舞台通信  noticias de índole cultural, sobre todo de teatro, cine y literatura

 help

2015年11月23日(月)

アルモドバルの新作『沈黙』、タイトルを『フリエタ』に変更
Una película de Scorsese obliga a Pedro Almodóvar a cambiar el título de «Silencio»

ポストプロダクション真っ最中のペドロ・アルモドバル監督最新作『沈黙』 Silencio のタイトルが『フリエタ』 Julieta に変更されました。ほぼ同時期に撮影を終え、同じくポストプロダクション真っ最中のマーティン・スコセッシ監督の新作タイトルが『沈黙』 Silence で、原作の遠藤周作の小説『沈黙』がスペインで再発売されることも考慮し、まぎらわしいタイトルが並ぶのを避けるために変更したそうです。

2015年11月6日(金)

ネルーダの死因、毒殺の可能性高まる
Chile: Un informe oficial ve “altamente probable” que Neruda fuera asesinado

パブロ・ネルーダはピノチェトによる軍事クーデター直後の1973年9月23日午後10時半に入院先のサンタ・マリーア病院で前立腺癌のため死亡したというのが定説でしたが、エル・パイス紙が入手したチリの内務省の公文書によると、毒殺された可能性が非常に高いことが明らかになりました。

スペインとアメリカ、デンマーク、カナダの研究チームが調査した結果、ネルーダの遺体に黄色ブドウ球菌が発見されました。癌を患っていたのは事実ですが、9月23日の段階では末期症状はなく瀕死でもなかった。ところが夕方何者かが薬品を注射をし、あるいは何かを呑みこませたかして、その六時間半後に容態が急変して死亡したそうです。