舞台通信  noticias de índole cultural, sobre todo de teatro, cine y literatura

 help

2005年11月29日(火)

クストリッツァ、ガルシア・マルケスの『族長の秋』を映画化へQuiere Kusturica llevar al cine obra de García Márquez

マラドーナのドキュメンタリー映画撮影のために土曜日キューバ滞在中のクストリッツァが週明けのきのうハバナでガルシア・マルケスと対談。作家の小説のいずれかを映画化する方向で話が進んだそうです。具体的な作品には触れなかったそうですが、クストリッツァの念頭にあるのは『族長の秋』。

2005年11月24日(木)

リベラの壁画、テレビサが修復へ インスルヘンテス劇場  Televisa restaurará mural de Diego Rivera en Teatro Insurgentes

メキシコ市・インスルヘンテス劇場にディエゴ・リベラが描いた壁画「メキシコ演劇史」のパネルが数枚はがれ落ちたので修復するという記事。

ディエゴ・リベラ財団リベラ・マリン理事長によると、修復を請負うのはメキシコのテレビ局テレビサ。システィーナ礼拝堂の修復をNHKが担当したのと似てます。

2005年11月23日(水)

毒舌で「不寛容」を分析 アントニア・サン・フアン  Actriz se instala en el monólogo y analiza 'intolerancia' de hoy

『オール・アバウト・マイ・マザー』のアグラード役で一躍有名になったスタンダップ・コメディエンヌ、アントニア・サン・フアン。ひとり舞台『ほかの女たち』で六年にわたってスペインと中南米とイタリアを巡演したそうで、きのう22日からマドリードで『懲りない女たち』 Las que faltaban を上演中。1月15日まで。

アルモドバル映画でかなり稼いだようで、それをつぎ込んでの舞台制作。これからも舞台一筋でいくようですが、映画界が放っておくはずもなく、フアン・コルロン・ファルコンの第一回監督作品への出演が決まっています。1月15日撮影開始。「六十年代が舞台のブラックコメディー」だそうで、共演はアンヘラ・モリーナとエルビーラ・マンゲス。

『懲りない女たち』は自ら演出。台本は作家のテレンシ・モイシュやルイス・ミゲル・セギー、エンリケ・ガリェーゴ、キム・モンソー、ラファエル・メンディサーバル、フェリクス・サブローソのテキストにアントニア自身も執筆。メドーラというソプラノ歌手から「リアリティー・ショー」の司会者まで11人を演じます。

今の社会に巣食う病理は「不寛容」にあるとアントニアは分析。「自分たちで不正な社会を作りつつある。痛みを感じるのも私たち自身」。ここでいう「私たち」には男も含まれています。

マドリードの後はグラナダ、バレンシア、バダホス、アルメンドラレホとバルセローナを巡演予定。

2005年11月22日(火)

“空気の女王”マイヤ・プリセツカヤ80歳に  Maya Plisetskaya, la 'reina del aire'

スペイン国立バレエ団芸術監督を務めたことがあるマイヤ・プリセツカヤが20日の誕生日でめでたく80歳。

1925年11月20日、ソ連時代のモスクワ生まれ。ボリショイ・バレエ団最初のバレリーナ。1993年にスペイン国籍を取得。スペイン語のサーチエンジンで Maya Plisetskaya を検索するとたくさんヒットします。

記事はスペインのエル・ムンド紙。略歴が紹介されています。スペイン関連にだけ目を通してみると、スペイン国立バレエ団芸術監督のオファーを受けたのが1987年2月。同年12月1日就任。当初は二年契約だったけれど90年1月に契約を半年延長、90年5月31日まで務めました。後任はナチョ・ドゥアト。話題になった作品は1988年彼女用に振付けられた『メアリー・ストゥアート』の世界初演。11月マドリードでした。

受賞歴は数知れず。レーニン勳章、ミッテラン時代のレジオンドヌール勲章は有名ですが、スペインも91年3月に王室が芸術勲章を授けています。

スペインの法務省勅令でスペイン国籍取得、1993年11月5日閣僚会議で了承されました。帰化承認状というのをもらうんですね。申請は二年前から夫の分と一緒にしていたそうです。現在の住まいはマドリード。ウクライナに別荘あり。

2005年11月18日(金)

ガルシア・マルケス、キューバで顯彰へ  Rendirán homenaje en Cuba a Gabriel García Márquez

二十年前に創設された新ラテンアメリカ基金(FNCL)がキューバでガルシア・マルケスを顯彰します。12月8日、第27回新ラテンアメリカ映画祭で。