來の人半袖姿の者多し。

2014年4月25日(金)

藝協物語

蚤起。天気牢晴。風なし。午下河畔を步す。鵜を見る。夜初更いつもの溫泉に徃き露天風呂に浴す。余のほか客なく、湯船の岩盤に橫はりて汗を流す。三重テレビ淺草お茶の間寄席を見る。柳亭芝樂の權助魚及第點。昔々亭桃太郞の藝協物語に呵々大笑せり。

2014年4月24日(木)

恐懼

蚤起。晴天。咖啡所コメダに徃き朝餉を喫す。九時豐田學舍着。一限の男子學生三名周圍の目も憚らず大聲にて談笑し迷惑この上なし。暫し樣子を覗ひしかど一向に駄辯をやめる氣配なきを以て、本年度初て叱責す。敎室内靜まり返ること水を打ちしが如し。靜に勉强中の他の學生諸氏にとりて甚だ迷惑にて、余も頗る迷惑なる旨、また思ふ存分駄辯に興じてもらふべく直ちに敎室の外に出られたしと次げるに、三名萎縮して身を小さく丸め悄然たり。その後は何事もなかりしが如くに講義を行ひ、最後に全員とアディオスと言交はして別れたり。窓際なる木製の棚より敎材用のコンパクトディスクを片づけゐたりしに、背後より申譯ありまんでしたと聲をかける男子あり。顧みるに、最前の三名殊勝にも橫一列に竝びて頭を深々と下げ、迷惑行爲を詫びたり。その健氣なる姿に思はず吹出しさうになりしかど、ぐつと堪へて、自覺があればそれでよろしい、また來週會ひましようと應じるに、復び深々とお辭儀して申譯ありまんでしたと繰返したり。その眞率なる人柄愛すべし。一時半歸家。晡時接骨醫T氏を訪ひ揉み療治を受く。

2014年4月23日(水)

悲憤慷慨

快晴。西南の風强し。昨秋より執筆せし學童向けの本刊行間際に編輯部の檢閲を受け出版差止めになりし由、H氏の談なり。擔當編輯員M氏の落膽と憤り察するに難からず。午下川緣を步す。輕鴨三羽、川鵜一羽を見る。

2014年4月22日(火)

路地裏の傳說

惡夢を見る。夢の中にて怒り心頭に發し怒鳴りつけたる我が聲に驚きて目覺む。雨もよひの空なり。寒冷連日のごとし。午下坡上を步す。川鵜二羽。初更いつもの溫泉に徃き露天風呂に浴す。BS11芸賓館に柳家喬太郎が路地裏の傳說を聽く。この日放送百回目なり。  夢。法事か何かで伯母道子の隣に坐る親父に怒鳴りつける。自分の怒声の大きさに目が覚めそうになる。

2014年4月21日(月)

寒雨

寒雨蕭々。連日さむきこと冬のごとし。往來の人の中にはユニクロの羽毛外套を着る者あり。セキセイ鸚哥のアサリ君余が朝飯のサラドに興味津々たるも好物のブロッコリーなきを見て不滿げなり。試みに茹でたるカリフラワーを鼻先に差出しやるに、最初は後込みせしが好奇心抑へがたく、おず/\と啄みて柔らかく甘き味はひ氣に入りしとおぼしく、貪り食ひたり。シゞミ君も眞似して啄む。晡時接骨醫T氏を訪ひ揉み療治を請ふ。来月より初診料再診料ともに五拾円値上となる由。夜雨霽る。

2014年4月20日(日)

干天の慈雨

暗雲天を覆ひて書窗黯澹たり。無風。正午インターバル速步日課のごとし。川に輕鴨一羽。歸途微雨に値ふ。寒きこと冬を思はしむ。睡房書室の塵を掃ふ。NHK總合演藝圖鑑に林家彦いちのみんな知つているを聽く。Eテレ日本の話藝に桂文我が猫の災難を聽く。寒雨霏〻として夜に入るも歇まず。

2014年4月19日(土)

穩やかに晴れしが北風吹きて寒し。午下川邉を步す。川原にピクニックする親子あり。また釣竿を携へて笑語する兒童四人あり。午後に至りて暗雲天を蔽ふ。風の冷なること晩冬のごとし。夕餉に筍の天麩羅を食す。秀丸メールに不具合發生したればサポート會議室に報告し、作者H氏と書込をやりとりして原因を究明す。

2014年4月18日(金)

花水木

蚤起。朝來寒雨蕭〻。午下雨霽れしを幸に川端を步す。川鵜一羽水に濳り小魚を捕らへるを見る。櫻花散盡しぬ。花水木滿開なり。柳家小三治落語協會〻長六月に任期滿了を以て退任し、新會長に現副會長の柳亭市馬昇格するといふ。有德の人柄故なるべし。ガルシア・マルケス歿。享年八十七。余が初て通讀せし西班牙語の原書は氏の短篇小說惡い時 La mala hora なりき。雨は歇みしが暗雲散ぜず。初更いつもの溫泉に徃く。歸途車のラヂオにNHK-FMを聽くに、千住真理子といふ提琴家が擔當する番組始まり、氏が演奏するバッハのガボット流れる。何ら感銘を催さず。

2014年4月17日(木)

薄晴。無風。咖啡所コメダに朝餉を喫す。茹で玉子、小倉トースト、ブレンド咖啡なり。九時過豊田学舎に赴くに、駐車場の木立に鶯の啼くを聞く。その聲深山幽谷に在るが如き思あらしむ。都會の滿員列車に揉まれる者には味はへぬ詩趣といふべし。新年度二度目の授業を行ふ。人称代名詞及び ser 動詞を復習し、名詞の性を說明す。この日より西班牙語の授業一つ增設され、二限の受講生八十八人なりしが五十九人となる。語學の授業は三十人以下が理想なれど、人數の減りたるを以て幸となすべし。本年度は擴聲器を用ゆ。喉への負擔大に輕減せり。午後辭典項目執筆再開。編輯員の需によれるなり。初更脫稿。

2014年4月16日(水)

粋曲

曇天。日の晡ならむとする頃川岸を步す。輕鴨の姿なし。怪しむべし。三重テレビ淺草お茶の間寄席に三遊亭天どんの釜泥、柳家小菊の粹曲を聽く。

2014年4月15日(火)

八ツ手

快晴。八ツ手の若葉萌出でゝ靑し。午下河畔を步す。西南の風嫋々たり。綠陰步道の櫻花未だ散盡さず、一分ばかり咲殘りたり。輕鴨二羽に麵麭屑をやる翁あり。晡時主治醫を訪ひ藥を請ふ。夜初更いつもの溫泉に行き露天風呂に浴す。紅色を呈したる滿月の昇るを見る。BS11芸賓館に三遊亭萬橘の孝行糖、六代古今亭今輔の群馬傳說を聽く。

2014年4月14日(月)

Partition

快晴。暖氣やうやく春らしくなりぬ。旬日雨なし。撒水車來りて過日植替へしばかりのアベリアに水をやる。事務所の需に應じてフラメンコ歌曲の詞を飜譯す。午下坡上を步す。何處に行きしにや、けふは輕鴨の姿見えず。晡時接骨醫T氏を訪ひ揉み療治を請ふ。歸途理髮舖に立寄る。所有する三臺の電腦(ThinkCentre M58、ThinkCentre M57、ThinkPad E145)のCドライブを分割し、データ用Dドライブを作成す。作業に用ひし軟件は EaseUS Partition Master Free 10.0 なり。夜に入りて風寒し。月よし。舊曆三月の望なるべし。

2014年4月13日(日)

落語三昧

空どんよりと曇りて風絕えたり。けふも肌寒し。午下堤上を步す。三重テレビ淺草お茶の間寄席に隅田川馬石が王子の狐、五明樓玉の輔が看板のピンを聽く。いづれも樂し。NHK總合演藝圖鑑に鈴々舎馬るこの平林を聽く。BSフジ落語小僧にう枝家JACK太の八五郞坊主を聽く。おもしろさ群を拔く。紅巢亭眞直のかぼちや屋もよし。指南役柳家喬太郎は幇間腹を語る。Eテレ日本の話藝に春風亭昇太の壺算を聽く。

2014年4月12日(土)

川鵜

蚤起連日の如し。薄く晴れて北風寒し。辭書編纂。午下脫稿。晡刻川邉を步す。川鵜水にもぐりては首を出すこと濳水艦が濳望鏡の如し。T氏來訪。釣果の鯛を贈らる。

2014年4月11日(金)

結膜炎

朝の中うすく曇りし空午後に至りて隈なく晴渡り、日の光もうらゝかなるに、西北の風吹きすさみて存外寒し。花粉症による目の痒み日に/\增して堪難ければ眼科に徃く。アレルギー性結膜炎なり。每年花咲く時節には必ず患ふなり。わが老軀における春の風物詩と呼ぶべきものなり。診察の後眼壓と視力を檢査す。視力は右〇・〇八、左〇・〇六なり。フサコール及フルオメソロンといふ點眼劑を處方せらるゝも例年通りなり。歸路ホームセンターに立寄りセキセイ鸚哥の混合餌を買ふ。午後編纂中の辭書最後の項目に茟を秉る。晡時川緣を步す。輕鴨、燕、椋鳥、白鶺鴒、土鳩を見る。夜初更いつもの溫泉に赴く。風あまりに冷なるを以て露天風呂には入らず。櫻の湯といふ風呂につかる。星斗森然たり。

2014年4月10日(木)

始業

蚤起。薄く曇りて風强し。新年度始業日なり。コメダに朝餉を喫す。消費稅增稅のためブレンド咖啡三百八十圓なりしが四百圓となり、小倉餡百圓なりしが百十圓となる。九時豐田學舍到着。一限五十八名、二限は八十八名の大所帶なり。初てマイクロフォンを使ふ。發音とアクセントを練習し、簡便なる會話表現を指南す。一時半歸家。三時過接骨院に徃き揉み療治を浮く。烈風砂塵を飛ばす。遽に寒し。晡下外出。二更家にかへる。强風夜に入るも息まず。

2014年4月9日(水)

編纂三昧

薄晴。辭書編纂。午後一時よりテレビジョンとラヂオにてSTAP細胞論文に關する小保方晴子氏の記者會見生中繼せらる。晡刻川端を步す。岸邉に椋鳥數多。執筆初更に至る。何故にや手の指先冷えて氷のごとし。

2014年4月8日(火)

暴暖

薄晴。辭書項目執筆。正午ヤマト運輸に赴き自家製ジャムなど食料品一凾をS子に送る。家にかへりて小憩の後河岸を步す。暴暖初夏の如し。執筆續行。夜初更ことぶきの湯に徃き露天風呂に浴す。半輪の月あきらかなり。

2014年4月7日(月)

爛漫

快晴の空午後に至りて曇る。風肌寒し。午下河畔を步す。小學校の入學式ありしとおぼしく、門前ランドセルを背負ひし子と紀念撮影する親多し。兩三日寒氣嚴しき天候続きしが故、近鄰の櫻花散らずにほゞ滿開のまゝなり。本年は長く觀櫻を樂しむを得たり。晡時接骨院に行き揉み療治を受く。驛前の櫻もまた爛漫たり。夕餉の後辭典項目を新たに執筆す。

2014年4月6日(日)

Pretty Woman

空はよく晴れしが風烈しく寒きこと眞冬のごとし。終日家に在り。NHK總合演藝圖鑑に春風亭小柳枝が長屋の花見を聽く。本月より司會は柳亭市馬なり。Eテレ日本の話藝に桂歌丸の小間物屋政談を聽く。FM愛知サンデー・ソングブックに山下達郎が歌ふロイ・オービソンの プリティ・ウーマンを聽く。絕品なり。

2014年4月5日(土)

應答と意思疏通

空に雲多く寒きこと昨日に劣らず。セキセイ鸚哥のアサリ君いつもながら御機嫌麗しく、余の鼻先また眼鏡などを突きて遊ぶ。けふは寒いね、風が强いねなど言ひて聲をかけるやピーと鳴きて應ず。余は固より小禽の言語を解さゞればピーの意味は判らねど、いかにも朗らかなるその聲音より察するに、アサリ君は余の呼掛けを嬉しく感じるなるべしと思ふなり。余竊に思ふに、いはゆる意思疎通の勘所は意味のやりとりにあらず、相手の聲また文字に應答することなり。午下坡上を步す。日の傾くにつれ黑雲天を蔽ふ。夜雨濺ぎ來る。

2014年4月4日(金)

花冷え

朝の中は曇りて薄き日影折々雲間よりさし込みしが、正午に及びて暗雲立ち籠め遽に風雨襲來す。西風吹き狂ひて寒氣冬の如し。終日辭典項目執筆。夜初更いつもの溫泉に浴す。暗雲いつか散じて星出づ。纎月鎌の如し。强風息まず。三重テレビ淺草お茶の間寄席に古今亭菊之丞の元犬、柳家喜多八の三十石船を聽く。

2014年4月3日(木)

編纂再開

薄く晴れて春風嫋々たり。編集人の需に應じて辭書編纂を再開す。午下川緣を步す。櫻花旣に散り初む。晡刻接骨醫T氏を訪ひ揉み療治を受く。T氏の談に人間齡五十の聲を聞けば誰しも筋力衰へ、重き頭部を支へること困難となり、姿勢をよく保たねば首が凝るは必然の成行きなりと。けふは脛の橫も揉みほぐしたり。待合室にて手塚治虫のアドルフに告ぐ第二卷を讀む。余がこの漫畫に感銘を受けたるは中學生の頃ならむ歟。三十年を經て猶おもしろさに忽心を奪はれぬ。歸宅して編纂初更に及ぶ。茟大に進む。

2014年4月2日(水)

曇天。無風。編集員M氏より追加原稿執筆の依賴あり。技癢に堪へざる折から一も二もなく快諾す。午下インターバル速步日課の如し。川岸に龜一匹甲羅干しの最中なり。その橫には輕鴨一羽嘴を以て羽根を繕ひゐたり。一昨日の雨に水かさ增したる川の水土砂を含みて濁りし故にや、輕鴨の姿いつもより少なし。開店せしばかりの雜貨屋上空に鳧來りて悠々と弧を描きながら鳴く聲耳を聾せんばかり。雜貨店の進出する前は閑地にて鳧のつがひ長年棲みたりき。さては當時の鳧なる歟。ライオンズマンションの植込に鶯語を聞く。草蘆の目と鼻の先にて思ひがけず鶯の鳴くを聞き得て喜び限りなし。午後辭典項目執筆餘事なし。

2014年4月1日(火)

增稅

舊三月二日。晴。兩三日前より目痒し。花粉症なるべし。午下河畔を步す。南風强し。市中の櫻滿開となる。河原鶸の聲春を喜ぶが如く聞ゆ。消費稅增稅、五厘を八厘となす。市塲に立寄りマールボロ・ブラック・エッジを買ふ。烟草も値上され四百四十圓なりしを四百五十圓となす。晡刻主治醫を訪ひ藥を請ふ。歸路エコハウスに立寄り炊飯器を處分す。初更溫泉。