抑鬱亭日乘

 help

2008年11月30日(日)

夢の超特急

半陰半晴。昨日に變りて寒し。晏起食事をなせば日は午なり。DVDにてイル・ポスティーノを観る。日比谷の映畫館にて見たりしは平成八年なり。マッシモ・トロイージ入魂の作。夕餉の後NHK総合海外ネットワークにソマリア潜入ルポを見る。住宅に弾痕多く蜂の巣となり倒壊せしまゝ人影もなし。国会議事堂は廃虚と化し、完全なる無政府状態なり。アフリカ連合の平和維持軍が唯一治安を担当す。港に援助物資届くも、税関存在せざれば、何処から来りて何処に行くのか、治安維持軍さへ分からぬ始末なり。十代と思しき病気の息子を腕に抱いて二時間かけ歩き來る老父あり。息子がこの一ヶ月口にしたるは水のみにて、投薬するも栄養不足し治癒は望めず。この日初代新幹線0系營業運轉を終る。余が初めて夢の超特急に乘りしは昭和五十二三年夏岩国市に従弟妹を訪ねし時なりき。東京驛のプラフトホームに誰か來りて會したる記憶あれど、誰なりしや忘れたり。單身赴任中の父なるや。

2008年11月29日(土)

粗忽王

七時半眠より寤む。二度寢して十時起床。天氣牢晴。N子の料理せし朝飯を食べ閑語。午下辭去。昨日とは打つて變はりて薄暑を催す。電車内にてN子に一宿一飯の禮をしたゝめ電子郵件を送るや、ピルケースを忘れてるよと返信あり。一驚して懷を探るに、抗鬱剤睡眠剤安定剤すべて枕元に置き忘れたり。昨夜は道に迷ひ、今朝は藥を忘る。粗忽の道は果てもなし。東京驛にて手土産に舟和の芋羊羹を購ひ、二時半新幹線のぞみ號に乘る。車内電光板ムンバイ市同時多發テロ武装集團制壓を報ず。犠牲者百五十人以上に及ぶ由。五時歸家。夕餉の後女子フィギュアスケートNHK杯を見る。浅田真央優勝、二位鈴木明子、三位中野友加里。日本人が表彰臺を獨占する時代到來するとは夢にも思はざりき。ムンバイのテロ犠牲者百九十五人。

2008年11月28日(金)

もしも宮中晩餐會に招かれたら

早朝起出でゝ窗を開くに、路面濡れ、暗雲低く垂込め何時また降り出してもをかしからざる空模様なり。八時半新幹線のぞみ號にて東上。東京驛より地下鐵道丸ノ内線に乘り、國會議事堂前驛にて千代田線に乘換へ乃木坂驛下車。東京ミッドタウンに向ふに、暗雲ビルの上階を蔽ひたり。雨來らむとして來らず。十一時サントリー美術館入口に小島氏と落合ひ、ピカソ展を鑑賞す。百年前の繪畫今みても古からず。社會見學の小學生喜々として繪から繪へ。見終れば一時に近し。同じビル内の天麩羅屋山の上に晝餉をなす。ピカソ展特別メニューなる天丼を食しながらカウンター席より窗外町竝を展望す。空次第に晴れ明るくなれり。食後あゆみて事務所に向ひ、途次骨董點兼喫茶店さかむらに一茶す。村田氏も來りて款語。三時過事務所に徃き村田氏と公演の事務を行ふ。岡野千春氏にサラゴサ萬博スペイン舞踊ガラ公演の土産話を聞く。訪れし九月は一ユーロ百七拾圓の最高値をつけたる頃なれば豫想外の出費なりしとぞ。入替りに瓦井マリア氏來りて長崎興福寺初ソロ公演の報告をせらる。村田氏仕事の手を休めて、先日の宮中晩餐會の顛末を語らる。手土産の是非や禮儀作法など勝手のわからぬ事ばかりなればインターネットを檢索したるに、もしも宮中晩餐會に招かれたらといふ書物のあるを發見し、大に參考となれりといふ。著者の渡辺誠は元宮内廰職員なりとぞ。村田氏の説明目から鱗の落ちる話ばかりなり。燈刻事務終りて辭去せむと思ひしに、小島氏に夕餉に誘はれ、村田氏と三人打揃ひて東麻布の鰻屋五代目野田岩に赴く。噂に聞くばかりの老舗に思ひがけず初めて登りたり。マグロの刺身と天然鰻の蒲燒寔に美味なり。鰻の良さは云ふを俟たず、飯の炊き加減これまた絶妙なり。九谷燒を愛づ。十時表參道に別れ、地下鐡道と電車を乘繼ぎN子宅に向ふに道に迷ひぬ。二度目の訪問なれば道に迷ふ懼れなし、出迎へは無用なりと告げたるもこの始末なり。N子に電話をかけ救助を需め、驛にて落合ふ。N子開口一番、さすが粗忽天皇だねと云ふ。家に着けば十一時過なり。茶を喫しながら YouTube にソフトバンクの連續廣告を鑑賞し、夜は白犬おとうさん祭と化したり。二時就寢。

2008年11月27日(木)

保險

ペガサスに跨り空を飛ぶ夢を見る。黒雲立籠めて暗き日なり。路面少し濡れゐたりしが雨は來らむとして來らず。通常授業を行ふ。午下歸宅するに生命保險會社の女性擔當者二人既に來りて在り。四十代の女性は見習ひ、五十代と思しき一人は先輩なり。卓を圍むや、見習ひの女性、籠のセキセイ鸚哥を見て、まあきれいと頻りに歡聲を上ぐ。シジミの籠の扉を開けるに、シジミ喜々として出でゝ屋根に立ち、周圍を飛翔しては屋根に戻ること數次。遊びに厭きるや自ら籠の中に歸れり。暫く鸚哥談義に花咲けり。保險内容確認の後、世界の基軸通貨たる米ドル建ての資金運用を勧めらる。余には運用すべき資産なし。また米ドルそのものに價値はなく、現在基軸通貨として流通するは各國がドルで貿易を行ふが故のみなり。韓國がブラジルとドルで貿易する理由はブラジルが中國とドルで貿易するが故にて、その外に理由なし。更に日本政府が米國の國債を大量に買支へてゐるため、辛うじてドルは一定の價値を保つに過ぎず云々、余がドルへの不信感の根據を語るに、擔當者驚きて、先生は經済學がご專門なんですねと感心せらる。一介のスペイン語教師に過ぎずと答ふるも、目を丸くするのみ。余は苦笑する外なし。一時間ほどして辭去せらる。空海關連の資料を讀み進めむとせしかど疲勞甚しく、横臥して小憩。燈刻事務所より電話あり、商業文と公演資料を添刪す。夕餉の後車を飛ばして超級市場に徃き中國製折畳み傘を購ふ。レギュラーガソリン百十六圓に値下。最高値百八十五圓を記録せしは八月なりき。僅三ヶ月にして下落率約四割に及ぶ。昨年來の騰貴は異常なりき。この日印度のムンバイ(舊ボンベイ)の驛とホテルにて同時亂射テロあり。死者百名。ラヂオを入れNHK-FMを聽くに、ムンバイ出身のズービン・メータ指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦樂團の演奏流るる。八時過ぎて雨沛然たり。

2008年11月26日(水)

耳鼻科

五時起床。窗外漆黒の闇なり。雲翳なき空に星斗森然たり。企畫書と商業文作成すれば日は忽午なり。疲勞して一睡を試み、三時耳鼻科に徃く。目鼻の痒み耐へ難ければなり。二年前開院せしばかりのクリニックにて、醫療機器スチール戸棚冷藏庫など全て新品、待合室は廣く清潔で明るし。醫師の話に、この時期は豚草蓬などの花粉多しといふ。初診ゆゑ埃などのアレルギーの可能性もありとて、血液檢査を受く。結果は來週判明さるゝ由。調劑藥局に錠劑を受取り、開店間もなき石窯パン工房アブァンセなる麺麭屋に立寄り麺麭五種を購ひかへる。初更ウィルコム社PHSよりコルドバのハビエル・ラトーレに電話をかけ久闊を陳ぶ。通話料三十秒につき四拾圓と案外安し。音聲極めて鮮明、宛ら國内にて通話するが如し。

2008年11月25日(火)

新老人の集ひ

快晴の空次第に暗く、日暮れて雨となる。商業文添削し、スペインに送る資料を飜譯す。早速資料を電子郵件に添付してスペインに送るに受取人不明とて送り返さる。已むを得ず手紙とともに印刷し傳眞(ファックス)にて事務所に送る。花粉症愈耐へ難く、鼻の奥痛む程なり。然れど今週は耳鼻咽喉科に行く遑なし。集中力續かず疲勞を覺え、蓐中に臥してクリント・イーストウッドの活動寫眞トゥルー・クライムを観る。一日の物語としては多々無理あり。演出も冴えず。ジェームズ・ウッズの過剰演技に失望せり。夕餉に石狩のS伯母より贈られし身缺き鰊を食す。早々に寢に就き、枕頭アマゾンより屆きたるDVDにてシティボーイズの灰とダイヤモンド新老人の集ひを観る。昨年澀谷シネマサンライズにて行はれし一夜限定のライヴなり。いとうせいこうとみうらじゅんの人氣興行スライドショーにあやかりてダイアリーショーと名付け、銘々日記を朗讀しては突つ込むといふだけの試みなり。還暦直前の男どもの駄目さ加減を堪能す。

2008年11月24日(月)

商業文

昨日より天候不順、暗く曇りし空より怪し氣なる風折々吹き、午より雨となる。不得手なる商業文を作成す。毎年必ず書くも一向に慣れず。夕方疲れて横臥し、クリント・イーストウッドの活動寫眞パーフェクトワールドを観る。シネマスコープに魅入りたり。夕餉の後雲の南東より北西に流るゝを見る。甚だ不氣味なり。夜に入りても雨やまず。

2008年11月23日(日)

空海

早起。薄く曇りて風なし。朝飯を食ひながら鳥籠上のアサリと戯るに、突如羽ばたき高く飛びて食器戸棚の縁にとまりぬ。アサリが斯くも高きを飛ぶを見るは初めてなり。羽は相變らず貧弱なれど、動作日に日に機敏になり、嘴にて噛む力も強くなりゆくなり。午前母上商工會主催の町内遊歩大會に參加さる。ラヂオも聽かず空海關連資料を閲す。餘事なし。

2008年11月22日(土)

日光浴

天氣好晴。太陽日に日に低く、南のヴェランダより日光深く射込みセキセイ鸚哥の籠を照らす。アサリとシジミ室内に在りて日光に浴す。門前の欅の葉ほゞ落盡くし、日陰の櫻の葉紅黄緑に染まりて點描畫を見るが如し。執筆半日、連載の藁を脱す。

2008年11月21日(金)

サウンドストリート

朝の中薄く晴れたれど微雨降り來りて空掻き曇り、午後に至りて冷たき雨音もなく降る。事務所より電話あり、企畫書を書き進めむとて資料収集を始む。NHK青春ラジカセといふ網站公開さる。昭和五十年代のNHK- FMサウンドストリートの音源NHK本社に保存されず、當時エアチェックせし聽取者よりカセットテープの録音を募りてインターネット上にて公開する運びとなれり。余も當時は毎夜十時を樂しみにし、松任谷正隆甲斐よしひろ渋谷陽一烏丸せつこ佐野元春坂本龍一など聽入りたりき。就中木曜日山下達郎の回は傾聽したりき。この日坂本龍一初回放送の要約版を聽く。我が抑鬱亭にも山下の放送テープ幾つかある筈なれど、納戸に積上げたる段ボール箱の何處にありや。夜に入りても小雨歇まず。

2008年11月20日(木)

死者

晴れて寒きこと昨の如し。襟巻をまとひて出勤す。授業は先週に引續きてボルベール歸郷の後半を看る。つまらねえと呟く者あり、興味津々たる者あり。感想を書かしむるに、終り方が中途半端、續編ボルベール2を豫感せしむとの聲尠からず。午下一旦歸家、晝飯を食ひ病院に赴き主治醫にカウンセリングを請ふ。夢分析にて死者の未だ死せざるを知る。恰も數時間前に死せざる死者が登場する活動寫眞を看たりしばかりなり。然れど我身に照らして考へしことなかりしかば一驚を喫す。またこの日初めてPTSD(心的外傷後ストレス障碍)の可能性を示唆さる。治療を受くること十年に逮(およ)びて初めて耳にしたれば、これまた大に驚きぬ。歸途鯛燒きと今川燒きを購ふ。夕食前大相撲九州場所の横綱白鵬對關脇安馬戰を見る。安馬下手投げで白鵬を轉がし十勝二敗。座布團亂舞する場面なれど何故にや一枚も飛ばず場内靜なり。今場所より枡席の座布團二人掛けを前後に竝べ紐にて結び、一人でも坐る者あらば放り投げること能はずといふ。何となく物寂し。

2008年11月19日(水)

おでん

晴。北風。寒氣凛冽。いよ/\冬らしき日和になりぬ。助成金交付要望書漸く書き上げたり。休む間もなく雜誌の草稿をつくる。今冬はじめて夕餉におでんを食す。

2008年11月18日(火)

昆蟲の惑星

陰。朝餉の後ヴェランダに出で烟草を喫し、鉢植の八手を見るに、蜂一匹花から花へ飛移りゐたり。花瓣に鼻を當てるに甘き香り微かに鼻腔を擽る。コンクリート高層住宅の一角に斯くも弱き香りを漂はす小さき花びらをも蜂は見逃さず。何の變哲もなき蟲の日常なれど、これぞ正に驚異といふべし。地球は昆蟲の惑星なり。助成金交付要望書を書かむとて筆とるも妙案浮かばず。氣落ちして横臥、讀書の興も倦みいつか華胥に遊べり。寤むれば昏刻なり。枕頭ジョン・フォードの活動寫眞捜索者を看る。

2008年11月17日(月)

崖の上のポニョ

惡夢に襲はる。藝術文化振興基金に提出する書類の原案まとまらず呻吟すること甚し。午下氣分轉換にMOVIX三好に徃き宮崎駿の活動寫眞崖の上のポニョを看る。月曜はメンズデイにて男性千圓均一なり。三番館シアターに客尠し。親子連れ數組ゐるのみ。物語に起伏乏しく退屈なり。思ふに宮崎は物語を紡ぐ體力を失ひつゝあり。長編第一作ルパン三世カリオストロの城以來、尊きものは水中に在りといふ宮崎の思想本作にても健在なり。日進市内の給油所を眺むるにコスモ出光エネオスなど何處もレギュラーガソリン百十九圓に値下せり。歸宅して後も書類書けず。枕頭口直しにビデオにて成瀬巳喜男の女が階段を上る時を看る。照明カメラワーク見事なり。臺詞の明瞭さは近年の邦畫に絶えて久し。

2008年11月16日(日)

クリスマスツリー

霧雨折々降り來りて霽れず。讀むべき書物書くべき手紙數多あれど意氣銷沈筆を秉るに堪へず。机に凭る氣力もなく寢床に伏してFM愛知サンデー・ソングブックにヘレン・ミラー特集を聞くも心動かず、直に電源を切り目を閉ぢるに忽ち華胥に遊べり。六時頃母上寢室の扉を叩きて余を起さむとせられしが白河夜船、寤むれば七時半過なり。ひとり夕飯を食ひて後、書斎のヴェランダに烟草を喫して裏手のマンションを見るに、早くもクリスマスツリーに電飾を施して飾りたる家あり。報道によれば名古屋JRセントラルタワーズなど駅附近のビルやホテルにても降誕祭紀念の電飾をなせりといふ。

2008年11月15日(土)

スパイ大作戰

朝來霧雨。くもりし空には雲脚の動くを見たれど遂に晴れず。公演の事につきて小島氏と電話にてふたゝび商議す。連日思案するも妙案浮ばず、呻吟するあまり胃痛に襲はれしかば藥を服用して枕に就く。東海テレビ土曜プレミアムにブライアン・デ・パルマの活動寫眞ミッション:インポッシブルを看る。トム・クルーズの若さに一驚を喫し、日録を讀返すに劇塲で看たりしは十二年前の七月池袋ジョイシネマ3にてなりき。超高速鐡道TGVのクルーズとジョン・ヴォイトの格鬪は小さきテレビ畫面にても迫力あり。ジョン・ウーの退屈なるM:I-2に比すれば遙かに佳し。

2008年11月14日(金)

見舞報告

秋晴れの空雲翳なし。我が網站(サイト) theatrum mundi 日本語版の服務器(サーバー)交換の日なり。作業時刻正午より三十分間。刻一刻と書込まるゝデータ、殊に語尾取り、とりかえっ語、四字熟語、意味なし掲示板の書込みの移行に細心の注意を拂へり。幸にして接續不調も起さず、データ移行首尾よく完了せり。小島氏より電話あり、來年公演のことにつきて商議す。その後福岡のI君Aさんより思ひがけず電話あり。入院中のW君の見舞に行きし歸りなりといふ。二人の話に、I君いつか自宅近くの病院に轉院し、抗精神病藥(メジャートランキライザー)を大量に處方され閉鎖病棟に隔離中の由。職員に付添はれ面會室に現れ坐るや、手足震へることパーキンソン病の如く、何か欲しいものはないかとI君尋ねるに、十秒ほど經ちて漸く口を開きて烟草と荅ふる有様なりとぞ。I君の話に、極度の躁鬱病或は統合失調症なるべしと。余この報告を聞き胸の潰れる思ひせり。枕上 DVDにて青山真治の活動寫眞EUREKA(ユリイカ)を看る。

2008年11月13日(木)

Volver 前半

快晴の空拭ふが如し。朝の中寒かりしが日高くなるにつれ小春の暖かさとなれり。通常授業をやめ、アルモドバル監督の活動寫眞ボルベール歸郷 の前半を學生と看る。作品選定昨夜まで惱みたり。前期に看たりしパンズ・ラビリンスはお伽噺風時代劇なりしかば、後期は現代劇を見せむと思ひ、アルモドバルとアメナーバルのいずれにせむかと思案したり。海を飛ぶ夢も捨て難けれど、安樂死を求むる主人公は寢たきりにて人物の動き少なく風景はガリシア地方のみなれば、今回は是非とも都會と田園を見せたしと思ひ、結局ボルベールを選びたり。幸にして學生の評判上々、授業後感想を書かしむるに、早く後半が看たいとの聲多し。ペネロペ・クルスの美貌と演技力に魅了されし者尠からず。午下歸家。S子にメークイン一箱を送る。西通りの無國籍亞細亞料理屋XIANいつか廢業せり。

2008年11月12日(水)

宮中晩餐會と答禮會

天氣快晴。今月初めて青空らしき青空を仰ぎ得たり。終日執筆餘事なし。小島氏より電話ありて、月曜の宮中晩餐會と昨夜のスペイン國王夫妻答禮會の様子を語らる。宮中晩餐會出席者は百四十人弱、政治家多かりしといふ。小島氏侍從より天皇皇后國王夫妻に近き特別席を用意されしが、迂闊にも最後列の席に坐したる由。昨晩明治記念館にて催されし答禮會は招待客四百人近くに上り、マリア・パヘスの踊りに中村紘子のピアノ演奏などあり。市川團十郎夫妻、中村勘三郎夫妻と歡談せられしと云ふ。この夜滿月皎々たり。

2008年11月11日(火)

映畫論講義

けふも曇天なり。今月に入りてより殆晴れたる日はなし。八手の花開く。香り殆なし。終日草稾の資料を閲す。枕上蓮實重彦映畫論講義を讀む。

2008年11月10日(月)

平和の使徒チャンバラトリオ

陰。寒氣凛冽。朝飯の前にネットのニュースを見るに、エルサレムにて聖職者毆り合ひの喧嘩をする動畫あり。イエス・キリストの墓所とされる聖墳墓教會にてアルメニア使徒教會の修道士祈りを捧げる行進をしゐたるに、東方正教会修道士これを不滿とし妨害せむとして亂鬪になりぬ。拳鬪家も眞つ青の左パンチを浴びせる者あり、倒れし者の横腹を蹴上げる者あり。さながらコント番組の一景を呈す。マタイによる福音書五章三十九節に、もし誰かがあなたの右頬を打たば左頬をも向けるべしとあるを知らずや。彼らはモンティ・パイソンのライフ・オブ・ブライアンを見たこともなかるべし。チャンバラトリオ前田竹千代歿。享年五十五。チャンバラトリオは舞臺上にて刀劍を振回し、義理と名譽の奴隷たる武士を嗤ひ、彼らを嗤ふ自分自身をも嗤ひ、實生活においては誰にも危害を加へざるなり。聖職者は神の名において世界各地に破壞活動を行ふ。チャンバラトリオこそ平和の使徒と云ふべし。原稿の資料を閲し、手紙葉書を書けば忽ちにして日は暮れたり。

2008年11月9日(日)

暖房

寒氣昨の如し。書斎の寒さ耐へ難ければ、この冬初めてオイルヒーターを使ふ。蓮實重彦映畫崩壞前夜を讀む。

2008年11月8日(土)

補講

昨夜より氣候滅法寒くなりぬ。門前の欅も日に/\黄色くなれり。思ふに立冬の候も既に過ぎしなるべし。補講日なれば朝飯を食ひ自動車を運轉す。雨ぽつ/\降り來れり。出席者一限は二名、二限は十名。ボーカル・サンプリングの歌 Montuno Sampling を聽き、會話練習を行ひ、座談に興ず。歸途冬物衣類數着を購ふ。午後來週の授業敎材にとスペインの活動寫眞DVD二三枚を閲す。アップルの網站(サイト)にてクリント・イーストウッドの最新作グラン・トリノ Gran Torino の豫告編を見る。

2008年11月7日(金)

雨霽れて生暖かし。目鼻の痒み去らず、花粉症の症状に酷似したれば抗ヒスタミン劑入の點眼劑を試むに、須臾にして痒み稍痊ゆ。ヴェランダの八手を見るに青白き蕾をつけたり。明日の補講準備をなす。昨日の主治醫の豫言一日早く當たりたるやうにて、三時過疲勞困憊、机に凭りがたく、横臥忽ち華胥に遊べり。寤むれば日は既に沒しぬ。夕食後筑紫哲也の訃に接す。享年七十三。

2008年11月6日(木)

解約

蚤起。乍陰乍晴。昨日より目しょぼ/\し鼻腔の奥むず痒し。風邪の氣味なるやと思ひ感冒藥を飮む。二週間振りに出勤し、大學キャンパス内の黄葉を賞す。朝の中新寒脈々、厚手のジャケットを着て出かけしが、一限終りて二限を始めるや日射し見る/\中に強まり、敎室内を歩みて講義すれば汗流るゝばかりなり。講師控室にてK氏より來年の出講依頼を受けたれば快諾す。一時過歸家して小憩の後、病院に徃き主治醫の診察とカウンセリングを請ふ。先週の顛末を報告するに、明後日あたり疲労がどつと出ますよと予言さる。原油價格續落、レギュラーガソリン一リットル百三十一圓となれり。夕刻雜誌の稿をつくる。この日Yahoo!プレミアムを解約す。窮乏脱せず月額二百九十四圓さへ惜しきがゆゑなり。夜に入りて雨となる。マイケル・クライトン沒。享年六十六。

2008年11月5日(水)

OBAMA

八時過眠より寤む。床より起出でむと試みしが眠氣と筋肉痛甚しく、再び被を擁して臥す。九時半床を出で、ヴェランダにて烟草を喫す。久振りにて碧空を仰ぎ得たりしが、寒きこと初冬の如し。一週間よくも倒れず仕事を全うせしものよと不可思議なる心地せり。朝飯を食ひながら衛星第一テレビの米ABC放送にアメリカ大統領選擧開票速報を見る。バラク・オバマの優勢を報ず。午後役場に徃き國民健康保險料と國民年金を納め、床屋に立寄り散髪す。夕刻オバマ壓勝報ぜられ、勝利宣言を行ふ。ニューヨーク・タイムズ紙見出しに OBAMA、ル・モンド紙 La victoire d'Obama porte un nouveau rêve américain、エル・パイス紙 Obama culmina el sueño de cambio と掲ぐ。初の黒人大統領當選者誕生まことに喜ばし。余暗殺なきを祈願するばかり。アメリカといふ國は革新的指導者思想家を平然と殺す國なり。キング牧師、ケネディ大統領、ジョン・レノンなど一々記すに遑なし。

2008年11月4日(火)

日程終了

七時過ぎ眠より寤む。陰。カフェテリアにて朝餉をなさむとホテル一階に降りるに、實行委員E氏既に食事を濟ませ、二日醉ひ氣味の赭ら顔にて京都觀光案内雜誌を讀みゐたり。八時部屋に戻りヤフーのニュースを一瞥す。小室哲哉五億圓詐欺容疑にて身柄拘束。アメリカ大統領選擧投票始まる。バラク・オバマの勝利は確實なり。共和黨ジョン・マケインは政策人柄ともに魅力なし。副大統領候補のキリスト敎原理主義者サラ・ペイリンは口紅を塗りしジョージ・ブッシュなり。九時半受付に降りて精算し、サンティアゴに挨拶、握手抱擁して別る。乘合自働車または地下鐵道に乘りたけれど疲勞あまりに甚しければ烏丸通りに出でゝ今日も辻自働車を拾ひ京都驛に徃く。土産に山椒ちりめんと生麩餅を購ふ。十時半新幹線のぞみ號に乘り、十一時名古屋到着。正午前家に歸る。荷を解き雜用を片づければ忽ち日は暮れたり。小室哲哉逮捕。この男十年ほど前、雜誌か何かの取材に應じて、これで僕も敎授(坂本龍一)に認められたのではないか、などと莫迦な事を云ひたるを讀み、呆れしことあり。九州沖縄首腦會議の頃なりしや。

2008年11月3日(月)

京都ワークショップ

早起。陰。テレビのニュースにてフランク永井の訃に接す。九時朝餉會食の約あればホテル一階のカフェテリアに降りるに、サンティアゴ既に來りて在りしかど、パトリシア來らず。館内電話を部屋にかけるに九時半と勘違ひしゐたりとぞ。三人揃ひて朝食をなす。サンティアゴは俳句に興味を示し、覺えしばかりの句、ハルノウミヒネモスノタリノタリカナを厭かず暗誦すること數次に及ぶ。須臾にして協會A氏實行委員會E氏も來りて加はれり。食後サンティアゴとパトリシアはE氏の案内によりデパートに出掛け、余部屋に戻るに關西支部M氏より今日のワークショップ參加者一覧表のエクセルファイル屆きたり。人數僅十四人。直にスペイン語に飜譯して送る。正午ホテルを出でゝ烏丸通の喫茶店に輕食をなし、辻自働車を倩ひて府立文化藝術會館に赴く。一時より七時までアリサのワークショップ通譯を務む。例によりて先づ集團創作の在り方につきて講義すること一時間半、その後參加者十四人を二組に分け、洋室Bの中央をカーテンにて仕切り、各組に二時間半を與へてガルシア・マルケス豫告された殺人の記録に基づく即興演技をなさしむ。その間サンティアゴとパトリシアは作業を観察せず一階カフェテラスに小憩して後、實行委員K氏と倶に鄰の京都御苑に散策に出掛けたり。余は困憊し、後半に備へ疲勞を休めむと辻自働車を倩ひホテルに歸りて一睡を試む。晡下ふたゝび辻自働車にて會塲に戻り、五時より集團即興演技の發表を見る。観客による客観的記述、解釋、意見交換いづれもサンティアゴのワークショップと何ら變らず。何故二人揃ひて來日したるにや。七時終了。その後懇談會催されしが余は困憊甚しければ兩氏と協會員に詫びて先にホテルに歸れり。偶々拾ひたる辻自働車は廉價で名高きMKタクシーなり。運轉手わざ/\降り來りて後部座席のドアを手で開け、余腰を下ろすや、大袈裟なる笑顔をつくりて、MKタクシーで御座います、今日はMKタクシーをお選び下さり有難う御座いますと挨拶するさま恰も自動人形の如し。余事の意外なるに一驚を喫して荅ふる所を知らず。運轉手さらに聲を張上げ、車内の温度はいかがでせうかなどと尋ねる。丁度いゝよと荅ふるや、丁度よかつたですか、さうですかと、一々馬鹿丁寧に應ずるなり。會社の手引き書をそのまゝ實踐しゐたるは明かなり。ホテルに着けば八時に近し。衛星第二放送に噺家桂かい枝の紐育英語落語興行ルポルタージュを看る。續けて南座にて行はれし桂米團治襲名披露

2008年11月2日(日)

京都講演會

曇天昨のごとし。十時精算しホテルを出で、鄰のビルのテラスに憩ひて烟草を喫す。十時半サンティアゴとアリサの宿に徃き、引率係のEさんと倶に地下鐵道丸ノ内線にて東京驛に案内す。車中の晝餉を購はむと地下商店街を歩むにアリサ氏は日本食を好まず、麺麭と乾酪(チーズ)は何處にて賣るやと繰返すのみ。麺麭は容易に見つかりたれど乾酪を探すのに榎本氏あちこち走り回り、幸ひにしてチーズ各種を賣る店を見つけたり。正午前の新幹線のぞみ號に乘り京都に向ふ。余ひとり喫煙車輛に乘り、二時間半ほど喉の疲勞を休む。二時十分京都着。滅法寒し。タキシを倩ひてホテルに荷を起き、ふたゝびタキシにて京都府立文化藝術會館に赴く。演出家菊川氏堀田氏の知遇を得る。四時より八時まで二階洋室Bにてコロンビア演劇講演會の通譯を務む。今日の司會進行役はS氏なりしが、昨日のY氏同様、冒頭一言挨拶するのみにて後は終始緘默、結局この日も余が進行する羽目となれり。四時間の長丁場なれど今回は演出家協會A氏とM氏がマイクロホンを用意せられ、喉は嗄れずに濟みたり。八時過終了。タキシ二台に分乘し、六角通高倉西の京Apolloなる居酒屋に徃き晩餐をなす。町屋を改造したる店にて風趣あり。演出者協會關西支部M氏の知遇を得たり。料理いずれも美味なり。中でも京野菜のサラド佳し。二更M氏の細君の案内により歩みてホテルに向ふ。風情まことに佳し。途次六角堂の門前を通る。連夜睡眠剤を飮む。

2008年11月1日(土)

コロンビア演劇講演會

舊暦十月四日。陰。蚤起し飜譯原稿を添刪す。午後一時藝能花傳舍三階三ノ一敎室にてパトリシアの第二囘ワークショップ開始。昨日と同じ四組參加し、ガルシア・マルケスの小説豫告された殺人の記録に着想を得たりし即興演技を發表す。各組サンティアゴの發案により虎組猪組猿組馬組と命名さるゝ。何故十二支なるや、何故この四動物なるや。意味不明なり。四組の發表の後、觀客による客觀的記述、評價と議論、演技當事者による意圖の説明を行ふことサンティアゴのワークショップと變らず新味なし。而もパトリシアもサンティアゴも討議に參加せず、兩氏たゞ日本語の議論を傍聽し、最後に感想を述べるばかり。余は拍子拔けせり。一時間休憩の後、五時より同じ敎室にて兩氏の講演會催され、余は通譯を務めたり。進行役のY氏なぜか客席最前列に坐りて動かず進行作業を一切せず、余は戸惑ふこと幾囘なるを知らず。三時間の長丁場なれば途中休憩を挾むべしと思へど矢張り進行役は聽衆に何らの配慮もなさず、質疑應答の司會もせず、通譯の便宜上余が端折りたりし細部の補足説明もなさず。終始余と和田善夫氏の判斷に委ねられたり。聴衆二十數名の豫定が五十人を越ゆ。然るに演壇にはマイクロホンなし。聲を張上げ通譯すること三時間、余の喉嗄れざりしは奇跡と云ふべし。八時過終了。徒勞を覺ゆること甚し。十年振りにて西班牙文學研究會員K氏に會ひ、久闊を陳ぶ。ワークショップ參加者と講演會の聴衆を交へて鄰のビルに移動し、田んぼといふ居酒屋に懇談會を催す。五年前のワークショップ西班牙特集に參加せられし女優Sさんに再會。二更サンティアゴとパトリシアを宿に送り余もホテルに歸る。枕上衛星第一放送に王貞治監督の言葉といふ記録番組を看る。