舞台通信  noticias de índole cultural, sobre todo de teatro, cine y literatura

 help

2006年9月16日(土)

マリオ・ガス、エスパニョール劇場芸術監督続投へ Mario Gas continuará al frente del Teatro Español tras la polémica de Rubianes

いったんは辞任を示唆したマリオ・ガス、すったもんだの挙げ句、芸術監督の座にとどまると発表。騒動はとりあえず一件落着。

2006年9月2日(土)

『アラトリステ』公開、製作費スペイン映画史上最高 Hoy se estrena 'Alatriste', la producción más cara del cine español

アグスティン・ディアス・ヤネス監督の新作『アラトリステ』が1日公開。原作はアルトゥーロ・ペレス・レベルテの『アラトリステ艦長』。主演はヴィッゴ・モーテンセン。共演のスペイン人はウナクス・ウガルデにアリアドナ・ヒル、ブランカ・ポルティーリョ、フアン・エチャノベ、エレーナ・アナーヤ、ハビエル・カマラ、エドゥアルド・ノリエガと人気俳優目白押し。製作費はスペイン映画史上最高の2400万ユーロ(約36億円)。

時代設定に合わせて黄金世紀の衣装を制作。美術監督のベンハミン・フェルナンデスは長さ35メートル、幅8.5メートルのガレオン船を部分的に再現。2003年に始まったプロジェクトで、製作はオリヘンP.C. とエストゥディオス・ピカソ・ファブリカ。

きのうのマドリードでのオープニングにはロドリゲス・サパテーロ首相も駆けつけました。